臨床精神医学講座 第14巻 精神科薬物療法

  • ISBN : 9784521491715
  • ページ数 : 621頁
  • 書籍発行日 : 1999年3月
  • 電子版発売日 : 2018年11月30日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥35,750 (税込)
ポイント : 650 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

臨床の視点に立った新しいエンサイクロペディア!

病棟から患者を解放したとされる精神科領域の薬物療法は、日進月歩の新薬開発と相伴って近年最も進歩した領域です。本巻では、分類、作用機序、適応、用法、用量、副作用、今後の展望等、最新知 見をもとに解説します。

>『 臨床精神医学講座』シリーズはこちら

■ 目次

総論

1.精神科薬物療法の歴史と展望

各論

1.抗精神病薬

A.抗精神病薬の歴史と分類

B.抗精神病薬の作用機序

C.抗精神病薬の適応と用法、用量

D.抗精神病薬の副作用とその対策

E.新しい抗精神病薬の開発と展開

2.抗うつ薬

A.抗うつ薬の歴史と分類

B.抗うつ薬の作用機序

C.抗うつ薬の適応と用法、用量

D.抗うつ薬の副作用とその対策

E.新しい抗うつ薬の開発と展開

3.気分安定薬

4.抗不安薬

A.抗不安薬の歴史と分類

B.抗不安薬の作用機序

C.抗不安薬の適応と用法、用量

D.抗不安薬の副作用

E.新しい抗不安薬の開発と展望

5.睡眠薬

A.睡眠薬の歴史と分類

B.睡眠薬の作用機序

C.睡眠薬の適応と用法、用量

D.睡眠薬の副作用

E.新しい睡眠薬の開発と展開

6.抗痴呆薬

A.抗痴呆薬の歴史と分類

B.脳代謝改善薬、脳循環改善薬とその作用機序

C.神経伝達物質、関連物質とその作用機序

D.新しい抗痴呆薬の開発と展開

7.抗てんかん薬

A.抗てんかん薬の歴史と分類

B.抗てんかん薬の作用機序

C.抗てんかん薬の適応と用法、用量

D.抗てんかん薬の副作用

E.新しい抗てんかん薬の開発と展開

8.抗Parkinson病薬

9.抗酒薬

10.精神刺激薬

11.β遮断薬

12.漢方薬

13.ベンゾジアゼピン拮抗薬

14.中枢作用を有するホルモン剤

15.適応上の問題点

A.身体的有病時の精神薬物療法

B.妊娠、授乳期の精神薬物療法

C.高齢者の精神薬物療法

D.小児、思春期の精神科的薬物療法

E.向精神薬の代謝と相互作用

F.時間生物学と精神科薬物療法

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:510.6MB以上(インストール時:1.1GB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:204.2MB以上(インストール時:510.4MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません