• M2PLUS
  • 改訂4版 必ず役立つ!肝炎診療バイブル

改訂4版 必ず役立つ!肝炎診療バイブル

三田 英治 平松 直樹 (編著)

メディカ出版

  • ISBN : 9784840465267
  • ページ数 : 360頁
  • 書籍発行日 : 2018年5月
  • 電子版発売日 : 2018年10月5日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥5,170 (税込)
ポイント : 94 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

難解すぎない、でも省かれすぎない…肝炎診療のイロハとノウハウを集結!!

第6版・C型肝炎治療ガイドラインの最新情報、第3版・B型肝炎治療ガイドラインをいち早く収載し、各種ガイドラインに準拠した必須知識もさらにパワーアップ。消化器内科を目指す研修医・レジデント必携の一冊!

■ 序文

改訂にあたり

昭和60年に大阪大学を卒業し消化器内科医を志した頃、諸先輩方から懇切丁寧に診断のイロハと医療に対する情熱を教えていただきました。卒後20年が過ぎる頃から、私を育ててくれたこの環境に対しわずかでも恩返しできるよう、優秀な若手肝臓専門医の育成に力を注いできました。その一環として本書は誕生しました。ともに働いた同僚、縁あって出会いその技量に感銘した同世代の医師を中心に執筆をお願いしました。知識の普及はもちろんですが、読者に興味を持っていただけるよう裏話などもはさみました。また本書には、従来のレジデント向けの指南書にはない肝臓病理や、今後重複感染が問題になってくるだろうHIV診療の章も盛り込みました。研修医やレジデントの学会デビューの多くは地方会での症例報告で、その際に肝組織をスライド呈示することもありますが、肝臓病理をきちんと理解して発表できている若手医師はどれだけいるでしょうか?肝組織をもっと身近に感じ、自分が生検した患者さんの肝組織はぜひ自分自身の両目で観察し評価してもらいたいと思い、肝臓病理の項をもうけました。一方、昨今増加するHIV感染合併B型肝炎およびC型肝炎患者さんに対応するべく、HIV感染の基礎知識を取り上げています。読者の皆さんはまだHIV感染症を身近な疾患と感じておられないかもしれませんが、気づいていないだけで身近に患者さんはおられます。担当するようになっても、慌てないようにご一読ください。

B型肝炎ウイルスが発見されて半世紀が過ぎました。母子感染防止事業の成果で新規キャリアが激減しましたが、今なお外来に通院される患者さんは難治性であったり、進行した肝病変だったりします。C型肝炎ウイルスも発見されて四半世紀が過ぎ、いまやインターフェロンフリー治療で大半の患者さんがウイルス排除を達成できる時代をむかえました。一方で、C型肝炎治療ガイドラインも度々改訂され、情報に追いつくのに精一杯という医師も多いのではないでしょうか?薬剤の使い分け、耐性化の問題など専門医の力量が問われていますので、常に最新の情報をメディカ出版もしくは大阪医療センター消化器内科のホームページで更新してまいります。ある試算によりますとC型肝炎は2036年には希少疾患になっていると言われています。またB型肝炎もユニバーサルワクチンの普及によって、世界的な撲滅へ歩み始めています。本書がC型肝炎、B型肝炎の制圧まで臨床の最前線でお役に立ちたいと思います。

もちろんレジデント以外の医師の皆さんにも十分に役立つ内容に仕上げました。肝炎・肝癌領域の治療の進歩はめざましいものがあり、肝細胞癌に対する分子標的薬など、覚えるべき情報は満載です。読者の皆さんには、まず現在の肝炎・肝癌診療の流れを理解していただき、これからの日常診療にいかしていただきたいと思います。


2018年3月

国立病院機構 大阪医療センター 統括診療部長
三田 英治

■ 目次

1 肝機能検査の読みかた

1 検査オーダーの流れ

2 肝機能検査

3 末梢血検査

4 止血・凝固検査

5 肝腫瘍マーカー

6 肝線維化マーカー

2 画像検査のポイント

1 検査オーダーの流れ

2 腹部超音波検査(腹部エコー)

3 腹部CT 検査

4 腹部MRI 検査

5 血管造影検査

3 C型肝炎の診断と治療

1 C型肝炎をより理解するためのウイルス遺伝子とヒト遺伝子

2 C型肝炎患者の自然史

3 C型慢性肝炎の診断と評価

4 C型肝炎の治療ガイドライン

5 ゲノタイプ1 型に対するインターフェロンフリー治療

6 ゲノタイプ2 型に対するインターフェロンフリー治療

7 インターフェロン治療

8 肝庇護療法、瀉血療法

4 B型肝炎の診断と治療

1 B 型肝炎ウイルスの基礎知識

2 B 型慢性肝炎の自然史と診断

1 診断の第一歩とHBVマーカーでのフォローの基本

2 HBVの母子感染と予防対策

3 B型慢性肝疾患患者の自然経過

3 B 型慢性肝炎の治療

1 B型慢性肝炎の治療指針

2 インターフェロン治療

3 核酸アナログ

4 その他の治療

5 HIV 重複感染患者の管理

1 HIV 感染の基礎知識

補足 HIV感染者の消化管病変

2 HIV 感染者のB 型肝炎

3 HIV 感染者のC 型肝炎

6 自己免疫性肝疾患の診断と治療

1 自己免疫性肝炎(AIH)

2 原発性胆汁性胆管炎(PBC)

3 原発性硬化性胆管炎(PSC)

7 アルコール性肝障害の診断と治療

8 脂肪肝・脂肪肝炎の診断と治療

非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)と非アルコール性脂肪肝炎(NASH)

9 薬物性肝障害の診断と治療

10 肝硬変の治療

1 肝硬変の成因と治療

2 肝硬変の栄養管理

3 合併症の管理

1 肝性脳症の診断と治療

2 門脈圧亢進症:食道・胃静脈瘤、門脈圧亢進症性胃症(PHG)

11 肝癌の診断と治療

1 肝癌の分類と肝腫瘍の組織分類

2 肝癌の診断

3 肝癌の治療

1 肝細胞癌治療の選択肢

2 肝動脈塞栓術(TAE)

3 局所治療

4 その他の治療

12 肝移植

1 肝移植の現状

2 肝移植手術と管理

13 急性肝炎の診断と治療

1 急性肝炎の鑑別診断と治療

2 劇症肝炎の診断と治療

14 肝病理組織の基礎知識

1 肝生検:その意義と基本組織構築

2 ウイルス性肝炎と新犬山分類

3 自己免疫性肝炎(AIH)と原発性胆汁性胆管炎(PBC)

4 アルコール性肝障害と非アルコール性脂肪性肝疾患

5 肝細胞癌と肝内胆管癌(胆管細胞癌)

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:48.8MB以上(インストール時:106.2MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:75.6MB以上(インストール時:189.0MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません