• M2PLUS
  • せん妄診療実践マニュアル

せん妄診療実践マニュアル

  • ISBN : 9784758118620
  • ページ数 : 197頁
  • 書籍発行日 : 2019年10月
  • 電子版発売日 : 2019年10月16日
  • 判 : B6変型
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥3,630 (税込)
ポイント : 66 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

せん妄診療で,やるべきこと,気をつけるべきことを,現場に即して具体的に解説.診療フローに沿った構成と,情報やポイントをまとめた豊富な図表で,知りたいことがすぐわかる.薬剤の処方例,使い分けも多数掲載!

■ 序文

はじめに

多くの医療現場では,せん妄対策が急務となっています.かつてせん妄は,発症後の対策に重点が置かれていたように思います.近年は高齢患者の増加などによってせん妄の発症が加速度的に増えており,せん妄対策における医療者の関心は確実に 「予防」 にシフトしています.

せん妄の予防は,大きく一次予防(せん妄の発症を防ぐ)と二次予防(せん妄を早期に発見する)の2つに分けられます.実践的・効果的な予防対策を行うためには,対策内容を3因子(「準備因子」「直接因子」「促進因子」)ごとに分類し,時系列に沿って理解しておくことが有用です.また,せん妄は多要因が複雑に絡み合って発症することから,できるだけ多職種でかかわることがポイントになります.そのためにも,医療スタッフ全体の知識の底上げが必要です.

これらのことから,①予防,②3因子,③時系列,④多職種介入,⑤スタッフ教育の5つがせん妄対策のキーワードと考えられます.

本書は,この5つのキーワードを特に意識して,医師やメディカルスタッフのためにまとめた超実践的マニュアルです.基礎編では,必ず知っておきたいせん妄の基礎的な知識,および標準的なせん妄対策の流れを具体的に解説し,実践編ではシチュエーションごとにやるべきことがすぐに確認できるように工夫をしました.いずれも図表を豊富に取り入れ,時系列に沿った内容になっています.ぜひ実臨床にお役立てください.


2019年9月

井上 真一郎

■ 目次

基礎編

1章 せん妄対策の予備知識

 ①せん妄対策とは

 ②「せん妄」とは

 ③「せん妄の3因子」について

 ④せん妄対策は「リスクの引き算」と考える

2章 他の疾患との鑑別〜まずせん妄の可能性を考えること!

 ①認知症との鑑別ー見分け方と対応

 ②うつ病との鑑別ー見分け方と対応

 ③アカシジア,レストレスレッグスとの鑑別ー見分け方と対応

3章 せん妄に対する予防的介入

STEP1 準備因子で患者のせん妄リスクを評価する

 ①高齢

 ②認知症

 ③脳器質性疾患の既往(脳梗塞,脳出血,頭部外傷など)

 ④せん妄の既往

 ⑤アルコール多飲

STEP2 せん妄ハイリスクの場合は医療者および患者・家族で共有する

STEP3 入院時におけるせん妄発症リスクの低減

 ①内服中のせん妄ハイリスク薬を減量・中止する

 ②不眠時指示をベンゾジアゼピン受容体作動薬以外で出すようにする

 ③環境調整/コミュニケーション

STEP4 入院後におけるせん妄発症リスクの低減

 ①身体管理を行う

 ②ハイリスク薬の使用回避

 ③環境調整/コミュニケーション

 ④評価

4章 せん妄に対する治療的介入

 1.原因療法

 ①原疾患の精査・治療,原因薬剤の中止

 ②特に注意すべき直接因子

 ③低活動型せん妄

 2.薬物療法

 ①薬剤を選択する

 ②用量を決める

 ③投与時間を決める

 ④評価する

 ⑤処方内容を再調整する

 3.非薬物療法

 ①意識障害・注意障害を考慮した対応

 ②急性発症・日内変動を考慮した対応

 ③記憶障害/見当識障害/視空間認知障害/幻覚を考慮した対応

 ④睡眠・覚醒リズム障害を考慮した対応

 ⑤感情の障害を考慮した対応

 ⑥その他

 4.せん妄への対応で留意するべきこと

実践編

1章 術後せん妄

 はじめに

STEP1 準備因子で患者の術後せん妄リスクを評価する

STEP2 術後せん妄ハイリスクの場合は医療者および患者・家族で共有する

STEP3 術前におけるせん妄発症リスクの低減

 ①内服中のせん妄ハイリスク薬を減量・中止する

 ②不眠時指示をベンゾジアゼピン受容体作動薬以外で出すようにする

 ③環境調整/コミュニケーション

STEP4 術後におけるせん妄発症リスクの低減

 ①身体管理を行う

 ②ハイリスク薬の使用回避

 ③環境調整/コミュニケーション

 ④評価

 術後せん妄に対する治療的介入

 ①薬物療法

 ②非薬物療法(促進因子の除去)

2章 アルコール離脱せん妄

 はじめに

STEP1 準備因子で患者のアルコール離脱せん妄のリスクを評価する

STEP2 アルコール離脱せん妄ハイリスクの場合は医療者および患者・家族で共有する

STEP3-① アルコール離脱せん妄以外のせん妄を防ぐ

 ①身体疾患の治療/合併症の精査・治療

 ②ハイリスク薬の使用回避

STEP3-② アルコール離脱せん妄を防ぐ

 ①ビタミンの補充

 ②予防的薬物治療

 アルコール離脱せん妄に対する治療的介入

3章 緩和医療におけるせん妄

 はじめに

STEP1~4 緩和医療におけるせん妄に対する予防的介入

 緩和医療におけるせん妄に対する治療的介入

 ①可逆性・不可逆性の評価について

 ②可逆性せん妄

 ③不可逆性せん妄

 付録 薬剤リスト

 索引

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:9.5MB以上(インストール時:22.4MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:24.5MB以上(インストール時:51.6MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません