• M2PLUS
  • イラストでイメージする 小児の心エコー

イラストでイメージする 小児の心エコー

鎌田 政博 (著)

総合医学社

  • ISBN : 9784883788972
  • ページ数 : 304頁
  • 書籍発行日 : 2017年4月
  • 電子版発売日 : 2017年9月1日
  • 判 : B6判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥6,600 (税込)
ポイント : 120 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

さまざまな症例に出会い、多くの経験を重ねてきた著者による心エコー診断のマニュアル本!

準備から診断に至るまで、それぞれポイントを掴みやすいようにイラストを多用したり、ページごとに項目を設定し知識を整理しやすいように工夫されています。主要疾患に関しては、手術方法のみならず術後のエコー診断のポイントについても記載。初学者は勿論、さらに理解を深めたい医師にもオススメです。

■ 序文

循環器小児科医を目指して早35年が過ぎた.その間,岡山大学,広島市民病院,メルボルンの王立小児病院において,さまざまな症例に出会い,多くの経験を重ねてきた.循環器小児科医にとって,心エコー検査の目的は,ファロー四徴,完全大血管転位,単心室などと,疾患の病名を付けることでは決してない.「病態を把握し,いつどのような手術を行うのか,その際どのような点に留意すべきか」,心臓血管外科とディスカッションし,治療方針を立てるための情報を収集することが目的である.

これまでも和文,英文を問わず,先天性心疾患のエコー診断に関する良書が出版されてきた.私自身がその読者であり,多くの書籍に育ててもらったが,本書を書き下ろすにあたっては,以下の特徴を持たせてみた.

① ポイントを掴みやすいようにイラストを多用し(写真よりも図のほうが理解しやすいことは少なくない),チェックリストについて記載した.

② 知識を整理しやすいように,ページごとに項目を設定した.

③ インフォームドコンセントに役立つように,疫学,治療法についても概説した.

④ 主要疾患に関しては,手術方法のみならず,術後のエコー診断のポイントについても記載した.

さらに詳しい情報について知りたい場合,疫学に関しては『TheNatural and Unnatural History of Congenital Heart Disease』(Hoffman JIE, 2009, Wiley-Blackwell, West Sussex),心エコーの情報に関しては『Echocardiography in Pediatric and Adult Congenital HeartDisease(Eidem BW et al, 2nd ed, 2015, Wolters Kluwer health,Philadelphia)を読破していただくことをお勧めしたい.

本書が循環器疾患の診断治療に携わる小児科医の一助となり,小児循環器専門医を目指す若い医師のモチベーションを高め,ひいては心臓病をもつ子どもたちのより良い生活につながることを期待して,またこれまでハードな日々を共にしてくれた数々の同僚,そして家族に感謝して筆をおく.


2017年 3月
鎌田 政博

■ 目次

【総論】

■心エコー検査の準備(安静の保持)

■心臓各部位の位置関係

■45度の法則

■超音波プローブの持ち方

■きれいな画像をつくるには

■心エコーを用いての評価:距離・空間分解能

■重要断面1 四腔断面,長軸断面,短軸断面

■重要断面2 大動脈弓断面,体軸水平断面,他

■重要断面3 剣状突起下からの矢状断面

■重要断面4 剣状突起下からの前額断面

■重要断面の出し方1 四腔断面,長軸断面,短軸断面

■重要断面の出し方2 胸骨上窩からの断面

■重要断面の出し方3 胸骨下,剣状突起下からの断面

■M-modeエコーの基本

■Leading edge to leading edge法

■B,M-modeでの左室径,左室駆出率の計測

■M-modeでの大動脈/左房径,僧帽弁の動き

■心エコーによる基本構造の描出:心房,心室,大血管

■四腔断面像で何をみるか

■長軸断面像で何をみるか

■短軸断面像,水平断面像で何をみるか

■剣状突起下からの断面像で何をみるか(Upside down画像で観察)

■その他の断面像で何をみるか

■ドップラ法による評価:簡易ベルヌーイの法則

■パルスドップラと連続波ドップラ法

■超音波入射角度:ドップラ法による計測時

■エコーゲインの設定を適切に

■肺高血圧の診断:ドップラ法を用いて

■肺高血圧の診断:短絡疾患,TRがない場合

■ドップラ法で求めた圧較差と,カテーテル検査で求めた圧較差,両者はなぜ一致しないのか?

■血流量,心拍出量の推定

■左室拡張末期圧,左房圧の推定

■カラードップラ法:色の付き方

■弁逆流の重症度

■弁逆流評価上の注意点

■長軸方向の運動を評価する:TAPSEとMAPSE

■左室拡張能の評価

■(パルス)組織ドップラ法とは

■年齢による組織ドップラ血流速度の変化

■組織ドップラによる左室拡張能の評価

■TEI index(total ejection isovolume index)

■組織ドップラによるTEI index

【各論Ⅰ:先天性疾患】

心房中隔欠損 atrial septal defect(ASD)

■心房中隔欠損の解剖と基本心エコー

■心房中隔欠損(二次孔欠損型)の解剖と基本心エコー

■心房中隔欠損の合併症

■デバイスによる心房中隔欠損閉鎖と心房中隔欠損周囲リム

■デバイスによる心房中隔欠損閉鎖術前の胸壁心エコー

■デバイスによる心房中隔欠損閉鎖術後の胸壁心エコー

■心房中隔欠損外科手術後のチェックポイント

■静脈弁:Eustachian弁

■心房中隔瘤 atrial septal aneurysm(ASAn)

心室中隔欠損 ventricular septal defect(VSD)

■心室中隔欠損のタイプを鑑別する1 傍膜様部欠損

■心室中隔欠損のタイプを鑑別する2 高位欠損

■心室中隔欠損のタイプを鑑別する3 流入部欠損

■心室中隔欠損のタイプを鑑別する4 筋性部欠損

■心室中隔欠損の合併症

■心室中隔欠損に対する手術1 姑息術(肺動脈絞扼術)

■心室中隔欠損に対する手術2 心内修復術

■Valsalva洞動脈瘤 aneurysm of the sinus of Valsalva(AnSV)

動脈管開存 patent ductus arteriosus(PDA)

■動脈管開存の基本心エコー

■動脈管血流(動脈管内)

■胎生期の血行動態と動脈管形態

■左右大動脈弓と動脈管

■動脈管開存に対するカテーテル治療1 治療前のチェックポイント

■動脈管開存に対するカテーテル治療2 コイル塞栓術

■動脈管開存に対するカテーテル治療3 Amplatzer duct occluderによるカテーテル治療

■動脈管開存に対するカテーテル治療4 カテーテル治療の合併症

房室中隔欠損(心内膜床欠損) complete atrioventricular septal defect(CAVSD)

■房室中隔欠損の解剖

■僧帽弁の異常

■房室中隔欠損の解剖と基本心エコー

■房室中隔欠損の解剖とRastelli分類

■Rastelli分類A型とC型の鑑別

■完全型房室中隔欠損に対する手術 two patch repair

■完全型房室中隔欠損の術後心エコー

部分肺静脈還流異常 partial anomalous pulmonary venous connection(PAPVC)

■部分肺静脈還流異常の基本心エコー

■肺静脈血流か体静脈血流か

肺動脈狭窄 pulmonary stenosis(PS)

■肺動脈狭窄の基本心エコー

■肺動脈狭窄に対する治療

■末梢肺動脈狭窄

大動脈弁狭窄 aortic stenosis(AS)

■大動脈弁狭窄の基本心エコー

■大動脈弁狭窄の合併症

■大動脈弁狭窄に対する治療

■大動脈弁上狭窄 supravalvular aortic stenosis

■小児期にみられる大動脈弁逆流の病因

■大動脈弁逆流の評価

■大動脈弁逆流の心エコー

大動脈縮窄 coarctation of the aorta(CoA)

■大動脈縮窄の解剖 simple CoA,CoA complex(VSD合併例など)

■大動脈縮窄の基本心エコー

■Low flow theoryと3 sign(inverted E sign)

■大動脈縮窄に対するカテーテル治療 バルーン大動脈形成術

■大動脈縮窄に対する手術 姑息術と心内修復術

大動脈弓離断 interrupted aortic arch(IAA)

■大動脈弓離断の解剖とエコー

左心低形成症候群 hypoplastic left heart syndrom(HLHS)

■左心低形成症候群の基本心エコー

■左心低形成症候群に対する手術 Norwood手術と術後心エコー

■Fontan手術施行例の心室動態評価

ファロー四徴 tetralogy of Fallot(ToF)

■ファロー四徴の基本心エコー

■ファロー四徴の合併奇形1

■ファロー四徴の合併奇形2 右大動脈弓の心エコー診断

■ファロー四徴の合併奇形3 動脈管の心エコー診断

■ファロー四徴の合併奇形4 左上大静脈遺残(両側大静脈)の心エコー診断

■ファロー四徴の冠動脈パターン 大動脈短軸断面

■ファロー四徴の問題点:左室低形成

■ファロー四徴に対する手術1 姑息術modified Blalock Taussig(mBT)シャント術

■ファロー四徴に対する手術2 心内修復術transannular patch repair

肺動脈閉鎖・心室中隔欠損(ファロー四徴極型) pulmonary atresia with ventricular septal defect(PA/VSD)

■肺動脈閉鎖・心室中隔欠損の解剖

■肺動脈閉鎖・心室中隔欠損の基本心エコー

ファロー四徴兼肺動脈弁欠損 absent pulmonary valve syndrome

■ファロー四徴兼肺動脈弁欠損の基本心エコー

■ファロー四徴兼肺動脈弁欠損に対する手術

完全大血管転位 transposition of the great arteries(TGA)

■完全大血管転位の分類

■完全大血管転位の心エコー1 基本心エコー

■完全大血管転位の心エコー2 合併症

■完全大血管転位の心エコー3 冠動脈の走行(Shaher分類)

■完全大血管転位に対するカテーテル治療 バルーン心房中隔裂開術(BAS)

■完全大血管転位に対する手術 大血管スイッチ手術と術後心エコー

両大血管右室起始 double outlet right ventricle(DORV)

■大血管の所属:50%ルール

■両大血管右室起始の分類(Levの分類)

■大血管の位置関係

■大動脈弁下型両大血管右室起始

■両大血管右室起始とファロー四徴

■肺動脈弁下型両大血管右室起始(肺動脈狭窄なし) Taussig-Bing anomaly

純型肺動脈閉鎖・重症肺動脈弁狭窄 pulmonary atresia with intact ventricular septum(PA with IVS)= pure pulmonary atresia,critical pulmonary stenosis

■純型肺動脈閉鎖の基本心エコー

■純型肺動脈閉鎖の合併心奇形

■純型肺動脈閉鎖に対する手術1 姑息術

■純型肺動脈閉鎖に対する手術2 心内修復術

■純型肺動脈閉鎖・重症肺動脈弁狭窄における両心室修復の条件

三尖弁閉鎖 tricuspid atresia(TA)

■三尖弁閉鎖の分類

■三尖弁閉鎖の基本心エコー

■三尖弁閉鎖の合併症

■三尖弁閉鎖に対する手術

Ebstein奇形 Ebstein's anomaly

■Ebstein奇形の解剖学的分類(Carpentierの分類)

■Ebstein奇形の基本心エコー

■Ebstein奇形の心エコーと手術適応

■心エコーによる新生児重症Ebstein奇形の予後評価

■機能的肺動脈弁閉鎖

■Ebstein奇形に対する手術

■新生児期重症Ebstein奇形に対する手術 Starnes手術

総肺静脈還流異常 total anomalous pulmonary venous connection(TAPVC)

■総肺静脈還流異常の分類と基本心エコー1

■総肺静脈還流異常の分類と基本心エコー2 各型に共通の所見

■総肺静脈還流異常の分類と基本心エコー3 上心臓型(Ⅰ型)

■総肺静脈還流異常の分類と基本心エコー4 傍心臓型(Ⅱa型)

■総肺静脈還流異常の分類と基本心エコー5 下心臓型(Ⅲ型)

■総肺静脈還流異常に対する手術と術後合併症

総動脈幹症 truncus arteriosus(TrA)

■総動脈幹症の分類

■総動脈幹症の基本心エコー

■総動脈幹症の合併症

■総動脈幹症に対する心内修復術後心エコー

単心室 univentricular heart(UV≒SV)

■房室弁の所属:50%ルール

■さまざまな単心室

■房室弁のOverriding & Straddling

■単心室診断に重要な短軸断面

■左室性単心室

■Holmes heart

■右室性単心室

■Glenn手術とFontan手術 ドップラ血流波形による血行動態評価

内臓心房錯位症候群 heterotaxy syndrome

■無脾症候群・多脾症候群に関連する用語

■無脾症候群・多脾症候群と単心室

■無脾症候群・多脾症候群の診断に有用な季肋下腹部短軸断面

修正大血管転位 corrected transposition of the great arteries(cTGA)

■修正大血管転位の基本心エコー

■修正大血管転位の合併心奇形

■修正大血管転位に対する手術 conventional手術とダブルスイッチ手術

■修正大血管転位の術後心エコー conventional手術とダブルスイッチ手術

右肺動脈上行大動脈起始 anomalous origin of the right pulmonary artery from ascending aorta

■右肺動脈上行大動脈起始の基本心エコー

■右肺動脈上行大動脈起始に対する手術

三心房心 cor triatriatum

■三心房心の分類

■三心房心の基本心エコー

■三心房心に対する手術

左冠動脈肺動脈起始(ALCAPA,BWG症候群) anomalous origin of the left coronary artery from the PA(ALCAPA)=Bland-White-Garland syndrome(BWG syndrome)

■左冠動脈肺動脈起始の基本心エコー

■左冠動脈肺動脈起始に対する手術と術後心エコー所見

冠動脈瘻 coronary arterial fistula

■冠動脈瘻の基本心エコー

■冠動脈瘻に対する手術

■冠動脈瘻に対するカテーテル治療

肺動静脈瘻 pulmonary arteriovenous fistula

■肺動静脈瘻の基本心エコー

血管輪 vascular ring

■血管輪の基本心エコー1

■血管輪の基本心エコー2 大動脈弓・鎖骨下動脈起始異常の診断手順

■血管輪の基本心エコー3 左/右大動脈弓・右/左下行大動脈の診断手順

■重複大動脈弓の心エコー

■血管輪に対する手術

【各論Ⅱ:後天性疾患(※Marfan症候群や肥大型心筋症などを含む)】

Marfan症候群 Marfan's syndrome(MS)

■Marfan症候群の基本心エコー

川崎病 Kawasaki's disease

■冠動脈それぞれのsegmentに対応したプローブの当て方

■川崎病の基本心エコー

■川崎病の心合併症

拡張型心筋症 dilated cardiomyopathy(DCM)

■拡張型心筋症の基本心エコー

肥大型心筋症 hypertrophic cardiomyopathy

■肥大型心筋症の基本心エコー

拘束型心筋症 restrictive cardiomyopathy(RCM)

急性心筋炎・劇症型心筋炎 acute,fulminant myocarditis

■急性心筋炎・劇症型心筋炎の基本心エコー

心嚢液貯留・心タンポナーデ pericardial effusion,cardiac tamponade

■心嚢液貯留・心タンポナーデの基本心エコー

特発性肺動脈性肺高血圧 idiopathic pulmonary arterial hypertension(IPAH)

■特発性肺動脈性肺高血圧の基本心エコー

Eisenmenger症候群 Eisenmenger's syndrome

新生児遷延性肺高血圧 persistent pulmonary hypertension of the newborn(PPHN)

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:22.6MB以上(インストール時:49.2MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:24.0MB以上(インストール時:60.0MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません