• M2PLUS
  • 臨牀透析 2019 Vol.35 No.5 透析医工学の最前線

臨牀透析 2019 Vol.35 No.5 透析医工学の最前線

  • ISBN : 9784004103505
  • ページ数 : 112頁
  • 書籍発行日 : 2019年5月
  • 電子版発売日 : 2019年6月12日
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥2,860 (税込)
ポイント : 52 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

トータル医療として透析を考えることを目的として、1985年1月に創刊。

【特集】「透析医工学の最前線」
本号では,これからの透析医療に何が必要で,それに対してどのような技術が利用可能かという観点にスポットを当て,企画した(Editorialより抜粋).

>『 臨牀透析』最新号・バックナンバー

■ 目次

Editorial

1.透析医療技術の進歩

(1)オンラインHDFの現状と展望

(2)I―HDFの有効性と適応

2.透析関連技術の進歩

(1)血液透析装置標準化の必要性

(2)透析装置の自動化・省力化の最前線

(3)腹膜透析における遠隔医療

(4)透析排液(透析量)―モニタの有効活用

(5)レーザ血流計の有効活用

(6)体内水分組成モニタを利用した水分管理

(7) 求められる透析液のシステム管理―水処理,水質管理,排水管理など

(8)透析液成分濃度測定装置の認証制度

(9)透析部門システムと電子カルテの連携

(10)透析通信共通プロトコル,何ができて何ができないのか


[コラム]透析医療におけるビッグデータの可能性


[連載]症例による透析患者の画像診断 中島 悠里他

[連載]ケース・スタディ 井上めぐみ他


OPINION 宮本 賢一

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:7.5MB以上(インストール時:17.3MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:18.3MB以上(インストール時:38.5MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません