• M2PLUS
  • 医学のあゆみ269巻6号 抗菌薬耐性(AMR)と闘う

医学のあゆみ269巻6号 抗菌薬耐性(AMR)と闘う

  • ISBN : 9784006026906
  • ページ数 : 70頁
  • 書籍発行日 : 2019年5月
  • 電子版発売日 : 2022年11月22日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数 : 3
販売価格 (ダウンロード販売)
¥1,430 (税込)
ポイント : 26 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

抗菌薬耐性(AMR)と闘う
企画:舘田一博(東邦大学医学部微生物・感染症学講座)

・今日,150を超える抗菌薬が開発され,その応用範囲が広がり使用量が増加するなかで,人類はこれまでにない危機的局面に直面している.耐性菌の出現とその蔓延の問題である.
・耐性菌問題は病院内だけではなく,市中・環境・社会,そして地球規模で考えなければいけないグローバルな問題であり,アカデミア,企業,行政の連携に加えて,国家間での協調・協力がきわめて重要になる.
・本特集では,日本のAMR対策アクションプランの目標と戦略,グラム陽性薬剤耐性菌の最新動向,抗酸菌感染症,次世代感染症診断法など,注目のトピックを第一線で活躍される先生方に概説いただく.

≫ 「医学のあゆみ」最新号・バックナンバーはこちら

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

はじめに


今日,150を超える抗菌薬が開発され,化学療法学は医学・獣医学領域のみならず薬学,農学,水産学など広範な分野において,なくてはならない学問のひとつとなっている.しかし一方で,その応用範囲が広がり使用量が増加するなかで,人類はこれまでにない危機的局面に直面している.耐性菌の出現とその蔓延の問題である.

近年の耐性菌問題の特徴として,①市中感染型耐性菌の出現,②動物・食品などを介した耐性菌の広がり,③新しい感染症治療薬の枯渇,が重要である.30年前には考えられなかった,元気な子どもが市中感染型メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)による感染症を発症するという事例が散見されるようになった.

また,基質特異性拡張型β-ラクタマーゼ産生の大腸菌が健康な女性の膀胱炎の原因菌として分離される時代になっている.このような現象の背景として,耐性菌が市中で生まれ,家畜・ペット・食品を介して伝播するという事実が報告されている.

耐性菌問題は病院内だけの問題ではなく,市中・環境・社会,そして地球規模で考えなければいけないグローバルな問題であることが明らかになっている.いわゆる“OneHealth”の概念であるが,ボーダーレス時代のなかで国境を越えて広がる耐性菌問題に関して世界が連携・協力して対応することの重要性が強調されている.このようななかで,2016年4月に関係閣僚会議から「薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン」が発表された.

耐性菌問題と新しい感染症治療薬の開発には,アカデミア,企業,行政の連携に加えて,世界的な視点での国家間での協調・協力がきわめて重要になる.近年,アメリカやヨーロッパ諸国,そしてWHOやCDCなどの国際機関が協調の動きを活発化させている.

これまでに培ってきたわが国における耐性菌・院内感染対策の経験,そして多くの世界標準治療薬を生み出してきた創薬の歴史・知識・経験・リソースをどのように生かしていくのか,その責任はさらに大きくなっていると考えておかなければならない.


東邦大学医学部微生物・感染症学講座
舘田 一博

■ 目次

抗菌薬耐性(AMR)と闘う

世界の脅威:多剤耐性菌の地球規模での蔓延――医療暗黒時代の再来……荒川宜親

日本のAMR対策アクションプランの目標と戦略……大曲貴夫

薬剤耐性グラム陰性菌……青木弘太郎

わが国のグラム陽性薬剤耐性菌の最新動向―MRSA,VRE,PRSP……久恒順三・他

抗酸菌感染症……長谷川直樹

耐性真菌の現状と課題――カンジダ症・アスペルギルス症……掛屋弘

次世代感染症診断法……太田賢治・他

感染治療薬パイプライン──多剤耐性グラム陰性菌感染症治療薬を中心として……石井良和

TOPICS

【癌・腫瘍学】

終末期せん妄と“お迎え現象”……森田達也

【細胞生物学】

リソソームストレスを制御するLRRK2とRab GTPase……桑原知樹

【再生医学】

乱流が可能にしたiPS細胞由来血小板製剤の実現……藤尾康祐・江藤浩之

連載

【医学・医療におけるシミュレータの進歩と普及】

18.CSTは究極のシミュレーション教育だ!……鈴木崇根

【健康寿命延伸に寄与する体力医学】

6.サルコペニア予防・治療としての多様な筋力トレーニング……安田智洋

フォーラム

【医師のバーンアウト(燃え尽き症候群)をふせぐためには?――脳神経内科領域の取組みから学ぶ】

10.バーンアウトを精神医学から考える:その診断の可能性と対応……塩入俊樹

【パリから見えるこの世界】

79.CRISPR-Cas,あるいは「獲得形質の遺伝」を再考する……矢倉英隆

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:37.7MB以上(インストール時:78.3MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:37.7MB以上(インストール時:78.3MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません