• M2PLUS
  • ポケット版OT臨床ハンドブック 増補版

ポケット版OT臨床ハンドブック 増補版

聖マリアンナ医科大学病院リハビリテーション部作業療法科 (著)

三輪書店

  • ISBN : 9784895902878
  • ページ数 : 496頁
  • 書籍発行日 : 2007年11月
  • 電子版発売日 : 2012年6月21日
  • 判 : B6変型
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥5,170 (税込)
ポイント : 282 pt (6%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

OT臨床のヒントがつまった作業療法士必携のガイドライン
臨床で遭遇する脳血管障害・脊髄損傷などの代表的な身体疾患を網羅し、下記4つのテーマを柱に解説。
(1)情報収集の前に、
(2)評価・訓練に取り組む前に、
(3)評価、
(4)訓練
新人教育や臨床実習の手引きとしても最適です。

■ 序文

本書は主に病院に勤務する作業療法士のために,身体障害領域の比較的対象とすることの多い疾患別に,主な評価の項目の点検や,アプローチの手がかり,ヒントとなる視点を中心に述べてある.

作業療法をどのように捉え展開していくかは,一人一人の作業療法士の生活観,障害観,知識,技術が統合されていくなかで個々の作業療法観が,発達していくのではないかと思われる.人を援助・支援する職業としての共通の物として,そのセラピストの倫理性やヒューマニティが問われることはもちろんであろうが,いかに対象者とその生活全体を深く捉えていけるかは,ある程度の専門家としての経験と,人としての生活経験の質と量が影響する.しかし経験が浅いからといってその作業療法がいい加減であってよいということはない.主体は患者にあり,そのニードに耳を傾け,自分の持っているものを提供していく真摯な態度があれば,その時点での作業療法として完結するであろう.

本書では,患者との出会いから評価治療プロセスを経てある時期の完結した体験を基に,作業療法の臨床での視点と流れを示そうとした.しかし,個別の症例にすべて当てはまる完璧なものであるはずはない.完璧を目指して完結した体験を蓄積しようと試みることは重要だが,そうした名人芸は言語化したもので伝えられるものではないし,多くの読者と同様に,我々も完璧とは遠いところにある.対象者を生活者として全体的・総合的に捉えていくことは,現象を現象として見抜く,見取る,感じる,いわゆるセンスが重要であろう.

一方,一つの専門職として蓄積される,分節化し,言語化して伝えていける視点や,知識,スキルは,学習とトレーニングによって,個々が習得可能であり,全体として一定のレベルに到達されるものと考えられる.身障系では特にスキルの習得が欠かせない要件であり,さらに分析的な視点を持って自分なりの治療スタイルを作り上げていくトレーニングが重要と思われる.

本書を執筆した者もまたトレーニングの過程にあるが,どの側面に整理しOT の役割を担っていけばよいのかという初期の悪戦苦闘状態から遠いところにないという意味で,初学者のOT の仲間に,何らかの情報となるのではないかと思い,本書をまとめた.

いい足りないところや説明不足のところも多いが,病院でのOT臨床のヒントとなればと願っている.また先輩諸氏から不十分なところをご指摘,ご教授いただけると幸いである.


平成11年 春

執筆者を代表して
二木 淑子

■ 目次

1.脳血管障害

2.脳損傷

3.パーキンソン病

4.脊髄小脳変性症

5.多発性硬化症

6.筋萎縮性側索硬化症

7.ギラン・バレー症候群

8.脊髄損傷

9.頸髄疾患

10.末梢神経損傷

11.腱損傷

12.骨折・脱臼

13.腕神経叢損傷

14.切断

15.慢性関節リウマチ

16.膠原病

17.熱傷

18.乳がん

19.ターミナルケア

20.ハイリスク児

21.発達障害

22.スプリント・アームスリング・自助具

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:24.8MB以上(インストール時:53.9MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません