• M2PLUS
  • イラストレイテッド ハーパー・生化学 原書30版

イラストレイテッド ハーパー・生化学 原書30版

Victor W. Rodwell David A. Bender Kathleen M. Botham Peter J. Kennelly P. Anthony Weil (著)

丸善出版

  • ISBN : 9784621300978
  • ページ数 : 982頁
  • 書籍発行日 : 2016年11月
  • 電子版発売日 : 2017年11月10日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥8,690 (税込)
ポイント : 158 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

医学生の生化学テキストとして出版されて以来75年、世界中で愛用されている名著の最新版!

進展する生化学の世界で版を重ねてきた名著、最新版の完訳。豊富な図で簡潔に生化学・分子生物学をまとめてあり、特に疾患との関連が重視されている点が特徴のロングセラー書籍です。医学生をはじめ臨床医、健康管理従事者、また生命科学を学ぶすべての学生に有益な情報を提供するテキストです。

■ 序文

この度,イラストレイテッドハーパー・生化学(Harper's Illustrated Biochemistry)第30 版を出版することは,著者ならびに出版社の欣快とするところである.本書は1939 年に"Review of Physiological Chemistry"としてカリフォルニア大学医学部(サンフランシスコ校)のHarold Harper 博士の単独執筆により初版が刊行された.その後現在に至るまで創刊時の考えを引き継ぎ,医学との関連をとくに重視し,生化学の必要最低限の事項を簡明に,かつ全般を網羅している.この間多くの著者の貢献により改訂が重ねられ,医学を志向した本教科書は75 年目(anniversary edition)を迎える.


第30版の表紙

表紙はユビキチン化された細胞内タンパク質がプロテアソームで分解される様子を表現している.プロテアソーム複合体は14 個のa サブユニット(緑色)と14 個のb サブユニット(黄色)がa7b7b7a7 の集合体となり4 つ連なる環状構造をつくっている.これが空洞の,チューブ構造をつくり,その中にプロテアーゼ(タンパク質分解酵素)を固定化している.分解のタグを付けられたポリペプチド(赤)は,左上からプロテアソームに侵入し,プロテアソーム内のペプチド鎖に分解される.右下よりペプチドは脱出し,この後,細胞外のプロテアーゼでアミノ酸まで分解される.

タイムリーに,かつ制御された細胞内タンパク質の分解は,細胞分化や増殖にきわめて重要である.変性あるいは損傷されたタンパク質を認識して除く作業は健康な細胞維持に重要で,この機能が損われると多くの神経障害をはじめ,さまざまなヒトの疾患発症にかかわることとなる.ユビキチンによって媒介されるタンパク質分解過程の発見により,イスラエルのAaron Ciechanover とAvram Hershko,また米国のIrwin Rose が2004 年にノーベル化学賞を受賞した.


第30版における改訂

遺伝疾患,臨床情報,臨床医学などとの関連を強調しながら,最新の進歩を反映し,生化学の基本知識をまとめた.新しい図表も増え,医学生が最低限知らなくてはならない生化学的事項を簡潔に,かつ明瞭にまとめた.全章にわたる改訂に加え,章の構成を大きく変更した.全58 章を11 のセクションに構成し,生化学的な疾患と臨床情報をわかりやすい形で統合した.さらに大きな改訂点として,R.K. Murray 博士が引退し,担当箇所はD.A. Bender,K.M. Bothan, P.J. Kennelly, V.W. Rodwell に引き継がれた.また,セクションX には白血球に関する新たな章を設け,セクションXI には新たに9 つの臨床症例検討課題を加え,医学生の知識と理解力を試せるのも特徴である.各セクション末の演習問題には多くの新たな問題が出題されており,理解度の把握に役立つ.巻末には解答と詳細な解説を掲載した.


本書の構成

全58 章は生化学の医学的重要性を強調し,次のような11 のセクションに構成されている.各セクション末には演習問題が,巻末には解答が掲載されている.

セクションI 生化学の簡潔な歴史と,生化学と医学の関連について強調して述べる.水およびpH に関する解説,タンパク質構造などについても記載.

セクションII ヘモグロビンの構造と機能に始まり,酵素反応速度論,酵素の作用機作,代謝調節などについて述べる."バイオインフォマティクスとコンピュータを用いる生物学"の章は,現代の生化学,生物学,医学の理解に必須であり,最新の進歩を反映した.

セクションIII エネルギー捕獲と転移について,生体エネルギー論,高エネルギーリン酸化合物などの役割を通して述べ,生物学的酸化における酸化⊖還元反応,呼吸鎖と酸化的リン酸化などについて記載.

セクションIV 解糖系,クエン酸回路,ペントースリン酸経路,グリコーゲン代謝,糖新生と血糖の調節など糖質代謝について述べる.

セクションV 単純脂質,複合脂質,脂質の輸送と貯蔵,脂肪酸や複合脂質の合成と分解,さらにコレステロールの合成,輸送の調節などについて述べる.

セクションVI タンパク質の異化,尿素の生合成,アミノ酸の代謝,また,これらの代謝異常と疾患の関係について述べる.最終章にはポルフィリンと胆汁色素の生化学を記載.

セクションVII ヌクレオチドと核酸の構造と機能に続いて,DNA の複製と修復,RNA の合成と修飾について述べ,タンパク質生合成,遺伝子発現の制御や遺伝子組換え技術などについても記載.

セクションVIII 細胞外および細胞内情報伝達について述べる.生体膜の構造と機能,ホルモン作用の分子機構なども取り上げている.

セクションIX ~ XI は医学的に重要な14 テーマを掲載している.

セクションIX 栄養,消化および吸収,ビタミンなどの微量栄養素,フリーラジカルと抗酸化剤,糖タンパク質,生体異物の代謝と臨床生化学などについて述べる.

セクションX 細胞内におけるタンパク質の輸送と選別,細胞外マトリックス,筋肉と細胞骨格,血漿タンパク質と免疫グロブリンについて述べる.また赤血球と,新たに白血球の生化学についても記載.

セクションXI 止血と血栓症,がんの概要と老化の生化学について述べる.


謝辞

著者らは本版の出版計画に大きな役割を果たしたMichael Weitz,またRegina Y. Brown に感謝の意を表する.また,Cenveo 出版サービス社のShruti Awasthi には編集,組版,図の作成で多大な貢献をいただいた.また,世界中の学生や同僚からの意見や助言は,本版を編集するにあたりたいへん有用であった.そしてさらに今後も引き続き,助言と関心を与えられることを願う次第である.最後に,Robert Murray の長年のリーダーシップと貢献に感謝する.


Victor W. Rodwell
David A. Bender
Kathleen M. Botham
Peter J. Kennelly
P. Anthony Weil

■ 目次

Ⅰ タンパク質および酵素の構造と機能

1 生化学と医学

2 水およびpH

3 アミノ酸とペプチド

4 タンパク質:一次構造の決定

5 タンパク質:高次構造

▪SECTION Ⅰ 問題

Ⅱ 酵素:反応速度論,作用機序,活性の調節とバイオインフォマティクス

6 タンパク質:ミオグロビンとヘモグロビン

7 酵素:作用機構

8 酵素:反応速度論

9 酵素:活性の調節

10 バイオインフォマティクスとコンピュータを用いる生物学

▪SECTION Ⅱ 問題

Ⅲ 生体エネルギー学

11 生体エネルギー学:ATPの役割

12 生体酸化

13 呼吸鎖と酸化的リン酸化

▪SECTION Ⅲ 問題

Ⅳ 糖質の代謝

14 代謝の概観と代謝エネルギー源の供給

15 生理的に重要な糖質

16 クエン酸回路:糖質,脂質,アミノ酸代謝の中心経路

17 解糖とピルビン酸酸化

18 グリコーゲン代謝

19 糖新生と血糖の調節

20 ペントースリン酸経路とヘキソースの代謝のほかの経路

▪SECTION Ⅳ 問題

Ⅴ 脂質の代謝

21 生理的に重要な脂質

22 脂肪酸の酸化:ケトン体生成

23 脂肪酸とエイコサノイドの生合成

24 アシルグリセロールとスフィンゴ脂質の代謝

25 脂質の輸送と蓄積

26 コレステロールの合成,輸送および排泄

▪SECTION Ⅴ 問題

Ⅵ タンパク質とアミノ酸の代謝

27 栄養学的非必須アミノ酸の生合成

28 タンパク質とアミノ酸の窒素の異化

29 アミノ酸の炭素骨格の異化

30 アミノ酸の特殊生成物への変換

31 ポルフィリンと胆汁色素

▪SECTION Ⅵ 問題

Ⅶ 情報高分子の構造・機能・複製

32 ヌクレオチド

33 プリンおよびピリミジンヌクレオチドの代謝

34 核酸の構造と機能

35 遺伝子の構成,複製,修復

36 RNAの合成,プロセシング,修飾

37 タンパク質生合成と遺伝暗号

38 遺伝子発現の制御

39 分子遺伝学,組換えDNA,ゲノム工学

▪SECTION Ⅶ 問題

Ⅷ 細胞外および細胞内情報伝達の生化学

40 生体膜:構造と機能

41 内分泌系の多様性

42 ホルモン作用とシグナル伝達

▪SECTION Ⅷ 問題

Ⅸ 特論(A)

43 栄養,消化,および吸収

44 微量栄養素:ビタミンとミネラル

45 フリーラジカルと抗酸化栄養素

46 糖タンパク質

47 生体異物の代謝

48 臨床生化学

▪SECTION Ⅸ 問題

Ⅹ 特論(B)

49 細胞内におけるタンパク質の輸送と選別

50 細胞外マトリックス

51 筋肉と細胞骨格

52 血漿タンパク質と免疫グロブリン

53 赤血球

54 白血球

▪SECTION Ⅹ 問題

Ⅺ 特論(C)

55 止血と血栓症

56 がん:概観

57 生化学的症例検討

58 老化の生化学

▪SECTION Ⅺ 問題


SECTION 末問題の解答

事項索引

病名索引

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:111.5MB以上(インストール時:265.2MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:188.0MB以上(インストール時:469.9MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません