• M2PLUS
  • 頻用薬の落とし穴 何気ない処方に潜む罠

頻用薬の落とし穴 何気ない処方に潜む罠

  • ISBN : 9784830610202
  • ページ数 : 222頁
  • 書籍発行日 : 2015年10月
  • 電子版発売日 : 2019年6月28日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥5,500 (税込)
ポイント : 100 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

医師であれば誰でも遭遇するような「頻用薬の落とし穴」

日常診療で私たちが何気なく処方している頻用薬に潜む思いがけないピットフォールを中心に,編集委員自らが体験した38の事例について,典型症例を解説.症状を見逃さないために,臨床的な特徴と対処法もあわせて紹介した,早期発見,および症状改善につなげることができる一冊.

■ 序文

本書は,新研修制度発足に伴って創刊された『臨床研修プラクティス』の常任編集委員がこれまで刊行してきた『頻用薬の選び方・使い方』(2008年),『基本薬の選び方と使い方のコツ』(2013年)などの薬剤シリーズの第三弾である.いずれも日常的に処方する頻度の高い薬剤を選択し,その選び方や使い方をエキスパートの先生方に丁寧に解説いただく手法が幸いにして好評を博してきたので,今回は『頻用薬の落とし穴〜何気ない処方に潜む罠』というタイトルで副作用を中心に企画した.日常診療で私たちが何気なく処方している頻用薬に潜む思いがけないピットフォールを中心に,編集委員自らが体験した38の事例について,典型症例を解説する中からエッセンスをまとめ上げ,さらに同様の症状を引き起こす類似薬の一覧も掲げていただいた.またコラムでは頻用薬をめぐるちょっとした診療のヒントを簡潔に提示した.卑近な実例を挙げながら,医師であれば誰でも遭遇するような「頻用薬の落とし穴」に焦点を絞って編集したので,より身近に感じていただける実践書にまとまったのではないかと自負する.

『臨床研修プラクティス』創刊時は4名の編集委員のうち3名が大学教授であったが,10年を経て気付いてみれば編集委員全員が病院長に就任していることにいささか驚きを禁じ得ない.おそらく4名の臨床志向の強い医師人生の軌跡を反映しているものと思われるが,本書はそのような背景を有する編集委員が,縦糸に臓器を越えた薬理学の実践的知識を,横糸に自ら経験した頻用薬の陥穽をそれぞれ織りなしたタペストリーともいえよう.頻用薬を処方するときに,頭の片隅にこの「落とし穴」を想起できれば,無用なインシデントを回避できるのではないか,と念願する.頻用薬を処方するすべての臨床医のクイックリファレンスガイドとなれば幸甚である.


平成27年10月吉日

宮地 良樹 滋賀県立成人病センター病院長/京都大学名誉教授(編集主幹)
上田 裕一 奈良県総合医療センター総長/名古屋大学名誉教授
郡 義明 天理よろづ相談所病院白川分院院長
服部 隆一 島田市病院事業管理者

■ 目次

I 症例から学ぶ日常処方の落とし穴

1 座薬で起こった喘息発作〜座薬と侮るなかれ〜

2 NSAIDsとニューキノロン併用で痙攣が?

3 トラムセット®のアセトアミノフェンによる肝障害

4 セフトリアキソンで胆石?

5 セフェム系抗菌薬とワーファリン®併用でINRが延びた

6 ニューキノロン系抗菌薬でQTが延長した!

7 シベノール®で低血糖?

8 セロクエル®で高血糖?

9 最近,降圧剤を変えたら露光部皮膚に発疹が出てきた

10 シメチジンとジルチアゼム併用で徐脈をきたした

11 降圧薬で蕁麻疹?

12 Ca拮抗薬で歯肉増殖?

13 プレタール®で拍動性頭痛?

14 てんかんの薬で発熱や発疹が出てきた

15 食後のアスピリン服用でアナフィラキシーショック?

16 ノバミン®でアカシジア?

17 アクトス®で心不全?

18 メルカゾール®で無顆粒球症?

19 ビスホスホネートで顎骨壊死?

20 吸入ステロイドで嗄声が生じた

21 PPIで血小板減少?

22 制吐薬(プリンペラン®,ノバミン®)で誘発されたパーキンソニズム

23 胃薬で下痢? 〜「大腸内視鏡正常なら過敏性腸症候群」とする前に服薬内容をチェック〜

24 ステロイドにより劇症肝炎? 〜B型肝炎再活性化に細心の注意を〜

25 メトトレキサートで白血球減少?

26 ベシケア®で認知症が急激に悪化!

27 マグネシウム製剤で起こった意識障害〜下剤と侮るなかれ〜

28 甘草で低カリウム血症?

29 緑内障の点眼薬でまつげが濃くなった

30 INHで手足にしびれが

31 アレビアチン®でふらつきが

32 アリセプト®で尿閉が

33 アミノグリコシドで聴力低下?

34 蕁麻疹の薬を飲んだら緑内障が悪化した!

35 スタチンとフィブラートの併用で横紋筋融解?

36 プロペシア®でPSA低下?

37 抗菌薬による薬剤熱〜疑ったら止めてみるしかない〜

38 抗不整脈薬で甲状腺機能異常? 〜高いときも低いときも〜

II コラム

ワーファリン®によるコレステリン塞栓症

セフゾン®で尿が赤くなる

マクロライドと抗真菌薬の併用禁忌

抗ヒスタミン薬によるインペアード・パフォーマンス

ステロイド外用薬による酒皶

ステロイド吸入薬による口腔カンジダ症(鵞口瘡)

ワーファリン®と納豆

グレープフルーツジュースを飲んではいけない薬物一覧

ハイドレア®による皮膚潰瘍

リウマトレックス®の用法間違い

ミノマイシン®による色素沈着

かゆみを起こす薬剤


索引


MEMO

▪PPI長期投与の影響

▪ロイコボリン®レスキュー

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:15.3MB以上(インストール時:35.1MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:37.9MB以上(インストール時:79.6MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません