手術 Vol.72(2018年)No.4 3月臨時増刊号 合併症ゼロを目指した最新の低侵襲内視鏡外科手術 【電子版】

  • ISBN : 9784003007204
  • ページ数 : 348頁
  • 書籍発行日 : 2018年3月
  • 電子版発売日 : 2019年2月6日
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥8,800 (税込)
ポイント : 160 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

現在の消化器外科手術のトレンドは「低侵襲手術」である。かつては癌手術における予防的リンパ節郭清や他臓器合併切除を伴う拡大手術が盛んに行われていたが,いまは,残せるものはできるだけ残す縮小手術,しかも術前と変わらぬQOLを目指す機能温存手術が強く希求されるようになった。
エネルギーデバイスなどの手術機器・術前シミュレーションなどの画像支援技術の発展と普及も手伝って,体腔鏡による内視鏡外科手術,腹腔鏡・内視鏡による合同手術(LECS),da Vinciによるロボット支援手術といったさまざまな手術アプローチが開発され,日々の臨床のなかでブラッシュアップされている。
今回の臨時増刊号特集はそうした一連の動向をふまえ,消化器外科における最新の低侵襲内視鏡外科手術の手技を,当該領域のエキスパートが詳説したものである。若手からベテランまで,すべての消化器外科医に贈るup to dateな特集といえる。

■ 目次

I. 食道

1. 胸腔鏡下縦隔リンパ節郭清

2. 縦隔鏡下食道切除術

3. 用手補助腹腔鏡下胃管作製術

4. 食道アカラシアに対する腹腔鏡下Heller and Dor手術

5. 腹腔鏡下胃上部血行遮断兼脾摘術(腹腔鏡下Hassab手術)

II. 胃

1. 腹腔鏡下幽門保存胃切除術

2. 脾温存腹腔鏡下胃全摘術

3. 膵脾合併切除を伴う腹腔鏡下胃全摘術

4. 腹腔鏡下胃切除術における消化管再建法の工夫

5. 胃GISTに対するLECS(腹腔鏡・内視鏡合同手術)

6. 胃GISTに対するCLEAN-NETを用いた単孔式腹腔鏡下胃局所切除術

7. ロボット支援下腹腔鏡下幽門側胃切除術

III. 肝臓

1. 肝内脈管系と肝門部の解剖

2. 腹腔鏡下肝外側区域切除の基本手技

3. 腹腔鏡下肝右葉切除の基本手技

4. 腹腔鏡下肝切除術における安全なエネルギーデバイスの使い方

5. 腹腔鏡下肝切除術における reduced port surgery の工夫

6. ロボット支援下腹腔鏡下肝切除術

IV. 胆道

1. 腹腔鏡手術における標準解剖と解剖学的変異

2. 腹腔鏡下総胆管結石症手術

3. 単孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術(TANKO-LC)

V. 膵臓・脾臓

1. 腹腔鏡下膵体尾部切除術

2. 膵液瘻に対する予防法と現状

3. 膵腫瘍に対する reduced port surgery の工夫

4. 腹腔鏡下脾臓摘出術

VI. 大腸・肛門

1. 腹腔鏡下結腸右半切除術-術中偶発症ゼロを目指して

2. 腹腔鏡下横行結腸切除術

3. 腹腔鏡下結腸左半切除術-腹腔鏡下下行結腸切除術を中心に

4. 腹腔鏡下S状結腸切除術

5. 腹腔鏡下低位前方切除術(LAR)

6. ロボット支援下腹腔鏡下直腸前方切除術

7. 腹腔鏡下括約筋間直腸切除術(ISR)

8. TaTME(ISR)

9. 腹腔鏡下腹会陰式直腸切断術(APR)

10. 腹腔鏡下側方郭清の基本手技

11. 直腸癌局所再発に対する手術

VII. 鼠径部ヘルニア

1. 腹腔鏡下鼠径部ヘルニア修復術(TEP・TAPP)

2. 腹腔鏡下鼠径部ヘルニア手術におけるreduced port surgery

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:91.3MB以上(インストール時:198.4MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:80.5MB以上(インストール時:201.3MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません