• M2PLUS
  • 画像診断 2019年4月号(Vol.39 No.5)肺に淡い陰影が広がっていたらどう診断するか?

画像診断 2019年4月号(Vol.39 No.5)肺に淡い陰影が広がっていたらどう診断するか?

楠本 昌彦 (著編)

学研メディカル秀潤社

  • ISBN : 9784780905151
  • ページ数 : 134頁
  • 書籍発行日 : 2019年3月
  • 電子版発売日 : 2019年5月10日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥2,640 (税込)
ポイント : 48 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

胸部CTで肺に淡い陰影が広がっていたら,どのような病態を考えて診断,対応してくべきか? 淡い陰影の基本定義から,それぞれの病態からみた画像上で注目すべき点,さらにビギナーが陥りがちなピットフォールも含めて解説!
*都合により,紙版の誌面と異なり割愛される箇所があることがございます(p.454 図6は未収載となっております).

>『 画像診断』最新号・バックナンバー・増刊号はこちら

■ 序文

物事を完璧に理解できることは素晴らしい.しかし,すべてのことがすんなりと完璧に理解できるかといえば,そうではない場合もある.特に対象物が複雑でかつ曖昧なものが多い場合,細かい理解はもちろん,本筋となる事柄の理解も難しい場合がある.ましてや類似の事柄との区別識別は困難を極める.

肺に淡い陰影が広がっていたらどう診断するか?ここでいう淡い陰影とは,"もわっとした",あるいは"ふわっとした白っぽい影"が,肺にみられる状態を指す.多少濃くても,淡くても構わない.均一であっても,不均一であっても構わない.淡い陰影には,すりガラス影が含まれるが,必ずしもすりガラス影には限定しない.白っぽい影が大きく広がっていても,小さな淡い影がたくさんみられる場合も含まれる.言葉で表現することが難しい陰影もある.

このような陰影をみた時,放っておいていいのか,抗菌薬や抗生剤を投与するのがいいのか,ステロイドを投与すべきなのか,水を抜くのか,そんな道しるべを画像に求められることがある.その上で,この病態が治療に反応して元通りになることが期待できるのか,治療しても傷跡のようなものを残して安定した状態になることが予想されるのか,あるいは有効な治療が見込めず,もうどうしようもないのか示すことができれば,患者のマネージメントに役立つ.

淡い陰影の中には,すりガラス影が含まれるが,必ずしもすりガラス影には限定はしていない.すりガラス影の定義,成り立ち,代表的疾患については,冒頭の論文「すりガラス影の成り立ち」で解説いただいた.まず,これを理解するのが基本である.

各論では,間質性肺炎,急性感染症,アレルギー性肺疾患,循環障害,薬剤性肺障害,その他の病態に分類した.それぞれの病態からみた画像上の診断の重要な点,着目点について詳述いただいた.その上で,放射線診断医が知っておくべき臨床情報,患者の病態や症状,既往や環境などについても記載いただいた.これらを知っておくことで,依頼医から情報が得られない場合は,逆に放射線診断医側から問い合わせることもできる.さらに,診断上の鍵となる血液検査などの臨床検査情報についても記述いただき,病態の理解と診断への道筋とできるようにした.各病態間で重複して記載されている疾患もあるが,あえて病態からみた疾患の理解を深めることができるように,重複をも大切にしている.

最後に,その他の病態のところに,吸気不足のCT画像についても解説いただいた.吸気不足の画像を間質性肺炎などの病気と診断してはいけない.ビギナーが時に陥りやすい誤りのひとつであるが,病気でないのに診断医が病気を作ってはいけない.

「肺に淡い陰影が広がっていたらどう診断するか?」という点について,ビギナーや肺病変があまり得意ではない診断医にできる限り大筋で病態を理解してもらい,より深い理解につながっていくことを願っている.


楠本 昌彦

■ 目次

序説

すりガラス影の成り立ち

間質性肺炎から考えてみよう

急性感染症を考えなければならない所見

アレルギー性肺疾患を疑うとき

循環障害を考えてみるとき

薬剤性肺障害を疑うとき

その他の病態を考えるとき


[すとらびすむす]AI,放射線診断の救世主あるいは征服者

[画像診断と病理]縦隔奇形腫

[ここが知りたい!]画像診断2018年11月号特集「Precision Medicine 時代の肺癌の画像診断」

[新連載 画像診断 再入門]第1回 救急外来で見落としやすい骨折の画像診断-小児から高齢者まで-

[Picked-up Knowledge from Foreign Journals]子宮頸癌

[CASE OF THE MONTH]Case of April

[CASE OF THE MONTH]The Key to Case of February

[General Radiology診断演習]Where are you from?

[他科のエキスパートにお尋ねします-ここを教えていただけますか-]膵臓編

[Refresher Course]膵充実性腫瘍のCTおよびMRI


「画像診断」各賞受賞者発表 第24回 MVP賞,第15回 BIE賞

CASE OF THE MONTH 2018年成績優秀者発表

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:28.0MB以上(インストール時:59.0MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:47.1MB以上(インストール時:97.1MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません