• M2PLUS
  • Prostate Journal 2020年10月号(Vol.7 No.2)【特集】前立腺癌の薬物療法:ホルモン感受性癌から去勢抵抗性癌まで

Prostate Journal 2020年10月号(Vol.7 No.2)【特集】前立腺癌の薬物療法:ホルモン感受性癌から去勢抵抗性癌まで

  • ISBN : 9784865173901
  • ページ数 : 144頁
  • 書籍発行日 : 2020年10月
  • 電子版発売日 : 2022年7月30日
  • 判 : A4判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥3,850 (税込)
ポイント : 70 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

特集 前立腺癌の薬物療法:ホルモン感受性癌から去勢抵抗性癌まで
1.転移性ホルモン感受性癌(mHSPC)/2.転移陰性去勢抵抗性癌(nmCRPC)の診断・病態評価・治療戦略と将来展望/3.転移性去勢抵抗性癌(mCRPC):タキサン系抗がん化学療法,およびmCRPC の今後の展望 ほか

≫ 「Prostate Journal」最新号・バックナンバーはこちら

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

序文

分子標的薬や免疫チェックポイント阻害薬の登場により,多くの悪性腫瘍において薬物療法のパラダイムシフトが起こっている。その中で,前立腺癌領域についてはやや異なった様相を呈している。前立腺癌ではアンドロゲン除去によるホルモン療法が有効である。さらに,アンドロゲン- アンドロゲン受容体の経路を標的とした新規ホルモン治療薬が近年相次いで開発上梓され,有用性が実証された。また,骨転移巣や前立腺癌細胞を標的とする放射線内用療法が他癌種に先駆けて臨床応用された。したがって,従来のホルモン療法薬そして分子標的薬や免疫チェックポイント阻害薬とあわせて,前立腺癌に対する治療戦略はきわめて多様化している。

治療選択肢の増加に伴い,薬物療法の適応となる病態も幅広くなった。そこで,本企画においては,病態別に,転移性ホルモン感受性癌(mHSPC:metastatic hormone-sensitive prostate cancer),転移陰性去勢抵抗性癌(non-metastatic castration-resistant prostate cancer), 転移性去勢抵抗性癌(metastaticcastration-resistant prostate cancer)に関して,治療体系や今後の展望を解説していただいた。さらに,世界のエキスパートの動向についてAPCCC 2019 会議(Advanced Prostate Cancer Consensus Conference2019)の内容について報告していただいた。そして,それぞれの薬剤,すなわち基本的なアンドロゲン除去療法(ADT:androgen deprivation therapy)治療薬(LH-RH アゴニスト/ アンタゴニスト),ビンテージホルモン治療薬(ビカルタミド,フルタミド,エストロゲンなど),新規ホルモン治療薬(アビラテロン,エンザルタミド,アパルタミド,ダロルタミドなど),化学療法薬(ドセタキセル,カバジタキセルなど),免疫治療薬(免疫チェックポイント阻害薬,ワクチンなど)および開発中の新規治療薬(PARP阻害薬,Akt 阻害薬など)について,その薬効や位置づけそして将来展望についてまとめていただいた。放射線内用療法については,すでに発売されているラジウム-223 と現在開発中のPSMA 標的療法を中心に概説していただいた。最後に,前立腺癌治療において極めて重要な骨の健康に関して,骨修飾薬の役割や意義について解説していただいた。

それぞれの分野のエキスパートの先生に執筆いただき,13 項目からなる力作となった。現時点でのわが国の前立腺癌薬物療法を網羅し概観できる素晴らしい内容となったと自負している。読者の皆さまには前立腺癌薬物療法の詳細および今後の課題について理解する一助となるものと期待している。


赤倉功一郎
JCHO 東京新宿メディカルセンター泌尿器科

■ 目次

特集 前立腺癌の薬物療法:ホルモン感受性癌から去勢抵抗性癌まで

序文

 JCHO 東京新宿メディカルセンター泌尿器科 赤倉功一郎

1.転移性ホルモン感受性癌(mHSPC)

 千葉大学大学院医学研究院泌尿器科学 坂本 信一,他

2.転移陰性去勢抵抗性癌(nmCRPC)の診断・病態評価・治療戦略と将来展望

 医療法人社団美心会黒沢病院 伊藤 一人

3.転移性去勢抵抗性癌(mCRPC):タキサン系抗がん化学療法,およびmCRPC の今後の展望

 慶應義塾大学医学部泌尿器科学教室 小坂 威雄

4.世界の動向─ APCCC2019 からの報告─

 東邦大学医療センター佐倉病院泌尿器科 鈴木 啓悦,他

5.LH-RH ADT(LH-RH アゴニスト,アンタゴニスト)の現在の位置付け

 熊本大学大学院生命科学研究部泌尿器科学講座 倉橋 竜磨,他

6.ビンテージホルモン治療薬

 大阪市立大学大学院医学研究科泌尿器病態学 井口 太郎,他

7.新規ホルモン治療薬

 長崎大学医歯薬学総合研究科泌尿器科学 計屋 知彰,他

8.化学療法薬

 奈良県立医科大学泌尿器科学教室 田中 宣道,他

9.免疫治療薬:免疫チェックポイント阻害薬,Sipuleucel-T など

 近畿大学泌尿器科 野澤 昌弘,他

10.去勢抵抗性前立腺癌に対する開発中の新規治療薬

 大横浜市立大学附属市民総合医療センター泌尿器・腎移植科 上村 博司,他

11.放射線内用療法:ラジウム-223

 札幌医科大学泌尿器科学講座 橋本 浩平,他

12.PSMA 標的内用療法(PSMA-Radio ligand treatment:PSMA-RLT)の経験

 東京慈恵会医科大学泌尿器科 三木 健太,他

13.骨修飾薬

 佐藤威文前立腺クリニック 佐藤 威文

座談会

前立腺癌を早期に発見するために:現状と課題 司会:深貝 隆志

 討論者:伊藤 一人,影山  進,鈴木 伸和

座談会

Real World Data と臨床試験のエビデンスから考える転移性前立腺癌の治療戦略

 座長:小川  修

 演者:大山  力,植村 天受

連 載 症例から学ぶ専攻医のための前立腺知識

押さえよう!重要なエビデンス転移性ホルモン感受性前立腺癌(mHSPC:metastatic hormone sensitive prostate cancer)

 JCHO 東京新宿メディカルセンター泌尿器科 赤倉功一郎

連 載 エキスパートに聞く,MRI-US fusion 生検のコツ

BioJet ®

 東海大学医学部外科学系泌尿器科学 小路  直

Koelis 社の最新機器Trinity ®

 済生会滋賀県病院ロボット手術センター 鴨井 和実

総 説

Leydig 細胞におけるtestosterone 合成と酸化ストレス─過酸化脂質還元酵素glutathione-peroxidase(GPx1)の発現動態からのアプローチ─

 あすか製薬株式会社 村越 正典

症例報告

アパルタミド投与後に認めた重篤な皮疹の1 例:既報告例を含めた文献的考察

 群馬大学医学部附属病院泌尿器科 宮澤 慶行,他

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:79.2MB以上(インストール時:164.2MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:79.2MB以上(インストール時:164.2MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません