• M2PLUS
  • 攻める!エコーガイド下運動器治療

攻める!エコーガイド下運動器治療

  • ISBN : 9784880027845
  • ページ数 : 100頁
  • 書籍発行日 : 2019年7月
  • 電子版発売日 : 2019年9月6日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥4,400 (税込)
ポイント : 80 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

令和の時代は「まず、レントゲン」ではなく「まず、エコー」がお約束になる!

エコーガイド下治療をマスターすることで、患者さんが訴える運動器の痛みに対し、的確な「攻め」のアプローチができ、治療効果が飛躍的に向上する!
外来でプローブを当ててエコー画像で問題がわかれば、その場ですぐにエコーガイド下治療を行えます。目の前の患者さんが訴えている痛みに対して、病態を把握した的確なアプローチが可能です。令和の時代は、「まず、エコー」が、運動器診療のお約束になるはずです。


■関連書籍
運動器エコー指南書 日本発 スポーツ傷害のエコー診療
みるみる見える 超入門 Dr.高橋の運動器エコー技塾
わかる! 運動器エコー ビギナーズガイド

■ 序文

はじめに

「まず、レントゲン」は、運動器診療のお約束でした。骨に異常がなければ安心でしょうか?実際には骨以外に主病変がある場合の方が圧倒的に多いはずです。単純X線写真に依存した診療スタイルでは、足首を捻って受傷した足関節痛を「足関節捻挫」、中高年の肩痛を「五十肩」と診断します。放置しても治るから心配ないのでしょうか?肩の痛みで、何年も痛みに苦しみ、何ヵ月も眠れない患者さんが多くいます。凍結肩は、放置した場合、症状が落ち着くまで数年かかります。足関節を捻って受傷した場合、高校生では90%以上が靱帯損傷ですし、小学生では約80%が単純X線写真では診断できない裂離骨折です。初期に適切に外固定されなかったために不安定感が残って手術になる患者さんがたくさんいます。

外来でプローブを当ててエコー画像で問題がわかれば、その場ですぐにエコーガイド下治療を行えます。目の前の患者さんが訴えている痛みに対して、病態を把握した的確なアプローチが可能です。令和の時代は、「まず、エコー」が、運動器診療のお約束になるはずです。

今回は、エコーガイド下運動器治療を行っているスペシャリストの方々に、実際の治療内容に関して執筆していただきました。運動器診療の参考となれば幸いです。また、本書の発刊のためにご尽力いただいた新興医学出版社の林峰子さん、中方欣美さん、この場を借りて心から御礼申し上げます。


令和元年5月

髙橋 周

■ 目次

Chapter1 エコーガイド下運動器治療の紹介

Chapter2 準備・機器のセットアップ

Chapter3 肩関節

Chapter4 肘関節

Chapter5 手指と手関節

Chapter6 骨盤・股関節

Chapter7 膝関節

Chapter8 足部・足関節

Chapter9 脊椎領域

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:12.7MB以上(インストール時:27.4MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:25.9MB以上(インストール時:53.6MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません