救急医学 2022年6月号 第46巻第6号 外傷再建;いま、何ができるのか、どこまでできるのか

  • ISBN : 9784012004606
  • ページ数 : 135頁
  • 書籍発行日 : 2022年6月
  • 電子版発売日 : 2022年6月10日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数 : 3
販売価格 (ダウンロード販売)
¥3,190 (税込)
ポイント : 58 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

特集 外傷再建;いま、何ができるのか、どこまでできるのか

救命の先には、「救肢」がある。“防ぎ得た外傷後遺機能障害”を減らすために、現代医療はどこまでできるのか、そして、救急医には何ができるのか。再建を考慮した初療対応のポイントから、慢性期介入の実際まで、整形外傷・外傷再建のスペシャリストが教授する。

救急医学バックナンバー

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 目次

特集

Ⅰ.外傷再建へのアプローチ

外傷再建外科の目指すもの

福島県立医科大学外傷再建学講座/新潟県立燕労災病院外傷再建外科  伊藤 雅之

外傷再建のために,救急医に求められる役割・考え方

温知会会津中央病院救命救急センター  小林 辰輔

外傷再建のために,外傷再建医に求められる役割・考え方

温知会会津中央病院外傷再建センター  畑下 智

Ⅱ.救急初療からの外傷再建アルゴリズム

四肢切断

奈良県立医科大学附属病院高度救命救急センター  中野 健一 他

四肢血管損傷

新潟大学大学院医歯学総合研究科健康寿命延伸・運動器疾患医学講座  依田 拓也

重症開放骨折

岐阜大学医学部附属病院高次救命治療センター  神田 倫秀

重症関節内骨折

岡山大学学術研究院医歯薬学域地域救急・災害医療学講座  上原 健敬 他

骨盤骨折

新潟大学医歯学総合病院高次救命災害治療センター  普久原 朝海

脊椎外傷

埼玉医科大学総合医療センター高度救命救急センター  井口 浩一

Ⅲ.慢性期への介入

外傷後の下肢変形に対する治療─矯正骨切り術

帝京大学医学部整形外科学講座  渡部 欣忍

関節変形に対する治療─骨切り術,人工関節置換術

福島県立医科大学外傷学講座/新百合ヶ丘総合病院外傷再建センター  澤口 毅

知覚再建,運動再建

東北大学大学院医学系研究科形成外科学分野  伊師 森葉 他

義肢とリハビリテーション

鉄道弘済会義肢装具サポートセンター付属診療所/東京湾岸リハビリテーション病院  伊藤 真梨 他

慢性疼痛に対する薬物療法

福島県立医科大学整形外科学講座  二階堂 琢也

Ⅳ.外傷再建の今後

亜急性期脊髄損傷に対する骨髄間葉系幹細胞移植医療の現状と展望

札幌医科大学医学部整形外科学講座  廣田 亮介 他

機械工学への期待;四肢機能を救う義肢・装具分野のテクノロジー

鉄道弘済会義肢装具サポートセンター  岩下 航大 他

連載

救急医四方山話

ガンプラは,いいものだ

池友会新行橋病院救命救急部  笠原 直人

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:11.5MB以上(インストール時:26.3MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:11.5MB以上(インストール時:26.3MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません