• M2PLUS
  • 胃炎の京都分類 改訂第2版

胃炎の京都分類 改訂第2版

春間 賢 (監修) / 加藤 元嗣 井上 和彦 村上 和成 鎌田 智有 (編集)

日本メディカルセンター

  • ISBN : 9784888759366
  • ページ数 : 160頁
  • 書籍発行日 : 2018年11月
  • 電子版発売日 : 2018年11月2日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥5,280 (税込)
ポイント : 96 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

H.pylori 関連以外の胃炎の所見,診断に苦慮する症例も取り上げた改訂第2版

前版では取り上げなかった,あるいは解説が少なかった自己免疫性胃炎,PPI 関連胃症,NSAIDs 潰瘍,好酸球性胃炎,collagenous gastritis,Helicobacter suis 胃炎,感染性の胃炎,IBD に伴なう胃炎,アニサキスによる胃炎なども含め,さらに,診断が困難であった症例も取り上げ,病理組織像も増やして解説している.

■ 序文

改訂第2版の序文

本書『胃炎の京都分類』は,京都で開催された第85 回日本消化器内視鏡学会総会の財産として2014 年9 月15 日に第1 版が発刊された.長い歴史の中で多くの胃炎の分類が作成されてきたが,簡便に,かつわかりやすく,内視鏡画像から組織学的な変化,さらに胃炎診断でもっとも重要になったHelicobacter pylori(以下,H. pylori)感染を診断できる分類がなかった.胃炎の京都分類はH. pylori 感染診断と胃癌のリスク評価を目的として,上部消化管の内視鏡診断に従事している,実地医家から専門家まで,さまざまな立場の先生方に参加して頂き,多忙な実診療に役立つように作成されたものである.胃がん検診がX 線造影検査から内視鏡検査に徐々に移行し,2013 年2 月21 日に厚生労働省保険局より,内視鏡検査において胃炎の確定診断がなされた患者にH. pylori 除菌治療が保険適用になったこともあり,内視鏡検査所見からH. pylori 感染を診断することの重要性が増し,胃炎の京都分類が広く用いられるようになった.発売から4 年2 カ月が経過し,日本語だけなく,英語と中国語にも翻訳され,さらにQ & A も発売されている.これまで,胃炎の診断やH. pylori 感染に興味のなかった先生方にも,胃炎診断の重要性に

関心を持っていただけたと思っている.

一方,この4 年の間にも胃粘膜は変化し,H. pylori 除菌例やプロトンポンプ阻害薬(PPI)を始めとした薬剤の内服例,さらに,H. pylori 未感染例が増加することにより,胃粘膜の所見は大きく変わりつつある.この改訂版では,すでに確立したH. pylori 感染診断とともに,第1 版では取り上げなかった,あるいは解説が少なかった自己免疫性胃炎,PPI 関連胃症,NSAIDs 潰瘍, 好酸球性胃炎,collagenous gastritis,Helicobactersuis 胃炎,感染性の胃炎,炎症性腸疾患に伴う胃炎,アニサキスによる胃炎なども含め,さらに,診断が困難であった症例も取り上げ,病理組織像も増やして解説している.

バージョンアップした多くの画像,実地診療に従事しているエキスパートによるわかりやすい解説,日々の診療で出合う胃粘膜の所見を詳細に網羅した.もともと,胃炎の京都分類は気軽に読めるようにコンパクトに,さらに,短時間で理解できるように画像を多くし作成された.改訂版もそのコンセプトを継承し,初心者から専門家に至るまで納得いただける内容になっていると自負している.ぜひ手に取って,いや,購入して熟読頂きたい.


2018年10月

春間 賢

■ 目次

第1章 胃炎分類の歴史

第2章 胃炎の内視鏡所見

1. 総論

H. pylori未感染胃粘膜=正常胃/現感染胃粘膜=慢性活動性胃炎/既感染胃粘膜(除菌後あるいは高度萎縮による菌の自然消失)=慢性非活動性胃炎/薬剤による胃粘膜の変化

2. 「胃炎の京都分類」所見の解説

萎縮/腸上皮化生/びまん性発赤/点状発赤/粘膜腫脹/皺襞腫大,蛇行/鳥肌/腺窩上皮過形成性ポリープ/黄色腫/陥凹型びらん/ RAC/胃底腺ポリープ/稜線状発赤/隆起型びらん/ヘマチン/体部びらん/斑状発赤/地図状発赤/多発性白色扁平隆起

3. 「胃炎の京都分類」所見の解説(その2)

敷石状粘膜/偽ポリープ/黒点/霜降り状

4. H.pylori関連以外の胃炎の所見

自己免疫性胃炎(A型胃炎)/PPI関連胃症/ PPI関連胃症の病理学的所見/NSAIDs潰瘍/好酸球性胃炎/Helicobacter suis胃炎/感染性の胃炎(結核、CMV、梅毒等)/ IBDに伴う胃炎/寄生虫(アニサキス)による胃炎/急性胃炎(H.pyloriの急性感染)

第3章 胃癌リスクを考慮した内視鏡所見スコア

胃癌と背景胃炎の関係/胃癌リスクに関連する内視鏡所見/胃癌リスクの内視鏡所見スコア

第4章 胃炎内視鏡所見の記載方法

解説ならびに症例/内視鏡的背景胃粘膜チェック表/病理診断と一致する慢性胃炎(背景胃粘膜)の内視鏡診断・分類・記載法

第5章 診断に苦慮する症例

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:99.3MB以上(インストール時:215.9MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:39.2MB以上(インストール時:98.0MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません