ERマガジン Vol.11 No.4(2014年冬号) Toxidrome 薬毒物を疑った時のアプローチ

  • ISBN : 9784908083044
  • ページ数 : 159頁
  • 書籍発行日 : 2014年12月
  • 電子版発売日 : 2020年3月9日
  • 判 : A4変型
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥2,750 (税込)
ポイント : 50 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

中毒がERにやってくる.疑わなければ分からない薬物・毒物中毒.
Toxidrome(Toxic Syndrome)は中毒症状と訳され,ある種の中毒物質によって生じる症状や徴候をグル―プ化した呼称で,原因物質が不明な時に原因物質を絞り込むヒントを与えてくれます.わが国ではこれまで中毒すなわち「重症=救命救急センター」という固定観念としてありましたが,ここ10年ほどは救命救急に特化した時代は終わり,ERに外傷ではない外因性疾患である,薬物(ポリファーマシーなども含めて),毒物による症状の患者が現れるようになってきました.もはや人ごとではなくなってきました.これらの症候に対して,最近はシステム1あるいはシステム2という二つの側面からのアプローチ法が議論されるようになってきました.前者はスナップ・ダイアグノーシス,クリニカルパール,レッドフラッグに代表されるアプローチであり,後者は演繹的スタイルのベイズ定理を用いた定量的分析やVINDICATE-Pなどによる網羅的なアプローチです.本号ではこれらの方法を用いて,ERでのToxidromeに対する診断的法を実際の症例を呈示しながら,ベテラン指導医が解説しています.

ERマガジン バックナンバー

■ 目次

特集 Toxidrome―薬毒物を疑った時のアプローチ

A.イントロダクション―Toxidrome を理解する

1)ありふれた器質的疾患でないと思われる場合

2)Toxic Syndrome の考え方

B.System 1―Snap Diagnosis Visual Diagnosis 直観的なアプローチ

3)高齢者に特徴的な薬毒性症状

4)よくみるポリファーマシー

5)小児患者に多い薬物副作用

6)在宅ケアで想定される薬毒物エピソード

7)ERのポリファーマシーでおさえておくべきこと

C.System 2―演繹的論理的 鑑別診断アプローチ

8)救急現場・院外状況から考える

9)既往歴から考える―坊主憎けりゃ袈裟まで憎い

10)服薬履歴から考える

11)消化管症状で薬毒物を疑うポイント

12)身体所見から考える―問診で内服歴を聞くのと同時に身体所見から総合的に考えよう

13)バイタルサインから考える

14)MUSからのアプローチ

D.―いざという時のためのクリニカルパール

15)急性中毒で役立つ記憶術

16)中毒薬毒物の症状と検査

17)有効性のEBMがある中毒対処法―意外と少ない!?中毒対処法のエビデンス

18)日本中毒情報センター ―中毒110番って、いつ電話するの?

投稿:症例報告

迷入した中心静脈カテーテルの回収―デバイスを工夫して

BOOK SHELF

「ERマガジン」特集総目次

編集後記

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:12.8MB以上(インストール時:30.8MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:12.8MB以上(インストール時:30.8MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません