• M2PLUS
  • 写真でわかる急変時の看護アドバンス 改訂第2版[動画付き]

写真でわかる急変時の看護アドバンス 改訂第2版[動画付き]

  • ISBN : 9784899963806
  • ページ数 : 140頁
  • 書籍発行日 : 2019年1月
  • 電子版発売日 : 2019年9月6日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥4,070 (税込)
ポイント : 74 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

新たな章として「気管挿管の準備と介助」を加え、より実践に即してアップデート!!

気道確保、脈拍の確認、胸骨圧迫、人工呼吸、除細動器の操作など、救命救急処置の手技を、豊富なカラー写真とテキスト・DVD動画で徹底解説した『写真でわかる急変時の看護 アドバンス』が【改訂第2版】としてリニューアル。
【改訂第2版】では、救急や急変の場面でよく見られる「気管挿管の準備と介助」の章を加え、より実践に即した内容に加筆改訂いたしました。

>『 写真でわかるシリーズ

■ 序文

はじめに

2005年10月に故 村上美好先生監修のもとに初版刊行された『写真でわかる急変時の看護』の内容を改訂し、新シリーズ『写真でわかる急変時の看護アドバンス』として再編集したのは、2017年1月のことでした。今回、新たに「気管挿管の準備と介助」の章を加えた改訂第2版を刊行しました。

2005年の「心肺蘇生と緊急心血管治療のための科学と治療の推奨に関わる国際コンセンサス(CoSTR:International Consensus Conference on Cardiopulmonary Resuscitationand Emergency Cardiovascular Care Science With Treatment Recommendations)の公表以来となる、2回目のガイドライン改訂が、2015年にありました。

いままでのガイドライン改訂と大きく異なり、世界同時発表で、さらに日本語版も日本蘇生協議会(JRC: Japan Resuscitation Council)のガイドライン作成委員会が「救急蘇生のためのガイドライン」をオンライン発表しました。これは素晴らしいことであり、ガイドライン作成作業に関わった皆様のご努力に敬意を表したいと思います。

本書の内容は、国際コンセンサスおよび日本語版の公表の時期に合わせて今後も改訂を行い、最新のコンセンサスにもとづいた書籍とする所存であります。

2015年に保健師助産師看護師法が改正され、特定行為研修がスタートしました。業務独占や名称独占はありませんが、医師が行う行為を看護師が教育を受けて実施できる制度です。看護業務の範囲が、法的根拠を持ち、拡大した、ということです。特定行為として定められた38行為のなかには、ドレーンの抜去や、末梢挿入中心静脈カテーテル(PICC: Peripherally Inserted Central Catheter)の挿入などの侵襲的医行為が含まれています。

今回の改訂第2版で加えた気管挿管も、保健師助産師看護師法の範囲内であり、看護師が行ってよい行為であることが厚生労働省課長通知で通達されています。しかし、現実には看護師が一般的に実施している看護行為ではありません。そこで本書では「気管挿管の準備と介助」という視点から内容を構成しました。ぜひ活用いただければと思います。

明治時代の医師は、聴診器や舌圧子、打鍵器などを使用して診察していました。現在はこれらの道具を使って、看護基礎教育として、フィジカルアセスメント教育を行っており、特定行為診療看護師は、眼底鏡を使いこなしています。超音波診断装置も同様で、利用が始まった1949年当初は、希少で高価であり、限られた医師のみが使用していましたが、現在では特定行為診療看護師は、超音波診断装置も看護の道具に使い、超音波診断も実施し、PICCカテーテルも挿入しています。

このように、世界は加速度をつけて猛スピードで進化しつづけています。

なかでもAI(人口知能)を実用に活かすスピードには目を見張るものがあります。近い将来に、空飛ぶ車や自動運転の車が走り、渋滞はなくなるかもしれません。既に、犯罪が起こりそうな場所や時間を予想し未然に防ぐことができているといいます。人間の生活のあり方は、予想もつかない世界へと進んでいます。

しかし、ビッグデータの解析で、リスクの予想ができる世界になろうとも、生物としての人間の構造はほとんど変化しません。

急な病に倒れる可能性の確率の予想はできても、全人類の急変時の対応をロボットができる時代には、まだ時間が必要だと思います。

未来の世界では、看護が大切にしている、「人に触れて看る、感じて看るフィジカルアセスメント」が、身体を病んだ人の心に寄り添うケアも兼ねた、貴重な技術となるだろうことを、予感しています。

看護師は、専門的・技術的職業従事者です。

予測不可能な事態に直面したら、まず手を出す。そのためには、日頃から実践に即した教育訓練を定期的に受講し、すぐに使える技術にしておくことが大切です。

本書は、学生・初学者はもとより、経験者にとっても役立つテキストとして構成しています。さらに、本書には、書籍の内容をわかりやすく、リアルに解説したDVD動画が付属しています。

皆様にとって新たな視点が広がっていけば幸いです。


2018年12月吉日

東京医療保健大学 和歌山看護学部 看護学科 教授

松月 みどり

■ 目次

CHAPTER.1

急変時の看護

1 急変に対応する力を身につける

2 急変時の看護師の役割

3 「JRC蘇生ガイドライン2015」の特徴

CHAPTER.2

心肺蘇生法 一次救命処置[成人編・小児編]


成人編

1 急変患者の発見、応援者・必要物品の要請

急変患者の発見と安全確認

反応の確認

応援者と必要物品の要請

要請する器材・物品

2 気道確保、呼吸・脈拍の確認

用手気道確保

呼吸・脈拍の確認

3 胸骨圧迫

圧迫する姿勢

胸骨圧迫の実施

ベッド上での胸骨圧迫の注意点

4 人工呼吸

バッグバルブマスクによる人工呼吸

ポケットマスクによる人工呼吸

胸骨圧迫と人工呼吸(2人で行う場合)

5 除細動

AEDを用いた除細動の実施

除細動器の操作

医師による除細動の実施

6 救急カート

7 心電図モニターの装着

心電図モニターの操作


●DVD動画

急変患者の発見、応援者・必要物品の要請(35秒)/気道確保、呼吸・脈拍の確認(2分15秒)/胸骨圧迫(2分)/除細動(AEDを用いた除細動)(2分)/人工呼吸(1分20秒)/医師が到着するまで(1分)/回復体位(45秒)/危険な胸骨圧迫、効果のない胸骨圧迫(2分40秒)/除細動器のAEDモードを使用する場合(1分25秒)/バックバルブマスクの機能点検(2分)


小児編

1 急変患児の発見、応援者・必要物品の要請

2 気道確保、呼吸・脈拍の確認

用手気道確保

呼吸・脈拍の確認

3 胸骨圧迫と人工呼吸

胸骨圧迫

バッグバルブマスクによる人工呼吸

胸骨圧迫と人工呼吸(2人で行う場合)

4 除細動(AED)

AEDを用いた除細動の実施


●DVD動画

急変患児の発見、応援者・必要物品の要請(30秒)/気道確保、呼吸・脈拍の確認(1分50秒)/胸骨圧迫と人工呼吸(1分55秒)/除細動(AEDを用いた除細動)(1分50秒)/異物除去(50秒)

CHAPTER.3

心肺蘇生法 一次救命処置[乳児編]


1 急変患児の発見、応援者・必要物品の要請

2 気道確保、呼吸・脈拍の確認

用手気道確保

呼吸・脈拍の確認

3 胸骨圧迫と人工呼吸

胸骨圧迫

バッグバルブマスクによる人工呼吸

胸骨圧迫と人工呼吸(2人で行う場合)

4 除細動(AED)

TOPICS 新生児蘇生法(NCPR)


●DVD動画

急変患児の発見、応援者・必要物品の要請(30秒)/気道確保、呼吸・脈拍の確認(1分35秒)/胸骨圧迫と人工呼吸(2分20秒)/異物除去(1分5秒)

CHAPTER.4

気管挿管の準備と介助


1 気管挿管の目的

気管挿管の方法

気管挿管のリスク

2 気管挿管の実際

必要物品の準備と点検

気管挿管の介助

3 気管チューブの種類と固定法

気管チューブの種類

気管チューブの固定法(テープを使用)

4 気道確保困難への対応

マスク換気困難の予測

マスク換気困難への対応

挿管困難の予測

挿管困難への対応


●DVD動画

喉頭鏡を組み立てる(1分45秒)/気管チューブの準備[スタイレット挿入・潤滑剤塗布](2分10秒)/喉頭鏡を渡す(40秒)/気管チューブを渡す(1分5秒)/気管チューブを固定する(45秒)/異気管チューブの固定法[テープを使用](1分55秒)

CHAPTER.5

急変対応の理解を深める知識と教育


1 心肺停止患者への対応に必要な知識と看護

心停止を示す心電図波形を理解する

可逆的な原因をみつける

迅速かつ的確に対応するために必要なこと

2 急変時の倫理的側面と教育

医療従事者が担う倫理的役割

急変時に対応する教育

3 ファーストエイド

新たに追加された「ファーストエイド」の章

推奨されるファーストエイド

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:219.2MB以上(インストール時:441.9MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:182.0MB以上(インストール時:366.2MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません