癌診療指針のための病理診断プラクティス 原発不明癌

  • ISBN : 9784521747866
  • ページ数 : 204頁
  • 書籍発行日 : 2019年11月
  • 電子版発売日 : 2020年3月6日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥22,000 (税込)
ポイント : 400 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

原発巣が不明なまま見つかる「原発不明癌」は,予後不良の癌として,これまであまり顧みられることがなかった.しかし,個別化医療の時代を迎え,分子標的薬の出現もあり,原発不明癌の治療の可能性がみえてきている.本書では各臓器別に原発不明癌の原発巣探索の方法を分析し,治療への道しるべを解説する.病理医だけでなく臨床医や腫瘍内科医にもお勧めです.

■ 序文

腫瘍医療に携わる病理医,腫瘍内科医および外科医を主な対象として『癌診療指針のための病理診断プラクティス』の刊行を開始したのは2010 年初冬のことである.以来種々の臓器癌を対象として巻を重ねた結果,2019 年秋に13 巻目となる『唾液腺/口腔・歯原性腫瘍』の刊行をもって完結した.

"原発不明癌"のタイトルを冠した本書はこのシリーズの別巻として刊行するものである.その理由は近年"原発不明癌"の診断,治療の動向に顕著な進歩がみられるからである.かつては原発巣が明らかでない状況で転移病巣が出現する原発不明癌は系統的な診断システムの確立していないこと,治療法としては画一的な化学療法が主体で治療効果も限定されていたことなどによりきわめて予後の不良な疾患であった.

原発不明癌の原発巣の探索においては病理医の役割が大きい.かつては病巣部から採取された病理組織の形態観察が主であったが,近年では腫瘍細胞の形態所見に加えて,腫瘍細胞の発現する蛋白の免疫組織化学的同定による原発巣の推定が一般的となり,一定の役割を果たしている.しかしながら,現在でも原発巣の確定できない症例は少なくない.また,原発巣の推定が有効な治療法に必ずしも直結しないという弱点も指摘されている.癌は遺伝子異常に起因して発生すると考えられ,癌細胞に生じている遺伝子変異をターゲットとした分子標的薬の開発により一定の効果を挙げており,原発不明癌の治療法の考え方にも影響してきた.つまり,原発部位の如何にかかわらず,変異遺伝子をターゲットとした治療法の可能性が示された.

このような最近蓄積されてきた知見を組み込んだ原発不明癌の原発臓器の確定法,効果的な治療法の選択についてわかりやすく解説することが本書の目的とするところである.本書は序論(1 章),総論としての基本的知識(2 章),現場で用いられている探索法の解説(3 章),原発巣の探索の実際(4 章),治療法の選択(5 章),症例提示(6 章),そして免疫組織化学抗体一覧表(7 章)よりなる.4 章は原発巣探索の第一線に立つ病理医が担当しており,本書の中心をなすものである.5 章の「治療法の選択」は原発不明癌治療法の現状が充分な参考文献とともに詳細に記述されており,治療の一線に立つ臨床医にも有益な内容となっている.


終わりに本書の刊行にあたり多大のご支援をいただいた,中山書店の鈴木幹彦,金橋香代子両氏に深甚の謝意を表します.


2019年秋/p>

編者を代表して 青笹克之

■ 目次

1章 序論

原発不明癌をめぐる新しい視座

2章 基本的知識

原発巣探索法の現状

3章 探索法の実際

画像診断

病理組織学的・免疫組織化学的特徴

細胞診

遺伝子診断

4章 原発不明癌の背景-転移部位別の探索の実際

総論-原発不明癌探索の基本的知識

肺・胸腔

骨・軟部

皮膚

消化管

頭頸部

縦隔

腹腔内播種

5章 治療法の選択

原発不明癌の治療

6章 症例提示

症例1 頸部リンパ節転移で発見された卵管癌

症例2 若年者に発生した由来不明の縦隔腫瘍

症例3 肺腫瘤

症例4 尿路腺癌で大腸癌の転移・浸潤と鑑別が問題となった症例

症例5 大腸癌プロファイルの原発不明癌肝転移に治療が奏効した症例

症例6 鼠径部リンパ節に転移した癌細胞がPSA 陽性所見を示したため,原発巣の同定に難渋したextramammary Paget's disease

7章 免疫組織化学抗体一覧表

参考文献

索引

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:9.4MB以上(インストール時:22.8MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:9.4MB以上(インストール時:22.8MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません