看護過程から理解する看護診断 改訂2版

  • ISBN : 9784621300183
  • ページ数 : 188頁
  • 書籍発行日 : 2016年1月
  • 電子版発売日 : 2017年1月27日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥2,640 (税込)
ポイント : 48 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

『看護過程から理解する看護診断』の改訂版!

読者が“看護過程がわかれば「看護診断」は容易に出来る”ということを実感でき、「看護診断」に対する不安・疑問が払拭されることを目的とし、執筆されました。

■ 序文

はじめに

このたび『看護過程から理解する看護診断 改訂2版』を刊行することになりました。初 版の刊行は、2012年8月で、執筆のきっかけは、看護診断を取り入れる施設が年々増えて いる現状において、「電子カルテの導入に伴って看護診断を取り入れることになったが、う ちの病院では看護診断を使いこなせるのだろうか」「近々、電子カルテが導入されるため、 看護診断の勉強会をしようと思うが、どこから手をつけていいのかわからない」「現在、看 護診断を使っているが、今のような使い方でいいのだろうか」......などの「看護診断」に関 する不安や疑問をよく耳にすることから生じた "看護過程がわかれば「看護診断」は容易 にできる"ということを多くの方に伝えたいという強い思いでした。

今回の執筆においてもこの思いは変わらず、『NANDA―I 看護診断 定義と分類 2015― 2017 原書第10 版』の変更点に合わせて修正・一部加筆を行いました。

したがって、改訂2 版の執筆の目的も、初版同様、本書をお読みいただくことによって  "看護過程がわかれば「看護診断」は容易にできる"という実感を得られるようにすること、 "看護診断の考え方は<これ>でいいんだ"という確信を得られるようにすること、その結 果、「看護診断」に対する不安や疑問が払拭されることです。

この目的を達成するために、本書の構成を「第1章 看護診断の考え方」では、看護問題 (自分の言葉で看護問題状態・状況を明示する場合)と看護診断(看護診断名で看護問題状 態・状況を明示する場合)の比較から看護診断の概要について、「第2章 看護過程の確認」 では、看護診断を行うさいに重要になる看護過程のアセスメント段階と診断段階に焦点をあ て、それぞれの段階における手続きについて、「第3章 看護診断の理解」では、看護診断 を行うさいに知っておく必要のある基礎的・基本的なことがらについて、「第4 章 看護診 断の実際」では、第3章で述べた看護診断についての基礎的・基本的なことがらを受けて、 実際に看護診断を行うときはどのように行うのかがわかるよういくつかの事例に対する看護 診断プロセスの提示という4部構成にしました。

上記の構成から明らかなように、本書は、第1 章から第4 章まで順次読み進んでいただく ことで、上記の目的が達成できるようになっています。

本書が、「看護診断」に対する不安や疑問を払拭するうえでお役に立てば幸いに思います。

最後に、改訂2 版の刊行にあたって、多大なるご支援をいただきました丸善出版株式会社 の東條健氏はじめ、ご協力いただいた方々に深く深く感謝いたします。

2016年 1月
滝島 紀子

■ 目次

第1章 看護診断の考え方

第2章 看護過程の確認

1 看護過程の概要

2 「アセスメント」→「診断」における思考プロセス

第2章のまとめ(この章のポイント / 確認問題 / 確認問題の解答)

第3章 看護診断の理解

1 看護過程と看護診断

2 看護診断プロセスを理解するうえで必要となる知識

3 看護診断のプロセス

4 妥当性の高い看護診断を行うためのポイント

5 看護診断名を理解するためのポイント

第3章のまとめ(この章のポイント / 確認問題 / 確認問題の解答)

第4章 看護診断の実際

1 入院時の看護診断プロセス

2 入院中に生じた援助が必要と思われる対象の状態・状況に対する看護診断プロセス


付録1 看護診断の自己学習方法

付録2 中範囲理論

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:6.2MB以上(インストール時:13.6MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:21.4MB以上(インストール時:53.5MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません