新 執刀医のためのサージカルテクニック 下肢

  • ISBN : 9784758318617
  • ページ数 : 280頁
  • 書籍発行日 : 2018年9月
  • 電子版発売日 : 2019年3月15日
  • 判 : B5変型
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥15,400 (税込)
ポイント : 280 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

下肢手術の基本的な手技について,手術の流れとペース配分が理解しやすいように,手術を「起承転結」の4段階に分けて解説している。特に執刀医になりたての整形外科医が経験することが多い疾患について,観血的整復固定術(ORIF),鏡視下手術,靱帯再建術,人工関節置換術など,オールカラーの紙面に豊富なイラストでわかりやすく紹介。各項目では,臨床の最前線で活躍している医師が実際に経験して得た知識を,「アドバイス」や「ピットフォール」として随所に掲載している。執刀医となったその日から即役立つ,必携の一冊!

■新 執刀医のためのサージカルテクニック
執刀医の視点に立った記述で,執刀医となった医師のためのアドバイスが豊富に散りばめられた手術書!
脊椎

■ 序文

初版の『執刀医のためのサージカルテクニック 下肢』は2005年3月1日に出版されました。その後13年の経過とともに,医学は進化を遂げました。股関節においてはFAIという新しい疾患概念も生まれ,鏡視下手術もある程度の統一した見解が得られるようになりました。大腿骨骨切り術は激減し,もはやTHAが主流となっています。THAでは機種やデザインの改良の変遷だけではなく,側方アプローチや前方アプローチなど手術手技も大きく進歩し,長期成績も大幅に安定してきました。

転子部骨折もCHSが主流であったものが,今や若い整形外科の先生はcephalomedullarynailの経験しかない時代です。ACL再建でもdouble bundleが主流になっています。TKAでは可動域不良から過去に消滅したACL,PCLを温存するBCRが再登場してきました。

このような時代の変化に対応するために,本書の改訂版が望まれました。改訂版では下肢で頻度が高い疾患について,その分野において経験豊富でご高名な先生にご執筆していただきました。

本書は初版と同様に,手術の初心者や若い整形外科医が執刀医となったその日より役立つようにという目的で企画された「独自の手術書」であります。文字数は必要最低限とし,図,イラストを豊富に挿入し,絵本のように見ただけで手術のイメージが湧きあがるのが第一の特徴です。手術の適応病態から始まり,術前シミュレーション,術前準備,手術体位,手術手技と,手術の一連の流れが一目でわかるようにフローチャートで示されています。手術手技においてはその流れを起承転結に分けて解説することにより,場面ごとのポイントが容易に理解できます。

最大の特徴は,アドバイスやピットフォールが豊富に盛り込まれており,現場に即した生きた手術書であるという点です。経験豊富な先生方が若い整形外科医に伝授したいテクニック,術中トラブルの回避法,手術のポイント,解剖学的ポイントなどが詳細に表現されており,見ているだけで実際に手術を行っているような錯覚さえ感じてしまう素晴らしい手術書と自負しております。

本書が若い整形外科医の手術の手助けとなり,成功に導かれるのであれば,結果として手術を受ける患者にとってこの上なく有益となります。そうなることが本書を執筆していただいた諸先生方と本書を企画した編者の未曾有の喜びであります。

2018年9月

日本大学医学部整形外科学系整形外科学分野准教授
齋藤 修

■ 目次

執刀医の心得

股関節後方脱臼骨折(後壁骨折)に対するORIF

起 皮切~寛骨臼後面の露出

承 後壁骨片の翻転と関節内洗浄~Marginal impactionへの対応

転 後壁骨折の整復と固定~全体のバットレスプレート固定

結 骨切り部と小外旋筋群の修復~創閉鎖

FAIに対する股関節鏡視下手術

起 ポータルの設置~関節包切開

承 鏡視とプロービングによる病変部の確認

転 Pincer病変のrim triming~Cam病変のosteoplasty

結 関節包縫合~創閉鎖

人工股関節全置換術(THA):後方アプローチ セメントレス

起 皮切~脱臼・大腿骨頸部骨切り

承 臼蓋の処置・臼蓋インプラントの設置~大腿骨の処置

転 トライアル・脱臼肢位の確認~ライナー・大腿骨インプラント設置

結 関節包・短外旋筋群の縫合~閉創

大腿骨頚部骨折に対する人工骨頭置換術・後方アプローチ

起 皮切~展開

承 頚部骨切り~寛骨臼の確認

転 ラスピング~トライアルによる試整復

結 ステム挿入~創閉鎖

大腿骨頚部骨折(不安定型)に対するTwin Hookを用いたORIF

起 皮切~展開

承 整復~仮固定

転 ガイドピン刺入~ピン&バレル孔作製

結 内固定~X線透視チェック

大腿骨転子部骨折に対するshort femoral nail法

起 皮切~エントリーポイントの決定

承 ネイル挿入~直接的整復操作

転 ラグスクリューの設置~コンプレッション操作

結 横止めスクリュー~創閉鎖

大腿骨転子部骨折に対するcephalomedullary long nail法

起 牽引による整復~整復

承 ガイドピン挿入・ネイル挿入点の作製~ガイドロッド挿入・リーミング

転 ネイル挿入~ラグスクリューもしくはブレードの挿入

結 遠位横止め~創閉鎖

大腿骨ステム周囲骨折に対するORIF

起 皮切~展開

承 骨折の整復,仮固定

転 プレートの設置~プレートの固定

結 創閉鎖

膝蓋骨骨折に対するORIF

起 皮切~展開

承 整復

転 2part骨折~膝蓋骨下極骨折に対する手技

結 創閉鎖

脛骨高原骨折に対するORIF

起 皮切

承 関節包の切開

転 陥没骨折の整復

結 内固定~創閉鎖

ハムストリングを用いた解剖学的二重束前十字靱帯再建術

起 ポータル作製~関節内の鏡視

承 グラフト採取~脛骨側のドリリング

転 グラフト挿入

結 脛骨側固定~ドレーン留置・閉創

高位脛骨骨切り術(HTO)・Opening wedge HTO

起 皮切~骨膜下剥離

承 骨切りラインの決定~骨切り

転 骨切り部の開大~人工骨の挿入

結 プレート固定~創閉鎖

人工膝関節全置換術(TKA)

起 下肢ランドマーク~顆間部郭清

承 大腿骨遠位骨切り~伸展・屈曲ギャップの評価

転 大腿骨前方・後顆骨切り~トライアル・アライメントチェック

結 コンポーネントの設置~創閉鎖

人工膝関節単顆置換術(UKA)

起 皮切~関節の展開

承 脛骨の骨切りガイド設置~骨切りの評価

転 大腿骨遠位骨切り~大腿骨後顆骨切り

結 試験整復~創閉鎖

Pilon骨折に対するORIF

起 緊急手術

承 根治的手術の術前計画

転 根治的手術

結 創閉鎖

髄内釘を用いた距骨体部切除併用足関節固定術

起 皮切~腓骨の骨切り

承 距骨の骨切りおよび距骨体部切除~アキレス腱切離

転 髄内釘固定~腓骨の整復および固定

結 骨移植~創閉鎖

人工足関節置換術(TAA)

起 皮切~長母趾伸筋と前脛骨筋の展開

承 骨切り

転 インプラントの設置

結 創閉鎖

距骨骨軟骨損傷に対する骨髄刺激法

起 ポータルの作製

承 関節内の鏡視

転 病変の掻爬

結 軟骨下骨の穿孔~創閉鎖

踵骨骨折に対する外側横皮切による整復固定術

起 皮切~展開

承 整復

転 内固定

結 ドレーン留置~創閉鎖

アキレス腱断裂に対する強固な腱縫合術

起 皮切

承 下腿筋膜下の展開

転 アキレス腱縫合

結 下腿筋膜の縫合と創閉鎖


索引

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:27.2MB以上(インストール時:58.3MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:63.6MB以上(インストール時:129.9MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません