小児処方に欠かせない情報が満載の「小児の薬の選び方・使い方」や、 "小児科診療のバイブル"として好評の「最新ガイドライン準拠 小児科診断・治療指針」など、小児科医、小児科専門医をめざす研修医だけでなく、幅広く子どもを診る機会のあるすべての医療従事者の皆様におすすめの小児関連書籍の人気ランキングです。ぜひ臨床現場でご活用いただければ幸いです。



小児科 人気TOP10!




まだまだ数が少ない小児分野の電子版です!電子版なら、小児診療で頻繁に遭遇する23症状・48疾患について、薬を選び、使うまでのステップとコツがいつでもどこでも簡単に検索参照できます。
もちろん書籍収載の図・全文を収載しています。

小児科医、小児科専門医をめざす研修医だけでなく、小児を診るすべての医師にご活用いただきたい製品。
電子版ならではの機能として、「小児の薬の選び方・使い方」・「今日の治療薬」へのリンク参照機能搭載で薬剤情報も詳しくご確認いただけます。

一晩をいかに乗り切るかに焦点をしぼり、システマティックに小児を診る手順を簡潔明快に記載した、当直時に必携のお守りアイテムです!
電子版では、表を一から組み換え携帯端末でも見やすいサイズになるように作成しています。もちろん書籍に収載されている付録の表も付いています!

乳幼児や小児に起きる緊急事態のほとんどの診断・管理を網羅し、最新の治療を含め簡略にまとめた本書。ベテラン医師の「Clinical Pearls」とエビデンスが詰まった小児救急必携の書です。

「基礎編」・「薬剤編」・「症候編」の3部にて構成され、小児医療にかかわる全医療者必携の書籍です!

重症感染症(かもしれない)患児に遭遇したとき、まず何をすればいいのか?小児感染症にビビらず、立ち向かうための答えが本書にあります。

大好評書が2013年6月に改訂となりさらにパワーアップ!皮膚診療のノウハウを余すところなく解説!

多くの皆様から要望をいただきました「時間経過で診るNICUマニュアル」が電子版となって登場。書籍の全てを収録しています。

直近医師国家試験の徹底分析に基づき、広範囲な小児科の必修事項をよりコンパクトに、よりわかりやすく解説。日常学習からCBT、国試対策まで確実にサポート!

小児科医をめざす医師はもちろん、日常診療や夜間救急・輪番などで小児を診察する機会のある一般内科医,小児科知識が必須の総合診療医にもおすすめです。




その他 小児科おすすめ製品はこちら!



TOPに戻る





最新ガイドライン準拠 小児科診断・治療指針」から、小児の日常診療で “どの薬剤をいつどう使えばよいか、使うべきでないか” など、薬を使うまでのステップを 「小児の薬の選び方・使い方」で確認し、さらにその薬剤の詳細情報を「今日の治療薬」で確認するといった作業が、端末一つで簡単に可能です。臨床現場で役立つ、電子版ならではの機能です。

今日の治療薬のインストールが必要です。

eBookStore製品からの今日の治療薬へのリンク機能は、現在AndroidOSには未対応となっております。何卒ご了承下さいませ。



一部コンテンツは2台の端末での同時使用に対応いたしておりません。




「電子書籍だって中身を確認したい!」

そんな声にお応えして、ApplicationStoreでは“体験版”、eBookStoreでは“立ち読み”で実際の書籍内容をご確認いただけます。
体験版・立ち読みのご利用は無料の会員登録で可能となりますので、ぜひご活用いただければ幸いです。

一部コンテンツは“体験版”及び、“立ち読み”に対応いたしておりません


体験版ダウンロード方法(ApplicationStore)

立ち読みする(eBookStore)



TOPに戻る

M2PLUS HOMEへ