国立がん研究センターの乳癌手術

  • ISBN : 9784525317317
  • ページ数 : 113頁
  • 書籍発行日 : 2016年4月
  • 電子版発売日 : 2019年2月27日
  • 判 : A4判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥11,000 (税込)
ポイント : 200 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

国立がん研究センター手術のすべてがわかりやすいイラストで解説された本格的手術書!

乳腺外科医は切除部位の大小にかかわらず,安全・的確な手術の実施が求められている.本書は,国立がん研究センター乳腺外科のエキスパートが,イラストを多用し,蓄積した豊富な経験をもとに乳癌手術のすべてをわかりやすく解説した.「乳癌手術手技のバイブル」である.

■ 序文

著者らは,他出版社の発刊ではあるが,図説臨床[癌]シリーズ:乳癌(1986年初版発刊),新・癌の外科-手術手技シリーズ:乳癌(国立がんセンター編,2001年初版発刊)を片手に乳癌手術を現場で学んできた.これらの手術書の発刊から30年以上の時間を経たが,乳癌診療はその間大きく変遷を続けてきた.外科治療の分野ではセンチネルリンパ節生検が標準化し,乳房再建が保険収載され,より整容性を重視した低侵襲な外科治療を学ぶことが必要とされている.また,低侵襲で整容性の高い治療の恩恵を受けられる早期乳癌患者は年々増加し続けているが,薬剤抵抗性,放射線治療抵抗性の局所進行乳癌症例は変わらずに存在する.外科治療は数時間で,比較的安価に完結できる優れた治療法であり,その結果は,術者の日々の経験の積み重ねによる技量と知識によって左右されるものである.

国立がんセンターが開設された1962年から71年に手術した1,212人の乳癌患者の30年予後を次頁に示した(書籍参照).当時は有効な薬物療法や放射線療法が存在せず,またより病期の高い患者が多く,手術の大部分はハルステッド手術や非定型乳房切除術が行われていた.現在では薬物療法,放射線療法などを組み合わせた治療が一般的となっているが,乳癌治療における根治度の点から見ても,現在でも局所治療の重要性,すなわち乳癌治療における手術療法の重要性は失われたわけではなく,より多様化してきている.治療が多様化した今日でも30年間患者を安心して見守れる医療を継承していきたいと考える.

今回,新たに南山堂のご厚意により「国立がん研究センターの乳癌手術」を完成することができた.豊富な経験症例数に裏付けされた確かな「乳癌手術の手技」を身に付けた専門家に執筆をいただいた.本書が乳癌手術を学ぶ外科医のバイブルとして日常臨床の向上に役立つことができたら幸せである.


2016年春

国立研究開発法人 国立がん研究センター中央病院乳腺外科 科長
木下 貴之

■ 目次

第1章 画像診断と術式判断

1

2

超音波フローイメージング法

エラストグラフィ

3

乳管内進展の評価

MRI detected lesionとsecond look US

クーパー靭帯,乳頭への進展評価

4

[Side memo]当院におけるtomosynthesisを用いた術前切除範囲の検討

第2章 加刀前準備

1

手術前日準備

手術室入室前準備

2

消毒,覆布のかけ方

手術体位

術者・助手の立ち位置

第3章 センチネルリンパ節生検

1

乳房リンパ流の解剖的理解

センチネルリンパ節理論と適応

2

乳房部分切除症例

乳房全切除症例

3

胸骨傍リンパ節の生検法

第4章 乳房部分切除術

1

腫瘍直上を通る皮切

傍乳輪切開

外側切開

乳房下溝線切開

2

触知可能病変

非触知病変

3

4

5

[Side memo]断端陽性症例に対する二期的追加切除

第5章 整容性を重視した乳腺の修復,修正法

1

基本的な考え方

術前の準備

手術時の注意点

2

術前デザイン

手術手技

手術手技の追加

第6章 乳房切除術

1

適応

皮弁形成に必要な解剖

皮膚デザイン

2

皮弁形成の準備と順序

皮弁形成の基本操作

頭側皮弁(頭側胸骨縁から鎖骨下縁,肩峰まで)

尾側皮弁(尾側胸骨縁から乳房下溝線まで)

外側皮弁(広背筋前縁から腋窩静脈まで)

3

大胸筋前面の処理

側胸壁の処理

4

外側皮弁の作成

側胸壁の処理

5

6

大胸筋浸潤を認める症例に対する対処

胸壁浸潤を認める症例に対する対処

7

適応

皮膚切開のデザイン

皮膚切開・皮弁作成

筋膜剥離と乳房切除

[Side memo]内視鏡補助乳房切除術

第7章 腋窩リンパ節郭清術

1

古典的な腋窩の解剖を熟知する

腋窩リンパ節のレベルと郭清範囲

2

ルート1:腋窩外側操作1

ルート1:腋窩外側操作2

ルート2:大胸筋外縁操作(大胸筋外縁から小胸筋外縁へ)

大胸筋外側支配血管と下胸筋神経の温存(レベルⅠ浅層郭清)

小胸筋の授動とレベルⅡ郭清

長胸神経の剥離

胸背動静脈,神経,長胸神経の温存と腋窩深部(肩甲下)リンパ節の郭清(レベルⅠ~Ⅱ郭清終了)

レベルⅢ郭清と胸筋間(Rotter)リンパ節郭清

止血確認とドレナージ,閉創

第8章 乳腺外科医に必要な乳房再建術の知識

1

2

術前準備

大胸筋下の剥離

浅胸筋膜弁・分層前鋸筋弁の作成

止血,洗浄,ドレーン留置

エキスパンダー挿入,閉創

3

エキスパンダーの位置移動

皮膚壊死・創?開

血腫・漿液腫

感染

エキスパンダーの露出

4

適応

代表的術式

代表的な自家組織再建の手技

5

術後の体位

移植組織の血流確認

移植組織の保定

6

乳輪乳頭再建

乳房二次修正術

7

8

[Side memo]乳房再建の際に乳腺外科医が気をつけるポイント

第9章 術後管理

1

創処置

ドレーン管理

2

3

術後管理のポイント

合併症

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:129.7MB以上(インストール時:282.0MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:33.2MB以上(インストール時:83.1MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません