• M2PLUS
  • 医学のあゆみ279巻9号 COVID-19と循環器疾患

医学のあゆみ279巻9号 COVID-19と循環器疾患

  • ISBN : 9784006027909
  • ページ数 : 70頁
  • 書籍発行日 : 2021年11月
  • 電子版発売日 : 2021年11月24日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥1,540 (税込)
ポイント : 28 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

企画:竹内一郎(横浜市立大学医学部救急医学)

・新型コロナウイルス感染症(COVID-19)はまたたく間に世界へと広がり,人々の生活を大きく変革させたが,疾患はCOVID-19だけではなく,常にCOVID-19とそれ以外の疾患との両立が求められる.
・全国各地で新たな医療システムも動き出している.体外式膜型人工肺(ECMO)が必要な重症患者の集約化,そのための患者搬送,経口治療薬の開発,自宅療養患者のモニタリングと容態変化を早期に把握できるシステムなどである.
・本特集では多岐にわたるCOVID-19での課題に対して第一線で闘ってきた研究者,臨床家に解説いただく.今後も新興感染症によるパンデミックが発生するであろう.本特集がその体制作りに少しでも役立つことを期待する.

≫ 「医学のあゆみ」最新号・バックナンバーはこちら

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

はじめに


2019年末に中国から広まった新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)による感染症(COVID-19)はまたたく間に世界へと広がり,人々の生活を大きく変革させた.わが国では2020年2月,横浜に寄港した豪華客船ダイヤモンド・プリンセス号から700名のPCR陽性者がでて地域の救急医療が崩壊の危機に見舞われた.

“医療崩壊”とは,COVID-19患者の急増により入院ベッドを占有し交通外傷や心筋梗塞など,それ以外の重症疾患の治療ができなくなり,平時なら助かるべき命が失われる状態とされる.疾患はコロナだけではなく,常にコロナとそれ以外の疾患との両立が求められる.ダイヤモンド・プリンセス号を経験した横浜でのキーワードは“重症度,緊急度に応じた層別化”であった.全国に先がけて神奈川モデルやY-CERT(Yokohama CoronavirusEmergency Response Team)を構築し,地域全体でのシステムを確立してきた.一方で2021年夏,オリンピック開催と重なったCOVID-19第5波では,それまで構築してきたキャパシティーをはるかに凌駕する患者が発生し,数々の課題も生じた.

全国各地でこれらの経験をいかしたCOVID-19の新たな医療システムも動き出している.体外式膜型人工肺(Extracorporeal membrane oxygenation:ECMO)が必要な重症患者の集約化,そのための安全な患者搬送(ECMO transport),経口治療薬の開発,在宅システムを発展させた自宅療養患者のモニタリングと容態変化を早期に把握できるシステム,などである.COVID-19の病態解明が進むにつれて重症化予測のツールも種々見出され,わが国のCOVID-19対応の主眼は“悪化した際の入院病床の確保”から悪化させないための体制整備,治療手段の普及,と前倒しに変化してきている.

本特集ではこのように多岐にわたるCOVID-19での課題に対して第一線で闘ってきた研究者,臨床家に解説いただいた.今後も新興感染症によるパンデミックが発生するであろう.本誌がその体制作りに少しでも役立つことを期待する.

COVID-19は人々の生活を大きく変えてきた.だからこそ,この機会に医療もよりよい体制を構築する機会とすべきであろう.ピンチをチャンスに変えること,それがポストコロナに求められることである.


竹内一郎
横浜市立大学医学部救急医学

■ 目次

【特集:COVID-19と循環器疾患】

はじめに  竹内一郎

COVID-19の重症化予測アプリケーションの開発  酒井和也・西井基継

COVID-19と心筋炎  中川智生・西山 慶

COVID-19と血栓症  小川史洋

COVID-19と心筋梗塞を両立するための地域体制─神奈川県の取り組み  阿南英明

COVID-19が循環器診療に与えた影響─日本循環器学会アンケートを踏まえて  田原良雄

COVID-19による遅発性の劇症型心筋炎に対して,V-AV ECMOを要した1例  星野耕大

重症COVID-19の移送─Primary ECMO transportとは  藤田健亮

ニューヨークにおけるCOVID-19パンデミック─日本とニューヨークは何が違ったのか  篠崎広一郎

日本でのCOVID-19に対するECMOの現状─日本ECMOnetレジストリ・データからみえてくるもの  大下慎一郎

【連載】

この病気,何でしょう? 知っておくべき感染症(25)

トコジラミ症(シラミではない,カメムシだ!)  刑部全晃

オンラインによる医療者教育(11)

コロナ下での地域医療実習の実際─鳥取大学医学部地域医療学講座の場合  井上和興

ユニークな実験動物を用いた医学研究(9)

カニクイザル─ヒト橋渡し研究の大本命  武藤真長・依馬正次

COVID-19診療の最前線から─現場の医師による報告(3)

SARS-CoV-2のウイルス学的特徴と変異  増田道明

【TOPICS】

腎臓内科学

生体内ATPイメージングを用いた急性腎障害の予後予測  高橋昌宏・柳田素子

再生医学

膵島オルガノイドによる糖尿病の改善  吉原栄治

【FORUM】

子育て中の学会参加(17)

総合診療医の視点から  西井明子

物理刺激受容のメカニズムの解明─2021年ノーベル生理学・医学賞によせて  富永真琴

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:8.4MB以上(インストール時:19.5MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:8.4MB以上(インストール時:19.5MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません