• M2PLUS
  • 眼科 2018年5月号 60巻5号 特集 IgG4関連疾患を整理する!【電子版】

眼科 2018年5月号 60巻5号 特集 IgG4関連疾患を整理する!【電子版】

  • ISBN : 9784003506005
  • 書籍発行日 : 2018年5月
  • 電子版発売日 : 2019年12月11日
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥3,080 (税込)
ポイント : 56 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

学界のトピックス、診療のコツ、臨床現場からの症例報告。どこから紐解いても日々の診療に役立つ内容満載の、気軽に読める眼科専門誌です。

特集 IGg4関連疾患を整理する!
 序論
 1. IgG4関連眼疾患の診断基準と重症度分類
 2. IgG4関連眼疾患の病理
 3. IgG4関連眼疾患の臨床像
 4. IgG4関連眼疾患としての三叉神経腫大
 5. IgG4と視神経症
 6. IgG4関連疾患に対する治療戦略
 ほか

■ 目次

特集 IGg4関連疾患を整理する!

序論

1. IgG4関連眼疾患の診断基準と重症度分類

2. IgG4関連眼疾患の病理

3. IgG4関連眼疾患の臨床像

4. IgG4関連眼疾患としての三叉神経腫大

5. IgG4と視神経症

6. IgG4関連疾患に対する治療戦略

綜説

知られざるぶどう膜炎と全身疾患との関連

緑内障感受性遺伝子

チン小帯脆弱眼におけるFemtosecond Laser Assisted Cataract Surgery(FLACS)の有用性

機器・薬剤紹介

25. バルベルト緑内障インプラント

眼科臨床研究における統計学のQ&A

Q2. オッズ比とハザード比の違いは何でしょうか? 多変量解析はどのように使い分ければよいのでしょう?

原著

続発性巨大角膜アミロイドーシスの加療に対する前眼部光干渉断層計の有用性

臨床報告

トリアムシノロンアセトニド後部テノン嚢下投与により緑内障手術に至った糖尿病黄斑浮腫の2例

En face OCTを用いた神経線維腫1型の脈絡膜所見

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:13.1MB以上(インストール時:29.9MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:13.1MB以上(インストール時:29.9MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません