• M2PLUS
  • 実験医学2016年9月号 発がん 遺伝子変異+αの真実に迫る

実験医学2016年9月号 発がん 遺伝子変異+αの真実に迫る

大島 正伸 (企画)

羊土社

  • ISBN : 9784758101554
  • ページ数 : 165頁
  • 書籍発行日 : 2016年8月
  • 電子版発売日 : 2016年8月26日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥2,200 (税込)
ポイント : 120 pt (6%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

発がん研究の歴史と最新理解が詰まった総力特集!微小環境や不均一性、エピジェネティクス変異など,遺伝子変異と生体の発がんを抑えようとする機構との狭間で生じる複雑な発がんメカニズムを紐解きます.

■ 目次

【特集】発がん 遺伝子変異+αの真実に迫る

概論 遺伝子変異に起因する発がんの複雑性と多様性

大規模ゲノムデータとDNA付加体解析から明らかにされる発がん要因

オルガノイド培養における大腸発がん過程の再構成

発がん・悪性化を制御するゲノム変異

転写因子による上皮間葉転換の制御とがん幹細胞

発がん微小環境の生体顕微鏡イメージング

遺伝子変異と微小環境の相互作用による発がん

発がんにおける細胞老化と腸内細菌の影響

連載

Next Tech Review

がんイメージング研究up-to-date

生体光イメージング研究

生体深部の光学イメージングの新展開

Update Review

新しい創薬標的としての脂質メディエーター分泌輸送体

カレントトピックス

動物が優劣を決める闘いでいつ降参するかを制御する2つの神経回路

フォークヘッド転写因子FoxCはMAPキナーゼ活性の調節を介してリンパ管形成を制御する

脊髄損傷後の自律神経回路の再編成による免疫機能低下のメカニズム

Cdk1によるApc3,Apc1のリン酸化によってAPC/Cユビキチンリガーゼは活性化される

線虫の温度受容体としてのグアニル酸シクラーゼ

News&Hot Paper Digest

抗体は敵?味方?ジカウイルス感染防御における抗ジカウイルス抗体の意義

息の長い静注型マラリアワクチン

迷える神経に光を!迷走感覚神経の光遺伝学的解析

細胞質側が手綱を引くミトコンドリア・細胞質間の翻訳同調

フェーズⅠ試験から承認に至る成功率は?

クローズアップ実験法

SLiCE法―精製酵素をいっさい使わない"超低コスト"シームレスクローニング

いま、がんのクリニカルシークエンスがおもしろい!

ctDNAによる薬剤耐性遺伝子検出と次治療決定における有用性

私の実験動物、個性派です!

模倣とコミュニケーションの研究―モデル動物としてのセキセイインコ

食品に秘められたサイエンス

レドックスバイオロジーから見た食品と生体防御反応

ラボレポート ―留学編―

縁が結んだシカゴ留学― Department of Medicine, Northwestern University

Opinion ―研究の現場から

藻類でエネルギーをつくる!

Quiz実験医学からの挑戦状

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:40.0MB以上(インストール時:86.9MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:36.0MB以上(インストール時:90.1MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません