電子版-今日の治療薬2017

電子版-今日の治療薬2017

M2PLUSで人気No.1の電子版 「今日の治療薬」の2017年版が4月7日に発売!!

2017年版から新しく、多剤併用で注意したい高齢者の薬物療法に対応した注意喚起マークを挿入。
また、新規追加適応をマークと下線で差別化し、検索にも対応。電子版「今日の治療薬」がますます便利になりました。

もちろん従来からある、独自に収録した約15,000剤の薬価情報、約7,000剤の識別コードなどの機能はそのまま!診療時の処方や回診時、調剤、検査時など、幅広い医療現場で使えるマストアイテムが新しい機能を搭載し、さらにグレードアップいたしました!

電子版ならいつでもどこでも持ち運び可能!用途にあわせた検索ができてとても便利!
そんな便利な電子版「今日の治療薬2017」のご購入はお早めに!!

※便覧部分のみを収録しています(解説部分は収録しておりません)。

PC版今日の治療薬へ

電子版 今日の治療薬2017の便利機能

電子版のメリット
豊富な検索で手間いらず
一般名・商品名での検索はもちろん、識別コード検索、適応や副作用から検索が可能な詳細検索まで、様々な検索機能を搭載いたしました。
※2017年版より詳細検索にて「適応追加」の検索が可能になりました。
採用薬設定を実現
チェックを入れた採用薬のみを対象にした、採用薬絞込み検索が可能です。
薬価も簡単チェック
各薬剤詳細ページで、メニューボタンの中の☆マークから「薬価」を選択すると、簡単にその薬剤の薬価が確認できます。さらに表示方法も薬価とパーセントの切り替えが可能です。
薬効別リストから簡単参照
薬効別リストの選択で薬効別の絞り込みが可能です。もちろん薬剤詳細画面へは、タップするだけでリンクします。
旧年度版から簡単移行
インポート機能により、旧年度版をお持ちの方はメモ、ブックマーク、採用薬などの情報を2017年版へ引き継ぐことができます。

2016年版をご利用している方の声

★★★★★(勤務医/30代)
ほかの医学書との連携がよくいつでも薬剤の引用ができ相互作用、禁忌、妊娠。授乳への影響などがすぐに理解できる。後発品も検索でき外来ではいつも利用している。
★★★★★(勤務医/30代)
使っている製品のなかで一番痒いところに手が届く物で、仕事に一番役立っている。
★★★★☆(開業医/40代)
iPad miniに入れて持ち運べる利便性に感動です。他の製品とのリンクも大変便利です。
★★★★☆(薬剤師/60代)
検索機能は紙製品より抜群に時間短縮できるので、電子版がオススメです。
★★★★★(勤務医/20代)
重たい辞書をもたず手軽に持ち歩けるのがとても大きなメリットだと思います。また、薬価やジェネリックの検索も本で見るより早くできるので重宝しています
PC版今日の治療薬2017
  • 購入をする
その他ご購入について
研究費・施設でのご購入はこちらから
お得なセット商品はこちらから
M2PLUSからのお知らせ
2017年4月25日
PC版「今日の治療薬2017」が発売!
2017年4月7日
電子版「今日の治療薬2017」が発売!
  • これからM2PLUSを始める方へ
  • 今日の臨床検査

PAGE TOP