日常診療に活かす診療ガイドラインUP-TO-DATE 2020-2021

  • ISBN : 9784779222535
  • ページ数 : 1050頁
  • 書籍発行日 : 2020年2月
  • 電子版発売日 : 2020年2月5日
  • 判 : A5変型
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥10,780 (税込)
ポイント : 686 pt (7%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

●2018-2019年版では過去最高の売上を記録し急成長を遂げた本書が今回も全面改訂

●日常診療で遭遇頻度の高い疾患・症候と厳選された専門疾患の19領域 176疾患を掲載

●診療ガイドラインの作成者・第一人者が、診療ガイドラインのエッセンスを簡潔明瞭に解説

●数ある診療ガイドラインを有機的に統合した実務的手引き。今の標準的治療を最短距離で把握できる一冊

●研修医や指導者、勤務医、開業医、薬剤師など標準的治療を必要とするすべての医療者への最適書

●必要な情報をすぐに取り出せる誌面構成:「アルゴリズム」「総説」「具体的処方」で診療内容を素早く理解。「What’s new」「アルゴリズム」「最近の話題」で全体像と最新動向をキャッチ。

●「具体的処方」では病型に応じた処方例とポイントなど、専門家の処方例を一目で把握。ここだけでも処方設計や処方意図の理解に役立つ充実した記載

■ 序文

近年,EBM普及推進事業Mindsによって診療ガイドライン作成マニュアルや評価体制が普及し,診療ガイドラインの体系化が急速に進んでいる。2019年12月時点でMindsウェブサイトでは250超の診療ガイドラインが時や場所を選ばず閲覧でき,非常に身近な存在になったと言える。しかし,予測不可能な患者の病態に対して診療ガイドラインの中から必要な情報を瞬時に引き出すことや,そのすべてを把握しておくことは容易ではない。

急速に増加する診療ガイドラインを主要な疾患・症候ごとにまとめ,それらに基づく標準的治療を,ガイドライン作成者をはじめとする第一人者が臨床知も加えて簡潔に解説する本書は,正に現状に即した企画であると言える。本書は2010年の刊行より2年に1度の改訂を続け,6度目となる今回は現在の診療現場に即した章立てと掲載項目へと見直しを行い,2年間で蓄積された最新情報への改訂を全面的に行った。

さらに,今回から診療ガイドライン以外にも診療現場で有益な情報をお届けする巻頭企画を追加した。毎回時宜に適したテーマを設定してゆくが,今回はノーベル賞受賞などでも注目を浴びる「革新的医薬品の登場と適正使用」とした。その効果や話題性の一方で,対象となる患者や施設の要件などを踏まえた適正使用も必須であり,是非,本企画を診療現場でのコミュニケーションに役立てていただきたい。診療ガイドラインとは,エビデンスに基づき大多数の患者に適切と考えられる標準的治療を提示すると同時に,患者と医療者が共同で意思を決定するshared decisionmaking(SDM)にも重要な役割を果たすものである。近年では診療ガイドライン作成に市民が参加する手法がとられていることからも,診療ガイドラインは医療者だけのものではない。

標準的治療はすべての患者の状況に当てはまるものではなく,それに医療者自身の経験や裁量に基づく判断を加え,患者と共同したSDMによって個々の患者に最善の診療を選択しなければならない。われわれ医療者は診療ガイドラインに基づく標準的治療を把握したうえで患者との対話に臨む必要があり,それこそが診療ガイドラインを真に"日常診療に活かす"ということである。そのために,その名を冠した本書が大いに活用されることを願ってやまない。


2019年12月

監修者一同

■ 目次

略語一覧

◆ 診療ガイドラインにおけるエビデンスレベル・推奨グレード

巻頭企画

革新的医薬品の登場と適正使用

総論

診療ガイドラインに関する基本知識

Ⅰ 感染症

1.インフルエンザ

2.敗血症

3.発熱性好中球減少症

4.性感染症

5.尿路感染症

6.HIV感染症

7.深在性真菌症

8.急性胆管炎・胆囊炎

9.感染性腸炎

10.MRSA感染症

Ⅱ 呼吸器疾患

1.咳嗽・喀痰

2.成人肺炎(市中肺炎,院内肺炎,医療・介護関連肺炎)

3.喘息

4.慢性閉塞性肺疾患

5.喘息とCOPDのオーバーラップ

6.禁煙

7.肺結核・非結核性抗酸菌症

8.肺癌

9.間質性肺炎(特発性・膠原病性・薬剤性)

10.睡眠時無呼吸症候群・肺胞低換気

11.急性呼吸窮迫症候群

Ⅲ 循環器疾患

1.失神

2.高血圧

3.狭心症

4.心筋梗塞

5.心不全

6.心筋症

7.感染性心内膜炎

8.成人先天性心疾患

9.心疾患患者の妊娠・出産の適応,管理

10.心房細動

11.不整脈

12.肺高血圧症

13.肺血栓塞栓症・深部静脈血栓症

14.大動脈瘤・大動脈解離

15.下肢閉塞性動脈硬化症

Ⅳ 消化管疾患

1.急性腹症

2.胃食道逆流症

3.食道癌

4.H. pylori感染胃炎

5.機能性ディスペプシア

6.消化性潰瘍

7.胃癌

8.便秘

9.過敏性腸症候群

10.潰瘍性大腸炎

11.クローン病

12.大腸癌

13.痔疾患

14.大腸憩室症

15.抗血栓薬内服者に対する内視鏡診療

Ⅴ 肝・胆・膵疾患

1.B型慢性肝炎・B型肝硬変

2.C型慢性肝炎・C型肝硬変

3.非代償性肝硬変

4.急性肝不全・遅発性肝不全

5.非アルコール性脂肪肝炎

6.自己免疫性肝炎

7.原発性胆汁性胆管炎

8.肝癌

9.胆石症

10.急性膵炎

11.慢性膵炎

12.膵癌

Ⅵ 内分泌・代謝系疾患

1.糖尿病

2.脂質異常症

3.肥満症

4.高尿酸血症・痛風

5.甲状腺疾患

6.副腎疾患

7.骨粗鬆症

8.乳癌

Ⅶ 血液疾患

1.貧血

2.白血病

3.悪性リンパ腫

4.多発性骨髄腫

5.特発性血小板減少性紫斑病

6.播種性血管内凝固

7.先天性・後天性血友病,フォン・ヴィレブランド病

8.血栓性微小血管症

Ⅷ 脳神経疾患

1.頭痛・片頭痛

2.てんかん

3.パーキンソン病

4.認知症

5.脳卒中

6.多発性硬化症・視神経脊髄炎

7.単純ヘルペス脳炎

8.脊髄小脳変性症・多系統萎縮症

Ⅸ 精神疾患

1.不眠・睡眠障害

2.発達障害

3.うつ病・双極性障害

4.統合失調症

Ⅹ 運動器系疾患

1.腰椎椎間板ヘルニア

2.腰痛症

3.腰部脊柱管狭窄症

4.変形性膝関節症

5.変形性股関節症

6.凍結肩

7.大腿骨頚部/転子部骨折

8.スポーツ障害

9.軟部腫瘍

Ⅺ 膠原病・類縁疾患

1.関節リウマチ

2.全身性エリテマトーデス

3.サルコイドーシス

4.多発性筋炎・皮膚筋炎

5.全身性強皮症

6.シェーグレン症候群

7.ANCA関連血管炎

8.リウマチ性多発筋痛症

9.成人スティル病

10.IgG4関連疾患

Ⅻ 皮膚科疾患

1.アトピー性皮膚炎

2.蕁麻疹

3.足白癬

4.接触皮膚炎

5.皮膚瘙痒症

6.熱傷

7.薬疹

8.褥瘡

9.下肢静脈瘤・下肢潰瘍

10.単純ヘルペス・帯状疱疹

11.丹毒・蜂窩織炎

12.痤瘡

13.円形脱毛症

14.男性型脱毛症

15.疥癬

ⅩⅢ 眼科疾患

1.アレルギー性結膜疾患

2.ドライアイ

3.感染性角膜炎

4.ぶどう膜炎

5.白内障

6.緑内障

7.糖尿病網膜症

8.黄斑部疾患

ⅩⅣ 耳鼻咽喉科疾患

1.耳鳴・難聴

2.急性中耳炎

3.小児滲出性中耳炎

4.鼻アレルギー

5.鼻副鼻腔炎・ネブライザー療法

6.メニエール病・良性発作性頭位めまい症

7.嗅覚障害

8.嚥下障害

9.顔面神経麻痺

ⅩⅤ 腎・泌尿器疾患

1.慢性腎臓病

2.膀胱癌

3.前立腺肥大症

4.前立腺癌

5.尿失禁

6.尿路結石

7.勃起障害

8.血尿

ⅩⅥ 婦人科疾患

1.月経前症候群・月経困難症

2.子宮頸癌

3.子宮体癌

4.卵巣癌・腹膜癌

5.更年期障害・ホルモン補充療法

6.思春期・性成熟期・閉経後の不正性器出血

ⅩⅦ 小児科疾患

1.小児の市中肺炎

2.川崎病

3.食物アレルギー

4.小児喘息

5.熱性けいれん

6.小児けいれん重積

7.小児急性脳症

8.夜尿症

9.小児ネフローゼ症候群

10.小児便秘

ⅩⅧ がん患者

1.がん疼痛

2.がん治療に伴う悪心・嘔吐

3.がん免疫療法

4.骨転移

ⅩⅨ 高齢者

1.高齢者薬物療法

2.高齢者糖尿病

3.高齢者高血圧

4.高齢者脂質異常症

5.サルコペニア・フレイル

6.高齢者在宅医療・介護サービス

索引

事項索引

処方薬剤名索引

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:160.2MB以上(インストール時:355.2MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:160.2MB以上(インストール時:355.2MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません