• M2PLUS
  • 循環器大規模臨床試験要約集 2018年版

循環器大規模臨床試験要約集 2018年版

小室 一成 山崎 力 (監修) / 森田 啓行 (編集主幹) / 細谷 弓子 網谷 英介 (編集)

メディカルレビュー社

  • ISBN : 9784779221989
  • ページ数 : 88頁
  • 書籍発行日 : 2019年4月
  • 電子版発売日 : 2019年7月17日
  • 判 : A4判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥2,750 (税込)
ポイント : 50 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

循環器領域における注目すべき臨床試験の要点をまとめた一冊!

毎年,循環器疾患に関しては非常に多くの大規模臨床試験が行われ,「New England Journal of Medicine」誌や「Lancet」誌などの一流誌に多くの論文が掲載される。本誌は、その興味深い試験発表から一部を紹介。虚血性心疾患や不整脈、心不全、脳卒中などの循環器領域における重要な臨床試験を要約している。

■ 序文

毎年,循環器疾患に関しては非常に多くの大規模臨床試験が行われ,「NewEngland Journal of Medicine」誌や「Lancet」誌などの一流誌に多くの論文が掲載されるが,今回も興味深い試験の発表が多かった。そのうちの一部を紹介する。

虚血性心疾患に関する臨床試験では生体吸収性ステントに関する試験に注目が集まっている。2017年のAIDA試験では生体吸収性ステントのほうが金属性ステントより有用性が低く,ステント血栓症の発生率が高かったが,2018年のDESSOLVEⅢではシロリムス溶出生分解性ステントはエベロリムス溶出ステントに対して非劣性であった。不整脈の臨床試験としては,やはり心房細動(AF)に関するものが多かった。AFと心不全は密接な関係にあることはよく知られているが,AF患者のなかに左室の収縮機能が低下する人としない人がいる理由についてはわからないことも多い。CAMERA-MRIでは,AF以外に説明のつかない左室収縮不全を有する患者を対象に,カテーテルアブレーションによる洞調律回復と薬物療法によるレートコントロールを比較したところ,左室駆出率(LVEF)はカテーテルアブレーションによる洞調律回復群のほうが有意に改善した。わが国でも2019年よりデバイスを用いた左心耳閉鎖術(LAAC)がはじまる予定であるが,PROTECT AF/PREVAILのサブ解析では,非弁膜症性AF患者の脳卒中予防について,デバイスを用いたLAACとワルファリンを比較した2試験のメタアナリシスで,脳卒中,全身性塞栓症,心血管死亡の複合発生率は同程度であった。未診断のAF患者をどのようにみつけるかは長年の大きな課題であるが,REHEARSE-AFではAFの診断のないCHADS-VAScスコア2以上の65歳超の患者において,スマートフォン/タブレットと接続した携帯型心電図モニター(iECG)を用いた週2回のモニタリングにより,1年で一般医による通常の経過観察の約4倍のAFが検出された。わが国でも心不全患者に対する植え込み型除細動器(ICD)の植え込みが増加しているが,DANISHのサブ解析では全死因死亡に対するICDの有益性は高齢になるほど低下し,有意な有益性が認められるのは70歳までであった。

重要な臨床試験を要約した本誌を日々の臨床に利活用いただければ幸いである。


東京大学大学院医学系研究科循環器内科学 教授
小室 一成

■ 目次

虚血性心疾患

・CONTRAST(CONTRASTのサブ解析)

・DESSOLVE Ⅲ

・FAME2(FAME2のサブ解析)

・High-STEACS(High-STEACSのサブ解析)

・IMPROVE-IT(IMPROVE-ITのサブ解析)

・IMPROVE-IT(IMPROVE-ITのサブ解析)

・SENIOR

・SMART-DATE

・Surgical Versus Percutaneous Coronary Revascularization in Patients With Diabetes and Acute Coronary Syndromes


―メタアナリシス―

・Determinants of Long-Term Clinical Outcomes in Patients With Angina but Without Obstructive Coronary Artery Disease:A Systematic Review and Meta-Analysis

・Validating Utility of Dual Antiplatelet Therapy Score in a Large Pooled Cohort From 3 Japanese Percutaneous Coronary Intervention Studies

弁膜症

・STS/ACC TVT Registry(STS/ACC TVT Registryのサブ解析)

不整脈

・ARISTOTLE(ARISTOTLEのサブ解析)

・CAMERA-MRI

・PROTECT AF/PREVAIL(PROTECT AF/PREVAILのサブ解析)

・RE-DUAL PCI

・REHEARSE-AF

心不全

・DANISH(DANISHのサブ解析)

・RELAX-AHF(RELAX-AHFのサブ解析)

・REMOTE-HF(REMOTE-HFのサブ解析)

・TRIUMPH

脳卒中

・Gore REDUCE

・NAVIGATE ESUS

・TARDIS


―メタアナリシス―

・Device Closure Versus Medical Therapy Alone for Patent Foramen Ovale in Patients With Cryptogenic Stroke:A Systematic Review and Meta-analysis

大動脈疾患

・MA3RS

冠動脈疾患

・REAL-CAD


―メタアナリシス―

・Mortality After Coronary Artery Bypass Grafting Versus Percutaneous Coronary Intervention with Stenting for Coronary Artery Disease:A Pooled Analysis of Individual Patient Data

糖尿病

・EMPATHY

その他

・Atrial Fibrillation Burden in Young Patients with Congenital Heart Disease

・CANTOS

・POISE-2(POISE-2のサブ解析)

・PREDIMED(PREDIMEDのサブ解析)

・REVEAL

・Spanish Ambulatory Blood Pressure Registry(Spanish Ambulatory Blood Pressure Registryのサブ解析)

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:5.1MB以上(インストール時:12.1MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:18.8MB以上(インストール時:39.2MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません