• M2PLUS
  • 心臓ペーシングのすべて[改訂2版]

心臓ペーシングのすべて[改訂2版]

  • ISBN : 9784498136052
  • ページ数 : 320頁
  • 書籍発行日 : 2012年9月
  • 電子版発売日 : 2013年8月30日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥8,360 (税込)
ポイント : 152 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

ペースメーカーの基本と適応、心血行動態、心拍応答機能、生体情報モニタリング機能、一時ペーシング、モード決定、植込み手技、ペーシングによる心房細動・心室性不整脈の治療、心不全におけるペーシング治療とCRT、ICD、電磁波障害と不具合等、心臓ペーシングに関する必要知識をあまさず収載した実践書。

■ 序文

2版の序


本書の初版が出版されたのは,CRTが認可される前のことであった.CRT,CRTDのみならず,その後のデバイスの進歩は著しいものがあった.心室ペーシングの不利益より,心室ペーシング最少化アルゴリズムが開発された.心房中隔,右室流出路/心室中隔など,通常の右心耳,右室心尖部以外のペーシング部位もさかんに試みられるようになった.しかしながら,これらの方法には依然として解決していない問題がある.進歩の速さと未解決の問題より,改訂作業には困難を伴った.しかし,これ以上改訂を遅らせるわけにもいかず,現時点における状況を示すためにも今回の改訂を行った.改訂にあたり初版時に不足していた項目を追加した.

不整脈専門医認定制度,ペースメーカー関連専門臨床工学技士認定制度,IBHRE(International Board of Heart Rhythm Examiners)試験,CDR(cardiac device representative)などの認定制度が始まり,デバイス治療には,それなりの知識と能力を要求される時代になったといえる.

本改訂版が,デバイス治療の役に立てば幸いである.


2012年 7月

石川 利之



ペースメーカー治療の大きな成功のためか,ペースメーカーはすでに完成したものになっており,もはや進歩・研究の余地はないという声さえ聞かれた.しかし,まだペースメーカーが完成したものとは思えない.設定の自動化,ペースメーカーのホルター機能などの診断機能の進歩,ペースメーカーによる心不全治療,ペースメーカーによる心房細動などの頻拍性不整脈の抑制など,最近のペースメーカー治療の進歩はめざましい.

一方,ペースメーカーやICDの植込み手術やフォローは,医師であれば誰にでも容易にできるようになったので,逆に,ペースメーカー治療の修得をおろそかなものにしている危惧がある.

ペースメーカー植込み適応自体がevidence-based medicineがいわれる以前のものであるので,実は充分なevidenceはなく,倫理的な理由からevidenceを求めること自体が不可能な状況である.そのため,これまで積み重ねられてきた経験も重要である.

実際に使用するペースメーカー独自の特殊機能についてはそのマニュアルに習熟すべきである.本書には,ペースメーカー治療の基本的考え方と方法を記したいと思い,必要とされるペースメーカー治療の基礎から最新治療まで実用性を重視して解説したつもりである.本書が,少しでもペースメーカー治療の役にたてばと願っている.


2004年 1月

石川 利之

■ 目次

第1章 ペースメーカーの基本

1.ペーシング刺激閾値

2.自動閾値設定と AutocaptureTM

3.センシング閾値

4.ペーシングモード

5.マグネットモードとリバージョン

6.心拍応答機能

7.抗頻拍ペーシング

8.ICHD コード

9.生理的ペーシングと非生理的ペーシング

10.ペースメーカー本体

a.ジェネレイター

b.電池

11.リード

a.リードの種類

b.Single lead VDD pacing

c.Overlapping biphasic impulse(OLBITM)

d.リードトラブルとリードの構造

e.リード抵抗,ペーシング閥値,センシング閥値の関係

12.非生理的ペーシングとペースメーカー症候群

13.Blanking period と refractory period

14.室房逆行性伝導とペースメーカー介在性頻拍

15.ECG イベント・マーカーTM

16.ペースメーカーのホルター心電図機能

17.ペースメーカーの特殊機能

第2章 ペーシング・タイミング

1.デマンド(demand)機能

2.Hysteresis

3.AV delay と PV delay

4.A counter と V counter

5.DDI のペーシング・タイミング

6.Max tracking rate

7.Endless loop tachycardia(pacemaker-mediated tachycardia)とPostventricular atrial refractory period(PVARP)

8.最大ペーシング心拍数

9.反復性非リエントリー性室房同期

(repetitive non-reentrant VA synchrony: RNRVAS)

第3章 ペーシングと心血行動態

1.ペースメーカー側の問題

a.心房心室協調性の有無

b.心房ペーシングと心室ペーシング

c.右室心尖部ペーシングの問題点と右室流出路・中隔ペーシング

d.心拍応答性と心拍応答機能ペースメーカーのセンサー

e.PQ 時間の影響

f.AV delay の至適化

g.運動中の至適 AV delay

2.基礎心疾患の問題

3.ペーシング心拍数の設定

4.ペースメーカー植込みの運動耐容能の評価

第4章 ペースメーカーの心拍応答機能

1.ペースメーカーの心拍応答機能の設定

2.ペースメーカーの心拍応答機能のセンサー

a.体動感知型センサー

b.分時換気量感知型センサー

c.QT 感知型センサー

d.Closed loop sensor(閉鎖回路センサー)

3.センサーの条件

4.Multisensor

5.心拍応答機能に対する考え方

6.心拍応答機能の今後の展開

第5章 遠隔モニタリングとデバイスによる血行動態などの生体情報モニタリング機能

1.ペースメーカーの心拍応答機能のセンサー

2.心機能と身体活動度

3.肺うっ血と胸郭内インピーダンスと OptiVolTM

4.睡眠時無呼吸のモニタリング

5.血行動態のモニター

6.植込み型の心機能モニター機器

7.遠隔モニタリングと生体情報モニタリング機能

第6章 ペースメーカー植込み疾患と適応

1.房室ブロック

a.房室ブロックとペースメーカー

b.ブロック部位とペースメーカーの植込み適応

c.房室ブロックの電気生理学的検査(EPS)と薬物負荷

d.補充収縮とブロック部位

e.2 枝ブロック

f.運動誘発性房室ブロック

g.房室ブロックと心室頻拍

h.房室ブロックと原因疾患

i.His 束内ブロック

j.先天性房室ブロック

k.房室ブロック診断のポイント

2.洞不全症候群

a.洞不全症候群の診断

b.薬理学的自律神経遮断と固有心拍数

c.洞不全症候群の電気生理学的検査―洞機能回復時間

d.洞不全症候群の電気生理学的検査―洞房伝導時間

e.薬剤の影響

f.神経調節性失神の鑑別

g.洞不全症候群のペースメーカー植込み適応

h.洞不全症候群のペースメーカー植込み適応決定のポイント

3.徐脈性心房細動

4.神経調節性失神

a.神経調節性失神/血管迷走神経性失神/過敏性頸動脈洞症候群

b.Head-up tilting test

5.抗頻拍ペーシング

6.新しい適応

第7章 一時ペーシング

1.緊急一時ペーシング

2.徐脈に対する対応

a.経過観察

b.緊急処置

3.一時ペーシングの方法

4.基礎心疾患と一時ペーシング

5.頻拍に対する一時ペーシング

6.緊急一時ペーシングの設定

第8章 ペースメーカーのモード決定

1.洞不全症候群におけるペースメーカーモードの選択

a.ペーシングモードの選択の基本

b.非生理的ペースメーカーの問題点

c.心房ペースメーカー(AAI)の問題点

d.心房心室ペースメーカー(DDD)の問題点

e.心拍応答機能

f.洞不全症候群におけるペーシングモード

2.房室伝導が保たれた症例におけるペーシングモード

a.心室ペーシングのデメリットと心室ペーシング最少化アルゴリズム

b.AV delay 延長の問題点

c.AV delay hysteresis と心室ペーシングを最少化するアルゴリズム

d."DDD における心室ペーシングによる血行動態上の不利益"の問題

3.房室ブロックにおけるペースメーカーモードの選択

a.ペーシングモードの選択の基本

b.房室ブロックを認める若年者における選択

c.シングルリード VDD の問題点

第9章 ペースメーカーの植込み手技

1.リードの長さの選択

2.経静脈的心内膜電極の挿入

3.橈側腕頭皮静脈(cephalic vein)の cut down 法

4.外頸静脈 cut down 法

5.鎖骨下静脈穿刺法

6.胸郭外穿刺法

7.心室リードの留置

8.心房リードの留置

9.Screw-in リードの操作

10.左上大静脈遺残

11.ポケットの作成

12.我々のペースメーカー植込み手技

13.左室ペーシングの方法と手術手技

14.冠静脈洞リードの合併症

15.左房ペーシングの方法と手術手技

16.電池消耗とペースメーカー交換手術

a.電池消耗のチェック

b.ペースメーカーの交換手術

17.ペースメーカー手術の合併症

a.気胸

b.ペースメーカー感染

c.リード穿孔

d.鎖骨下静脈狭窄・閉塞,上大静脈症候群

e.肺塞栓

f.リードの抜去

18.抗凝固療法,抗血小板療法と植込み手術

第10章 ペースメーカーのフォローアップとトラブルシューティング

1.ペースメーカークリニック

a.刺激閾値,センシング閾値の測定

b.マグネット

c.電池消耗のチェック

d.抵抗値のチェック

e.ペーシングの作動状況,ホルター機能のチェック

f.パラメーターの設定

g.心拍応答機能の設定

2.ペースメーカーのトラブルシューティング

a.リードの dislodgment

b.ペーシング不全

c.抗不整脈薬の影響

d.筋攣縮(muscle twitching)

e.横隔膜刺激

f.センシング不全

g.P 波,T 波オーバーセンシング

h.リードの断線とリークおよびリードインピーダンスの上昇と低下

i.電池早期消耗

j.非生理的ペーシングとペースメーカー症候群

k.Far field sensing と cross talks

l.室房逆行性伝導とペースメーカー介在性頻拍

m.反復性非リエントリー性室房同期(repetitive non-reentrant VA synchrony: RNRVAS)

n.Refractory period と上限ペーシングレート

o.Pseudo-fusion beat と pseudo-pseudo-fusion beat

p.心房細動発生時の対応

q.ペースメーカーのホルター心電図機能と問題

r.Twiddler 症候群

s.Runaway

第11章 ペーシングによる心房細動の非薬物療法

1.心房細動に対する非薬物療法

2.ペースメーカー植込み症例における心房細動発生の予防

3.心房細動発生の積極的抑制

4.心房細動予防からみた心房の至適ペーシング心拍数

5.特殊なペーシングアルゴリズムを利用した心房細動発生の抑制

a.Consistent atrial pacing(CAP)

b.Atrial Pacing Preference(APP)

c.Dynamic Atrial Overdrive(DAO)

d.Aftherapy trial

6.心房細動予防からみた心房の至適ペーシング部位

7.特殊心房ペーシング部位へのリード植込み手技

8.特殊なペーシング部位を用いた場合の問題点

9.古典的ペースメーカー植込み適応のない症例における,

ペースメーカーによる心房細動発生抑制の試み

10.ペーシング部位の選択の基本的考え方

11.心房細動に対する植込み型除細動器

12.Ablate and pace

13.心房細動中の心室心拍数のスムージング

第12章 ペーシングによる心室性不整脈の治療

1.ペーシングによる心室性不整脈の抑制の機序

2.Overdrive pacing による QT 延長に伴う多型性心室頻拍の抑制

3.Overdrive pacing による心室頻拍,心室細動の抑制

第13章 心不全におけるペーシング治療と cardiac resynchronization therapy(CRT)

1.心不全に対するペーシング治療

2.心室ペーシングの不利益

3.重症心不全における壁運動の協調性の消失

4.ペーシング部位の問題

5.右室流出路/右室中隔ペーシング

6.CRT

7.右室内の二点ペーシング(bi-focal pacing)

8.PQ 時間の影響

9.AV delay の至適化

10.CRT が有効な症例,適応基準と心エコー

11.左室ペーシング

12.古典的ペースメーカーの植込み適応のある症例における両室ペーシング

13.VV 間隔

14.慢性心房細動症例における両室ペーシング

15.至適 AV delay,VV delay の自動化

16.CRT の効果

17.CRT-D の効果

18.CRT と心筋逆リモデリング(Reverse remodeling)

a.心筋瘢痕が心筋逆リモデリングに与える影響

b.大規模研究において示された心筋逆リモデリング

c.Narrow QRS 症例における CRT の効果と心筋逆リモデリング

d.軽度および中等度心不全における CRT の効果と心筋逆リモデリング

19.軽症心不全に対する CRT の早期導入

20.ICD 適応症例に対する CRT-D の早期導入

21.CRT/CRT-D の植込み適応

22.CRT の植込み方法

23.CRT 設定上の問題

第14章 植込み型除細動器 Implantable cardioverter-defibrillator(ICD)

1.心室細動と ICD

2.心室頻拍の機序,電気生理学的検査による誘発と抗頻拍ペーシング

3.ICD システムの構造と機能

a.ICD ショックリード

b.ICD 本体

c.ICD の機能

1)除細動

2)抗頻拍ペーシング

3)抗徐拍ペーシング

4)電気生理学的検査と心室細動誘発

d.ICD における感知の問題

e.ICD における頻拍認識の問題

f.除細動の施行

g.治療のプロトコール

h.除細動の評価

i.バックアップペーシングと徐脈に対するペーシング

4.ICD の適応と治療効果

a.二次予防

b.一次予防

5.特発性心室細動

6.ICD の植込み

a.ICD の植込み手技

b.心室細動の誘発と除細動試験

c.手術合併症

7.ICD のフォローアップとトラブルシューティング

a.キャパシタ(コンデンサ)のリフォーメーション

b.リードの移動,損傷

c.不適切作動

d.抗不整脈薬の併用と問題点

e.心室頻拍に対するカテーテル焼灼術と ICD

f.QOL とメンタルケア

g.Electrical storm

h.電池消耗と交換

第15章 電磁障害と不具合

1.電磁波障害(electro-magnetic interference; EMI)とは

2.EMI により惹起される問題

a.体に直接電流が流れる場合

1)低周波治療器,低周波鍼通電治療

2)体脂肪率計

3)電気製品からの漏電

b.体に磁力線が浴びさせられる場合

1)MRI

2)リニアモーター

3)携帯電話

4)スマートキー

5)IH(Induction Heating)電磁調理器,IH 炊飯ジャー

6)電気毛布,電子カーペット

7)盗難予防装置,金属探知機

8)マッサージ椅子,その他

c.体に高圧電界が浴びせられる場合

3.EMI 対策

a.ペースメーカーの EMI 防御機構

b.双極リードの使用

c.発生源からの距離

d.直流除細動

e.防御服

f.EAS ステッカ

4.デバイスの不具合

a.不具合発生率

b.リコールとクラス分類

第16章 身体障害者認定,施設基準,保険償還,運転免許証および法律上の諸問題

1.身体障害者認定

2.ペースメーカーおよび ICD の移植術,交換術に関する施設基準

a.ペースメーカー移植術,ペースメーカー交換術に関する施設基準

b.埋込型除細動器移植術および埋込型除細動器交換術に関する施設基準

c.両心室ペースメーカー移植術および両心室ペースメーカー交換術に関する施設基準

3.運転免許について

4.死後のペースメーカー取り外し

索引

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:51.1MB以上(インストール時:111.2MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:55.9MB以上(インストール時:139.7MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません