救急隊員が語る 救急現場のコミュニケーション

  • ISBN : 9784867190456
  • ページ数 : 72頁
  • 書籍発行日 : 2022年7月
  • 電子版発売日 : 2022年7月20日
  • 判 : A5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数 : 3
販売価格 (ダウンロード販売)
¥1,320 (税込)
ポイント : 24 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

救急現場ならでは,救急隊員ならではのコミュニケーション技法を現場経験豊富な執筆者らが解説

これまでの救急隊員教育にはなかった,救急隊員自らが考える救急現場活動の基礎となります。
実際の救急現場を意識した内容となっており,救急活動において共感の得られるポイントを重視しています。
ケーススタディ,サイドストーリーではイラストを盛り込み,いくつかの「あるある」を提示しています。
消防学校や救急救命士養成所などの初学者への入門書として,救急救命士や指導救命士らベテランの方たちには後進の指導教材として,ご活用いただけます。

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

はじめに


世の中には,驚くほどたくさんのコミュニケーションの手法があります。これらを学んでみると,一定の時間をかけて人間関係を形成する手法が一般的です。しかし,緊迫した救急現場のコミュニケーションは,それらとはまったく異なる特徴があることを知っておく必要があります。

何が違うのか? すでに気づいている方もいらっしゃると思いますが,救急現場は危険や不安がつきまとう特殊な環境下でのコミュニケーションです。そのうえ,短時間で良好な関係を成立させることが求められます。

また,傷病者とのコミュニケーションだけでなく,複数の関係者に対応したり,離れた場所にいる医療従事者との情報共有をコーディネートする必要があります。

さらに,こうした場合に用いるツールも,最近では,消防無線や電話にとどまらず,スマートフォンやタブレットのチャットなどといった新しいツールが登場するなど,活動環境も急速に変化しています。

このようななか,救急現場ならではのコミュニケーション技法を救急隊員の英知で磨きをかけることは,傷病者の救命や転帰によい影響をもたらします。そして,救急現場でのコミュニケーションエラーから起こるトラブルを防ぐことにもつながります。

さあ,一緒に救急現場のコミュニケーションを考えてみましょう!

■ 目次

第1章 相手が感じる救急隊員の第一印象

救急隊員の身だしなみ

リスクになる救急隊員の身だしなみを考えてみよう

第2章 救急現場で遭遇する人たちとのコミュニケーション―ケーススタディ―

Episode 0 吉井くん ほろにが隊長デビュー

Episode Ⅰ 超軽症? 不搬送時のフォロー

Episode Ⅱ 興奮する家族とのコミュニケーション

Episode Ⅲ 加齢性難聴の傷病者とのコミュニケーション

Episode Ⅳ 超緊急! 強気な態度を使いこなせ

Episode Ⅴ 搬送拒否を主張する見過ごせない傷病者

Episode final 吉井隊長の夜明け

第3章 アプローチの基本

救急隊はグループではなくチーム

入電情報に基づく隊員間の段取り

現場で必要なアプローチの肝

第4章 医療者とのコミュニケーション

病院連絡は難しくない

医療機関での引き継ぎ

第5章 大切なアフターコミュニケーション

応急手当を実施した人とのアフターコミュニケーション

引き継ぎ医師とのアフターコミュニケーション

傷病者や関係者とのアフターコミュニケーション

救急隊のアフターコミュニケーション

「有終の美」~未来の自分への糧~

Episode side story

1 日本語って難しい

2 微妙なお年頃

3 お母さん黙って…

4 女性を見る目はもともとない

5 加齢と語彙力

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:7.2MB以上(インストール時:15.9MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:7.2MB以上(インストール時:15.9MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません