• M2PLUS
  • ベストセラー
  • ねころんで読める救急患者のみかた

ねころんで読める救急患者のみかた

坂本 壮 (著)

メディカ出版

  • ISBN : 9784840472326
  • 書籍発行日 : 2020年5月
  • 電子版発売日 : 2020年5月15日
  • 判 : 指定なし
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥2,200 (税込)
ポイント : 40 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

100分で読める身につく救急のキホン

「ショックは血圧で判断するな!」などバイタルサインのキホンから、病歴聴取のポイント、身体所見の知識まで、救急患者のみかたがわかるエッセンスが満載! 楽しい4コマ漫画つきで、パッと読めてポイントが頭と心に残る日々の業務ですぐに役立つ一冊。

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。

推奨ブラウザ: Internet Explorer 11.x / Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

はじめに

♪ 時が来た 逃すな 振り返ることは もはやない この日を 忘れないぞこの時に すべてかけ 素晴らしい時へ♫

救急外来診療で難しいのはどのような点でしょうか? 症状がそろう前に来院するがゆえに疾患が想起できない、頭には浮かんではいるけれどもその時点では診断が難しい、複数の患者さんを同時に診る必要がある、ベッドに限りがあり経過観察目的の入院が難しい、専門科がない、検査に限りがあるなど、挙げだしたらきりがありません。

救急外来では、“いまなにをするべきか”を迅速に判断する必要があり、確定診断する努力はするものの、時間というものをみかたにつけない限りは確定することはできないことも多いので、診察時の状態での重症度や緊急度を見積もりマネジメントすることが必要です。患者さんが発する“危険なサイン”を逃さずキャッチすることはもちろん、引き出すことも大切です。

「え? あの患者さん、そんなに重症だったの!」「え? あの症状であの疾患!」など、あとあと“まさか”と思った経験があるかと思います。救急外来診療に長らく従事しているとよくあることでも、経験がなければ頭に浮かばず判断を誤ってしまうことはよくあることです。本書では、頭に入れておいていただきたいことを、病歴(History)、身体所見(Physical)、バイタルサイン(Vital signs)の3 つに分けて解説しています。ねっころがりながらパラパラと読み、Hi-Phy-Vi(ハイ・ファイ・バイ)の見どころをチェックしてみてください。各項末のPoint:俳句調コメントから読むのもありです。

冒頭の唄は、私が最も好きなミュージカル“ジキルとハイド”「時が来たThis Is The Moment」の一節です(作詞:Leslie Bricusse、日本語詞:高平哲郎)。ジキル博士が善と悪を分離する薬を研究開発し、それを自分で試す際に唄うビッグナンバーです。時を逃さず、適切にマネジメントしたいものです。ジキル博士と違って、救急外来では振り返ることも大切ですけどね。

さいごに、家族との大切な時間を逃さぬよう約束して。


2020年2月

総合病院国保旭中央病院 救急救命科 医長/ 臨床研修副センター長 坂本 壮

■ 目次

第1章 バイタルサイン編

1. 麻痺があるから頭が原因?!

2. これって本当に過換気症候群?!

3. 呼吸数はとっても大切!

4. ショックは血圧で判断するな!

5. 認知症?いやいやこれは意識障害!

6. 熱がないから感染症は否定的?!

7. 血圧が低いのに脈まで遅い?!

8. 目は口ほどにものを言う!

9. バイタルサインは必ず普段と比較!

10. バイタルサインは普段のADLで確認!

11. 薬剤の影響を忘れずに!

コラム:ショックの4分類:特徴をイメージでつかもう!

12. 血圧は脈圧にも注目を!

第2章 病歴聴取編

1. 時間軸を意識して聴取を!

コラム:たった18秒?!

2. 発症時間を突き止めよ!

3. 突然発症には要注意!

4. 失神をあなどるなかれ!

5. めまいはいろいろ!

コラム:1回1回のめまいに注目!

コラム:脱力もいろいろ

6. なぜ転倒したのか?原因を突き止めよ!

コラム:ドラゴンクエストウォークに要注意?!

コラム:バスの運転手はMRI必須?!

7. 家族歴は「若くして」がポイント

コラム:優性 or 劣性はもう古い?!

8. 既往歴は具体的に!

9. 内服薬は根こそぎ聴取!

コラム:正しく飲んでいるとは限らない

コラム:この薬、なんで内服?

10. アレルギー歴は認めた症状も必ず把握

コラム:海外医療ドラマから学ぼう

11. 嗜好…“本人談”は本当か?

コラム:昼から飲酒が悪いわけではない!

12. 妊娠の可能性を正しく評価せよ!

コラム:レントゲン検査と胎児被曝

13. つじつまが合うか否か?!Part1

コラム:相手が異性とは限らない!

14. つじつまが合うか否か?!Part2

15. 子どもとの接触は?!

16. 家庭環境の確認を!

コラム:頭痛と心電図

17. 二度あることは三度ある!

18. 食欲をチェック!

コラム:うつ病を見逃すな!

第3章 身体診察編

1. 呼吸困難の患者さん、吸気、姿勢に注目!

コラム:足にも注目

2. 意識障害の患者さん、左右差に注目!

3. 意識障害の患者さん、発見時の姿勢に注目!

4. けいれんの患者さん、目に注目!

5. めまいの患者さん、眼振に注目!

コラム:フレンツェル眼鏡がなかったら?

6. 疼痛の患者さん、患部を直視せよ!

コラム:若い人の帯状疱疹、繰り返す帯状疱疹

コラム:おなかぽっこりの原因は?

7. 腹痛の患者さん、軟らかくても安心するな!

8. 外傷の患者さん、痛みがあったら骨折だ!

9. 皮疹の患者さん、ABCDをチェック!

コラム:造影剤、恐いのは腎症ではなくアナフィラキシー

10. 悪寒戦慄の患者さん、腹部をチェック!

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS)、M2Plus Reader(AndroidOS)が必要です。

※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:21.8MB以上(インストール時:45.9MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:21.8MB以上(インストール時:45.9MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません