• M2PLUS
  • Key所見からよむ肝胆膵脾の画像診断 胆膵脾編

Key所見からよむ肝胆膵脾の画像診断 胆膵脾編

  • ISBN : 9784758315920
  • ページ数 : 288頁
  • 書籍発行日 : 2016年3月
  • 電子版発売日 : 2018年6月8日
  • 判 : B5変型
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥7,700 (税込)
ポイント : 140 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

熟練医師からの「所見を読みこなすヒント・技」が満載の画像診断の教科書 <胆膵脾編>

肝胆膵脾の画像診断でKeyとなる特徴的所見を網羅し,所見から鑑別診断にアプローチできる構成かつ,熟練医師からの「所見を読みこなすヒント」が満載なテキストの肝臓編!消化器内科・外科など,画像所見の読み方を学びたいという他科の医師にもご活用いただけます!

Key所見からよむ肝胆膵脾の画像診断 肝臓編

■ 序文

編集の序

約2年前,この教科書のお話を村上卓道先生から初めて頂いた際,日本版のGamutsを作ろう,というコンセプトに,編集の赤羽正章先生,兼松雅之先生,鶴﨑正勝先生らと共に大いに盛り上がったことを思い出す。所見から鑑別診断をあげ最終診断へ絞り込んでいく,という作業は我々放射線科医が日常診療で行っていることでありながら,それを体系的に示した日本語の教科書はまれであり,その必要性を編集者全員が感じていたからである。基幹となる本書のフォーマットのアイデアは兼松雅之先生が出され,それに皆が思いつくことを次々と勝手に付け足していって,初回のミーテイングは終わったと記憶している。しかしながら具体的に話しが進むにつれ,次々と課題が明らかになり,編集会議はいつも肝臓から始まって,胆膵脾は時間切れ,というパターンが続いた。「本当に出版できるのか」,と不安になったのは私だけではないと思う。何とかkey所見を揃えて,各分野の第一線でご活躍されている執筆の先生方にお願いできる運びになった段階でも,我々の不手際で意図するところがうまく伝わらず,執筆者の先生方には大変ご迷惑をおかけすることとなった。この場をかりてお詫びと御礼を申し上げたい。

さらには,このように種々の困難に際して,幾度となく投げ出してしまいたくなる我々の心を見透かしたように,メジカルビュー社担当の中澤 恵氏には忍耐強くかつ丁寧な対応をして頂いた。本書がなんとか出版にたどり着くことが出来たのも氏のおかげが大きい,と感謝している次第である。

なにはともあれ,本書が出版の運びにたどり着けたことはこの上ない喜びであり,執筆の先生方に深謝するとともに本書がひとりでも多くの若手学習者のお役に立つことを願いつつ序とさせて頂きたいと思う。


2016年2月

福岡大学医学部 放射線医学教室主任教授 吉満 研吾
近畿大学医学部 放射線医学教室放射線診断学部門准教授 鶴﨑 正勝
NTT東日本関東病院 放射線部部長 赤羽 正章
岐阜県総合医療センター 消化器画像診断センター部長 兼松 雅之

■ 目次

胆嚢・胆管

Key No.1 胆嚢壁の肥厚

所見パレット/胆嚢壁の肥厚を呈する疾患

Key No.2 胆管壁の肥厚

所見パレット/胆管壁の肥厚を呈する疾患

Key No.3 胆嚢・胆管における脂肪層の不鮮明化

所見パレット/胆嚢・胆管における脂肪層の不鮮明化を呈する疾患

Key No.4 胆管狭窄または閉塞

所見パレット/胆管狭窄または閉塞を呈する疾患

Key No.5 胆管拡張

所見パレット/胆管拡張を呈する疾患

Key No.6 胆嚢床部の異常陰影

所見パレット/胆嚢床部の異常陰影を呈する疾患

Key No.7 胆嚢のくびれ

所見パレット/胆嚢のくびれを呈する疾患

Key No.8 胆嚢の位置異常

所見パレット/胆嚢の位置異常を呈する疾患

Key No.9 胆嚢内膜の断裂・不連続性

所見パレット/胆嚢内膜の断裂・不連続性を呈する疾患

Key No.10 単純CT 胆嚢内の低・等吸収結節

所見パレット/胆嚢内の低・等吸収結節を呈する疾患

Key No.11 単純CT 胆嚢内の高吸収

所見パレット/胆嚢内の高吸収を呈する疾患

Key No.12 単純CT 胆管内の高吸収

所見パレット/胆管内の高吸収を呈する疾患

Key No.13 単純CT 胆嚢壁の高吸収

所見パレット/胆嚢壁の高吸収を呈する疾患

Key No.14 単純CT 胆嚢壁の低吸収

所見パレット/胆嚢壁の低吸収を呈する疾患

Key No.15 MRI T1強調像 胆嚢・胆管内の高信号

所見パレット/胆嚢・胆管内に高信号を呈する疾患

Key No.16 MRI T2強調像 胆嚢・胆管内の低信号

所見パレット/胆嚢・胆管内に低信号を呈する疾患

膵臓

Key No.1 膵腫大

所見パレット/膵腫大を呈する疾患

Key No.2 膵萎縮

所見パレット/膵萎縮を呈する疾患

Key No.3 膵管走行異常

所見パレット/膵管走行異常を呈する疾患

Key No.4 膵管拡張

所見パレット/膵管拡張を呈する疾患

Key No.5 膵管狭窄

所見パレット/膵管狭窄を呈する疾患

Key No.6 嚢胞性

所見パレット/嚢胞性を呈する疾患

Key No.7 充実性

所見パレット/充実性を呈する疾患

Key No.8 膵内石灰化

所見パレット/膵内石灰化を呈する疾患

Key No.9 石灰含有腫瘤

所見パレット/石灰含有腫瘤を呈する疾患

Key No.10 多発性膵腫瘤

所見パレット/多発性膵腫瘤を呈する疾患

Key No.11 主膵管内や静脈内の腫瘍栓

所見パレット/主膵管内や静脈内の腫瘍栓を呈する疾患

Key No.12 膵周囲脂肪濃度上昇

所見パレット/膵周囲脂肪濃度上昇を呈する疾患

Key No.13 単純CT 高吸収

所見パレット/高吸収を呈する疾患

Key No.14 単純CT 低吸収(脂肪沈着含む)

所見パレット/低吸収(脂肪沈着含む)を呈する疾患

Key No.15 造影CT 多血性腫瘤

所見パレット/多血性腫瘤を呈する疾患

Key No.16 造影CT 乏血性腫瘤

所見パレット/乏血性腫瘤を呈する疾患

Key No.17 MRI T1強調像 高信号結節

所見パレット/高信号結節を呈する疾患

脾臓

Key No.1 脾腫

所見パレット/脾腫を呈する疾患

Key No.2 形態異常(多脾,無脾,萎縮)

所見パレット/形態異常(多脾,無脾,萎縮)を呈する疾患

Key No.3 石灰化(高吸収)

所見パレット/石灰化(高吸収)を呈する疾患

Key No.4 嚢胞性脾腫瘤

所見パレット/嚢胞性脾腫瘤を呈する疾患

Key No.5 多発性脾腫瘤

所見パレット/多発性脾腫瘤を呈する疾患

Key No.6 造影CT 限局性高吸収

所見パレット/限局性高吸収を呈する疾患

Key No.7 造影CT 低吸収(円形)

所見パレット/低吸収(円形〜類円形)を呈する疾患

Key No.8 造影CT 部分的低吸収(くさび状など)

所見パレット/部分的低吸収(くさび状など)を呈する疾患

Key No.9 MRI T2強調像 低信号

所見パレット/低信号を呈する疾患

Key No.10 MRI T2強調像 高信号

所見パレット/高信号を呈する疾患

Key No.11 MRI T2強調像 びまん性低信号

所見パレット/びまん性低信号を呈する疾患



疾患別索引[日本語/英語/略語/所見解説 掲載頁 一覧]

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:40.9MB以上(インストール時:88.9MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:88.3MB以上(インストール時:220.8MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません