• M2PLUS
  • 泌尿器外科 2022年9月号(Vol.35 No.9)【特集】新規保険収載ロボット支援手術手技を極める

泌尿器外科 2022年9月号(Vol.35 No.9)【特集】新規保険収載ロボット支援手術手技を極める

  • ISBN : 9784865174922
  • ページ数 : 90頁
  • 書籍発行日 : 2022年9月
  • 電子版発売日 : 2022年9月22日
  • 判 : A4判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥3,300 (税込)
ポイント : 60 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

特集 新規保険収載ロボット支援手術手技を極める
ロボット支援副腎摘出術/ロボット支援腎尿管全摘除術/ロボット支援根治的腎摘除術(経腹膜アプローチ) ほか

≫ 「泌尿器外科」最新号・バックナンバーはこちら

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

序文


コロナ感染が落ち着いたと思いきや,新たな変異株が出現し,過去最大の感染者数を更新しています(2022年8月上旬)。弱毒化されて症状が軽くなったといえども,感染者と濃厚接触者は社会的な隔離が必要となり,医療業界でも人手不足が深刻化しています。また,医療者側,患者側の感染で予定手術を延期せざるを得なくなり,その埋め合わせの日程に頭を悩ませている泌尿器外科医の先生も多いと思います。特に,ロボット支援手術におきましては,ロボットの台数が限られているため,日程調整が付かずに困っています。その一因?として,複数の術式において2022年4月から新規保険収載されたことにありますでしょうか?具体的には,副腎腫瘍(良性腫瘍,褐色細胞腫)に対するロボット支援副腎摘除術,腎尿管悪性腫瘍に対するロボット支援腎尿管全摘除術,腎悪性腫瘍に対するロボット支援根治的腎摘除術が新規保険収載されております。本特集では,「新規保険収載ロボット支援手術手技を極める」として,この分野のエキスパートである4施設の先生に原稿を執筆していただきました。ロボット支援副腎摘除については鳥取大学の森實修一先生と武中篤先生,ロボット支援腎尿管全摘除術については秋田大学の成田伸太郎先生,齋藤満先生,羽渕友則先生,ロボット支援根治的腎摘除術(経腹膜アプローチ)については浜松医科大学の三宅秀明先生,ロボット支援根治的腎摘除術(後腹膜アプローチ)については私が,保険点数や施設基準,手術適応,ポート位置含めた詳細な術式,腹腔鏡手術との比較などの考察について記載いただきました。読者の先生は,腹腔鏡手術でそれぞれの術式に慣れているとは思いますが,ロボット支援手術となりますと,ポートの位置やロールインの方向,使用するデバイスなど,手術を円滑に進めるためのtips and tricksがあります。手術の導入にあたり,本特集が少しでもお役に立てれば幸いです。

泌尿器領域の手術についてはほぼすべての術式においてロボット支援手術が可能となっております。他国で導入され本邦で未導入な術式は,腎移植ぐらいでしょうか? 今後も泌尿器外科におきましては安全な手術を行う上で少しでも皆様に役立てるよう,取り組んでまいります。

最後にこの場を借りて,お忙しいなか執筆をご快諾いただきました先生方に深謝いたします。


東京女子医科大学医学部泌尿器科学
高木 敏男

■ 目次

特集:新規保険収載ロボット支援手術手技を極める

序文

東京女子医科大学医学部泌尿器科学 高木 敏男

ロボット支援副腎摘出術

鳥取大学医学部器官制御外科学講座腎泌尿器学分野 森實 修一,他

ロボット支援腎尿管全摘除術

秋田大学大学院医学系研究科腎泌尿器科学講座 成田伸太郎,他

ロボット支援根治的腎摘除術(経腹膜アプローチ)

浜松医科大学泌尿器科学講座 三宅 秀明

ロボット支援腹腔鏡下根治的腎摘除術─後腹膜アプローチ─

東京女子医科大学医学部泌尿器科学 高木 敏男

トピックス

局所進行性又は転移性尿路上皮癌に対する新たな治療選択肢「パドセブ ®」の有用性

東京医科歯科大学大学院腎泌尿器外科学 藤井 靖久

対談

腎性貧血治療最前線-HIF-PH 阻害薬への期待-

ホスト 勝岡 洋治

ゲスト 小林 修三

連載

第139回 泌尿器科領域におけるトラブルシューティング

ロボット支援前立腺全摘除術における術中尿管損傷に対し尿管膀胱新吻合術を施行した2例

大阪公立大学泌尿器病態学 山崎 健史,他

総説

根治切除不能な尿路上皮癌に対するアベルマブ維持療法

ファイザー株式会社オンコロジー部門メディカルアフェアーズ部 松村 幸一,他

臨床研究

当院で経験した気腫性膀胱炎の8例

関西ろうさい病院泌尿器科 松山 直幹,他

症例報告

フルニエ壊疽後潰瘍部に局所陰圧閉鎖療法が奏効した1例

三愛病院泌尿器科  岡野 由典,他

術前 MRI が有用であった陰茎折症の1例

藤沢湘南台病院泌尿器科 仁禮 卓磨,他

成人男性に発生した陰囊リンパ管腫の1例

聖隷浜松病院泌尿器科 袴田 康宏,他

地方会

第119~121 回 日本泌尿器科学会茨城地方会

第264 回 日本泌尿器科学会東北地方会

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:11.8MB以上(インストール時:27.7MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:11.8MB以上(インストール時:27.7MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません