• M2PLUS
  • 教えて!ICU 集中治療に強くなる

教えて!ICU 集中治療に強くなる

  • ISBN : 9784758117319
  • ページ数 : 239頁
  • 書籍発行日 : 2013年2月
  • 電子版発売日 : 2013年11月1日
  • 判 : A5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥4,180 (税込)
ポイント : 76 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

現場の疑問をやさしく解説!ICU診療のツボがわかる入門書

教科書に載っていない、でも現場で困ることをカンファレンス形式でやさしく解説!鎮静薬の選択、ARDSの呼吸管理、経腸栄養の始め方などICU診療のツボがわかる入門書。最新知見などICUのホットな話題も満載。

■教えて!ICU 集中治療に強くなる  Part2 / Part3

■ 序文

はじめに

患者さんの病態は複雑で,ラインがたくさんつながっている,モニターアラームも24 時間鳴り止むことがない「ICU」という院内でも特殊でフシギな場所.そのICU で日々奮闘している「集中治療医(Intensivist)」ってなんだかかっこいいと思っているあなた.そんなあなたに少しでも集中治療の一歩を踏み出してもらうため,ICU でも一般病棟でも役に立つ知識を埼玉県は彩の国ICU(さいたま赤十字病院 救命救急センター)よりお届けします.

当センター(救急医学科)は救急科専門医指定施設であるとともに,集中治療専門医研修施設でもあります.救命救急センター併設のclosed ICU で,3次救急外来で初療後に,同じメンバーで集中治療管理も継続して行います.

普段は夕方18 時頃になるとレジデントや研修医が集まって,ICU 患者の翌日の指示出しのために,朝カンファレンスとは別に夕カンファが始まります.朝カンファで決まり,その日に施行した処置や検査,全身状態についてディスカッションします.ホットラインが鳴るとカンファを中断して救急外来に行くため,場合によっては指示出しが24 時をまわってしまうこともあります.いつもは仲のよい仲間ですが,このときはチーフレジデントなどが中心となって,徹底的に議論をします.本書では,この夕カンファの形式をとりながら,ICU で研修医が必ずぶつかる疑問について解説しています.

集中治療領域に関するエビデンスなどが載ったすばらしい教科書は散見されますが,実はICU での医療はまだわかっていないことばかりです.本書の執筆にあたっては「教科書に載っていない,でも日頃気になっているアレ」をテーマにして,かゆい所にも手が届くように心がけました.いまだに結論が出ていないことも多いですが,治療を進めるためには誰かがmaking decision をしなければなりません.そのためにも皆でカンファをくり返して,議論することが必要なのです.この議論をふまえての決断力・実行力の高さが私たちのstrong point の1つです.本書でそうした議論の一端も知っていただければ幸いです.

本書は雑誌「レジデントノート」での連載に加えて,伝えきれなかった項目や新しい項目を大幅に追記してボリュームアップしています.本書を手にとって,レジでお金をちゃんと払い,日頃の忙しい合間にちょっとだけ読んで,少しだけでもお役に立てていただけたら著者としては幸いです.また,ほかの人にも勧めていただけたらもっと幸いです.

最後に執筆の機会を与えてくださり,終始励ましのお言葉をいただいた羊土社編集部の保坂早苗氏,小野寺真紀氏ならびにスタッフの皆様に心よりお礼申し上げます.


2013年1月
ICU 横の医局にて当直明けの朝日を眺めながら

さいたま赤十字病院 救命救急センター・救急医学科

早川 桂,清水敬樹

■ 目次

第1章 教えて!意識・鎮静

1. 鎮静薬の考え方

2. 心停止後患者と神経学的予後

第2章 教えて!呼吸

1. 気管切開術のタイミング

2. 分離肺換気を用いた治療

3. ECMOやHFOVを用いたARDSの治療

第3章 教えて!循環

1. pHが低いと昇圧薬は効きにくい?

2. ScvO2からみる循環管理

3. 血小板減少に対するPC投与

4. 赤血球濃厚液の使い方

第4章 教えて!感染・内分泌・腎・栄養

1. 抗菌薬耐性菌とその対策

2. ステロイドカバー

3. 急性腎傷害を起こす前に横紋筋融解症を治療する

4. 経腸栄養と腸蠕動運動低下への対策

第5章 教えて!その他(外傷・手技など)

1. 中心静脈カテーテルの先端の位置

2. 外傷性脾損傷の治療戦略

3. 外傷後のADL

4. 災害時のICU

5. ICUとメンタルケア

6. 集中治療医・ICUとは

column

当直中のいびき

スマホの発展

炭酸水を飲んでいますが何か

指導とは?

医療3本柱の原則

カンファレンスにおける集団思考

さまざまな研修医

あの看護師のことが好き

過誤をなくすために航空業界から学ぶこと学会で本買いますか?

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:18.4MB以上(インストール時:40.0MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:23.5MB以上(インストール時:58.7MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません