• M2PLUS
  • [202207] 内科系専門医試験対策セット

[202207] 内科系専門医試験対策セット

  • 電子版発売日 : 2022年7月4日
販売価格 (ダウンロード販売)
¥33,000 (税込)
ポイント : 300 pt (1%)

商品情報

内科系専門医試験対策におすすめの2点セットです!

2022年8月の新製品「イヤーノート2023/内科系専門医試験Quick Check 20th edition」と日本内科学会JMECCテキスト「内科救急診療指針2022」の2点セットです。


イヤーノート2023/内科系専門医試験Quick Check 20th edition

内科救急診療指針2022


2,200円OFF!お得な特別価格でご提供します!

収録コンテンツの総額:35,200円(税込)のところを、特別価格:33,000円(税込)でご提供です。

■ 収録内容

イヤーノート2023/内科系専門医試験Quick Check 20th edition

初期研修時、総合内科専門医試験対策、最新内科情報の把握に最適!


イヤーノート2023アプリケーション版では、最新のガイドラインや診断基準,治療薬の情報を反映.特にB型肝炎,肝癌,胃癌や潰瘍性大腸炎等は最新のガイドラインに準拠し大改訂!
さらに「内科専門医試験」「総合内科専門医試験」対策の定番書籍「内科系専門医試験 Quick Check 20th edition」を収載し、「内科系専門医試験対策コンテンツ」としてもご利用いただけます。
文中の【AT】マークから「イヤーノートATLAS」へのリンク参照やお持ちの朝倉「内科学」など成書との相互リンク参照、青セロハン機能で重要語句の表示/非表示の切り替えが可能!
アプリケーション版ならではのオリジナルの便利機能も満載です。


お客さまの声:

★★★★★

学生時から使っているので使いやすく、見慣れたページが出てくるため記憶の再定着が容易。 知りたい情報がすぐ検索出来るのはやはり電子版の長所だと思う。


★★★★★

日々新しくなっていく知識の補充に役立っています。特に専門外の領域をフォローするのに役立っています。


★★★★

国試の勉強の際つかっていたのだが、やはり、臨床でも大変役に立った。 病棟でも、スマホをとりだして、すぐ検索できるのが良かった。


★★★★★

診療前後の,疾患ごとの現在の最低限押さえるべき事項(診断基準)を迅速に確認できるのに役立ちます. 電子書籍由来のアプリケーションの宿命ですが,前後のつながりも効いてくる通読には向かない形態です. だが迅速な検索に特化したリファレンスツールとして使えば, 単純な電子書籍よりも遥かに有用なものです. 「今日の治療薬」「今日の臨床検査」「熱病」といった定番ものや「内科学書」「(朝倉)内科学」などの成書由来のアプリとの連携がたやすいのも,有用で心強い特徴です



内科救急診療指針2022

日本内科学会JMECCテキスト 6年ぶりの改訂!
新項目多数追加でさらに充実した内容になりました

お客さまの声:

★★★★

内科一般について、コンパクトに、まとまっている。内科専門医、総合内科専門医を受けるにあたり、この本は必須。


★★★★

RRSや終末期医療対応のことも新たに記載が加わっていて,日常診療で行っていることの内科学会標準と考えられている内容がどのようなものか明確に確認できる点 大変良いです.講習会裏方参加複数会させていただいていますが,大きな書籍を持ち運ぶよりはi pad で閲覧できるのは大変便利です.


★★★★

内科救急診療指針2022は内容もよくまとまっており、購入してよかったです。電子書籍で使い勝手がいいのはもちろんですが、内容も読みやすく、長く使えそうです。

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:20.8MB以上(インストール時:52.0MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:20.8MB以上(インストール時:52.0MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません