消化器外科 2022年12月号 第45巻第12号 腹部救急疾患Update;いざというとき困らないように!

  • ISBN : 9784012104512
  • ページ数 : 133頁
  • 書籍発行日 : 2022年12月
  • 電子版発売日 : 2022年12月7日
  • 判 : A4判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数 : 3
販売価格 (ダウンロード販売)
¥3,300 (税込)
ポイント : 60 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

特集 腹部救急疾患Update;いざというとき困らないように!

近年、腹部救急疾患に対する画像診断の進歩は著しく、内科的治療や低侵襲治療を中心とした治療手段の選択肢も増えてきており重症疾患の救命率にも向上がみられる。本特集では日常よく遭遇する腹部救急疾患について若手の消化器外科医のみならず消化器外科の専門医にも勉強になるように各分野でのエキスパートの先生に最新の診断と治療について図やイラストを用いてわかりやすくご解説いただいた。

消化器外科バックナンバー

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 目次

特集:腹部救急疾患Update いざというとき困らないように!

1 腹痛のメカニズムと腹部診察の基本

堺市立総合医療センター消化器内科 / 北村 信次

2 腹部救急疾患の診断と治療(総論)

順天堂大学医学部・大学院医学研究科消化器外科学講座 / 本庄 薫平他

3 消化管穿孔の診断と治療─穿孔部の診断や保存的加療と手術の選択─

群馬大学大学院医学系研究科総合外科学講座消化管外科 / 中澤 信博他

4 消化管大量出血

弘前大学大学院医学研究科消化器外科学講座 / 若狭 悠介他

5 腸管の血流障害

東京医科大学茨城医療センター消化器外科 / 鈴木 修司他

6 急性虫垂炎・大腸憩室炎

平成紫川会小倉記念病院外科 / 小島 大望

7 急性胆囊炎・急性胆管炎

東邦大学医療センター大橋病院外科 / 渡邉 学他

8 急性膵炎

三重大学肝胆膵・移植外科/医療安全管理部 / 飯澤 祐介他

9 腸閉塞─手術適応となる腸閉塞の見分け方─

 日本医科大学消化器外科 / 山田 岳史他

誌上ディベート

第36回膵癌に対するリンパ節郭清;リンパ節郭清すべき vs. 動脈周囲神経叢温存を最優先する

リンパ節郭清すべきの立場から

名古屋大学大学院医学系研究科消化器外科学 / 栗本 景介他

動脈周囲神経叢温存を最優先するの立場から

筑波大学医学医療系消化器外科 / 宮﨑 貴寛他

消化器外科Special Lectures

第5回 cadaver surgical training の現状と今後の展望

日本外科学会CST 推進委員会/北海道大学病院消化器外科Ⅱ / 七戸 俊明

全国消化器外科紹介

第15回 福山市民病院外科

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:86.6MB以上(インストール時:176.6MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:346.2MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:86.6MB以上(インストール時:176.6MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:346.2MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません