• M2PLUS
  • プライマリ・ケアの現場で役立つ 一発診断100

プライマリ・ケアの現場で役立つ 一発診断100

  • ISBN : 9784830610141
  • ページ数 : 140頁
  • 書籍発行日 : 2011年9月
  • 電子版発売日 : 2019年6月26日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥5,060 (税込)
ポイント : 92 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

プライマリ・ケアの日常診療で大きな力を発揮する,一発診断を身につけよう!

日常よく遭遇する100のcaseとその一発診断を紹介. シンプルな記述とビジュアル構成で,診断のポイントが明快にわかる. 明日からの診療に活用できる,クリニカルパールの宝石箱とも言うべき一冊.

■関連書籍
「ぱっと診」でわかる! 小児の一発診断100
プライマリ・ケアの現場で役立つ もっと!一発診断100 診断の手がかりはここにある

■ 序文

はじめに

瞬時の判断は臨床医の重要な能力

日常臨床の診断過程において,私たちは,実は特に熟考することもなく,パターン認識で瞬時に診断していることが多いのではないでしょうか(少なくとも私はそうなのですが......汗).ところが,熟考しないで診断するなんて慎重さが足りない,とあたかも悪いことでもしているように思われてしまうので,パターン認識で瞬時に診断したことを胸を張って公言することは,あまり多くないように思います.しかし,果たして本当にパターン認識による診断はよくないことなのでしょうか?

最近の認知心理学的研究によれば,人は意識することなく瞬時に意思決定をしており,しかもその決定のほとんどは間違っていなかったということが明らかになってきています.G. Klein著「Sources of Power:How People Make Decisions」(邦訳:決断の法則:人はどのようにして意思決定するのか?)」の中で,火災現場で人命救助にあたる消防士の意思決定について,筆者は詳細な調査を実施し,プレッシャーの高い状況での判断のプロセスを明らかにしています.熟練した専門家である消防士は,「意思決定などしない.いくつかの候補を比較検討することもない」といいます.しかし,彼らは一様に的確な判断を下していました.ここでは,「認知的意思決定」とよばれるプロセスが明らかにされ,経験とメンタル・シミュレーション(想像力)の重要性が強調されています.

また,T. D. Wilson 著「Strangers to Ourselves: Discovering the Adaptive Unconscious(邦訳「自分を知り,自分を変える─適応的無意識の心理学」)では,「意識は氷山の一角というより,氷山の上の雪玉に近い.こころは高次の洗練された思考を無意識に委ねることによって,最も効率的に働く」として,一気に結論に達する脳の働きを「適応的無意識」と表現し,「環境を即座に,そして非選択的に評価し,明確化し,解釈し,行動を開始させる」という生存に有利に働く能力が進化的に選択されている,と解説しています.

最近話題になったM. Gladwell 著「Blink:The Power of Thinking WithoutThinking」(邦訳「第1感『最初の2秒』の『なんとなく』が正しい」)でも適応的無意識が取り上げられ,さまざまな状況や行動のパターンを,ごく断片的な観察から読み取って瞬間的かつ無意識のうちに認識する能力(輪切りの力"thin slices")について,いくつもの事例をあげて説得力のある説明がされています.さらに,G. Gigerenzer 著「GutFeelings:The Intelligence of the Unconscious」(邦訳「なぜ直感のほうが上手く行くのか?─『無意識の知性』が決めている」の中でも,直感の有用性とその意思決定の仕組みが丁寧に解説されています.この中では医療における直感の重要性も取り上げられており,"医療では少ないに越したことはない"として,「医師の直感は,誤解・敬遠される危険が付き物の複雑な手法のみならず,単純な経験則でも磨くことができる」有用なものであり,効率のよい医療にもつながるものであるとも述べられています.


かの有名なシャーロック・ホームズは,言わずと知れた名探偵です.探偵が事件を解決するのは,医師がわずかな手がかりから患者を診断するのに似ています.自身も医師であったコナン・ドイルは,シャーロック・ホームズにこう語らせます."長年の習慣から,思考の列車は素早く私の心を通り過ぎ,中間的なステップを意識することなく結論に到達するのである."


われわれ臨床医の診断の思考過程においても,瞬時に判断する力="一発診断(snapshot diagnosis)"は,もっと注目されてよさそうです.プライマリ・ケアの診療の中で展開される一発診断のおもしろさを楽しんでみましょう!


2011年9月吉日

宮田 靖志

■ 目次

はじめに

総論

そもそも一発診断って何だろう?-私にもできる?エキスパートの思考法-

各論

【1】病歴で一発診断

1 足が痛くて歩けないんです......

2 腕を動かさないんです......

3 2日前から頭が痛いんです......

4 ブチッと音がしてから歩けなくなったんです......

5 導尿の尿がだんだん赤くなっていくんです......

6 サバを食べたら蕁麻疹が出てきたんです......

7 真っ赤な便が出たんです......

8 突然胸が痛くなったんです......と10歳代の男児が

9 喉が痛いんですと女の子が......

10 咳がなかなか治らないんです......

11 左胸が痛いんです......

12 トイレで倒れたんです......

13 下顎が刺すように痛いんです......

14 足に発疹が出たんです......

15 診察中に引きつけを起こした?!......

16 風邪がなかなか治らないんです......

17 手がふるえるんです......

18 ひきつけを起こしたんです......と1歳10ヶ月女児の母が

19 手足がむくんで痛いんです......

20 下腹の調子が悪くて,おしっこが近いんです......

21 下腹が痛いんです......と風邪薬を飲んだ高齢男性が

22 お腹が張るんです......

23 急にブツブツが出たんです......と10ヶ月女児の母が

24 食事をして休んでいたら気を失ったんです......

25 最近転びやすいんです......

26 胸が痛いんです......と8歳の男児が

27 急に目のまわりが腫れてきたんです......

28 今朝からめまいがするんです......

29 おしっこが近いんです......と70歳の女性が

30 ゼーゼーするんです......

31 急に息苦しくなったんです......

32 歩くと足がしびれてくるんです......

【2】身体所見で一発診断

33 歩くと息苦しいんです......①

34 足がむくむんです......

35 足の裏が痛いんです......

36 物忘れがひどくて,歩けなくなってきたんです......

37 転んで太ももが痛いんです......

38 太ももの外側がしびれるんです......

39 指がしびれて,力が入らないんです......

40 肘が痛いんです......

41 急に立ちくらみがしたんです......

42 手足がむくんで,関節が痛いんです......

43 立ちくらみを繰り返してるんです......

44 腕がしびれて,だるいんです......

45 首が腫れて痛いんです......

46 陰嚢が痛いんです......

47 熱が出て,おしっこが出にくいんです......

48 うまく歩けないんです......

49 物がだぶって見えるんです......

50 熱が出て喉が痛いんです......

51 手がしびれるんです......

52 息苦しいんです......

【3】視診で一発診断

53 歩くと息苦しいんです......②

54 白眼が赤いんです......

55 肩をぶつけてから腕があがらないんです......

56 急に胸がドキドキし始めたんです......

57 物がつかみにくいんです......

58 胸が張って痛いんです......

59 歩くと息苦しいんです......③

60 指が白くなるんです......と10歳代の男性が

61 ぶつけてないのに,青あざができるんです......

62 指の関節が時々痛むんです......

63 最近よく転ぶんです......

64 額にブツブツができたんです......

65 手が黄色いんです......

66 痛がゆい発疹が出たんです......

67 顔が腫れて痛いんです......

68 足がかゆいんです......

69 爪が白いんです......

70 まぶたが腫れて,痛いんです......

71 白眼のふちが盛り上がっているんです......

72 蓄尿バッグが紫色になっているんです......

73 目が痛くてぼやけるんです......

74 むこうずねに押すと痛い発疹が出たんです......

75 口から水がこぼれるんです......

76 声がかすれるんです......

77 熱が出て,口のまわりにぶつぶつが出てきたんです......

78 膝が痛いんです......と12歳の男子が

79 手足に発疹が出て痛いんです......

80 手のひらが赤いんです......

81 臍に何かゴロゴロしたものがあるんです......

82 おちんちんを痛がるんです......

83 歩くと息苦しいんです......④

84 指がひっかかって伸びにくいんです......

85 耳朶に溝があるんです......

【4】検査で一発診断

86 肩が痛くて動かせないんです......

87 首が痛いんです......と3歳の男児が

88 足がしびれて吐き気がするんです......

89 急にお腹が痛くなったんです......

90 血小板の値が低いといわれたんです......

91 転んでから肘が痛いんです......

92 手首が痛いんです......

93 手足がむくんでるんです......

94 食欲がないんです......

95 吐き気がするんです......

96 腰が痛いんです......と10歳代の男性が

97 腰が痛いんです......と中年女性が

98 首が痛いんです......

99 肝臓の数値が高いんです......

100 足を引きずって歩くんです......

一発診断エクストラ

①72歳女性,健診で......心陰影に重なる円形腫瘤影?

②76歳男性,外来の定期検査で......フリーエアー?

③64歳女性,ついでにここもみてくださいと......膝窩に脂肪腫?

④40歳男性,虫垂炎を疑って腹部X線写真を撮ってみたら......虫垂の石灰化?

⑤54歳女性,職場健診で......慢性気管支炎?

⑥58歳男性,健診で......下葉の陳旧性石灰化病変?

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:39.5MB以上(インストール時:81.8MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:32.0MB以上(インストール時:66.1MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません