• M2PLUS
  • 社会的弱者への診療と支援 格差社会アメリカでの臨床実践指針

社会的弱者への診療と支援 格差社会アメリカでの臨床実践指針

  • ISBN : 9784765318334
  • ページ数 : 398頁
  • 書籍発行日 : 2020年5月
  • 電子版発売日 : 2020年6月5日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥3,960 (税込)
ポイント : 72 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

文化的・社会保障制度的に、シングルマザーや移民、独居老人、LGBT、ホームレスといった人々は、健康状況が悪化するととたんに生活が破綻する、「社会的弱者」である。そういった人々が傷病で苦しんでいるときに、医師や医療機関はどのように対処可能なのかを明らかにするアメリカの教科書を抄訳し、どのような診療やケアが効果的なのかエビデンスを添えて明らかにしている。

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

本書の翻訳に取り組むに至った経緯には、二つのリソースがあります。


一つは、監訳者の一人松田亮三教授と翻訳者メンバーの石橋修医師・宮川卓也医師が先行して行った通称インクルーシブ研究です。医療者が、患者支援に困難を感じる事由の抽出を目指したその研究は、その一環として、格差先進国米国での現場の取り組みの視察を行いました。その打ち合わせの過程で石橋医師が以前から注目していると話題にしたのが、本書の原著“Medical Management of Vulnerableand Underserved Patients”でした。いわく、「考え方だけでなく、こうした真に実践的で医学的知見に基づいたものを日本へ紹介できたらなあ」と。


もう一つは、学生ボランティアチームの池尻達紀君(現小浜市民病院研修医)と外山尚吾君が私たちの病院のスタッフと続けていた「地域医療のコアを考える会」(通称「コア研」)です。「地域医療」という用語の中に多元的に包含される価値・志向を抽出することを目的に、「在宅医療」「終末期」「認知症」「ごみ屋敷問題」「宗教」「格差」「アルコール」等、毎回テーマを決めて、職員と医系学生が学習・議論してきていました。彼ら二人はたまたま医学部ESSにも所属し、既に大学教授のもとで英語教科書の邦訳を経験していました(コア研については、外山尚呉、池尻達紀、小林充「地域医療を再定義する―『地域医療のコアを考える会』の取り組み」日本プライマリ・ケア連合会誌2018,41(4):191-193、を参照して下さい)。


コア研のとある会合の際、私や、そばにいた石橋医師から学生に本書の原著を紹介し、こうした教科書を邦訳して日本に紹介できたらいいなと考えていることを伝えたところから事態が一気に動きました。彼らは、自分達の、ESSでのつながりや活発な医系学生同士のつながりを使って、分担して精力的に翻訳活動を始めてしまったのです。


もう後には引けませんでした。松田教授と、京都保健会社会健康福祉研究センターに招聘された小泉昭夫京都大学名誉教授に快く監訳を引きうけていただけました。金芳堂の浅井さんには、拙い私どものプランに耳を傾けてもらった上に、経営陣に掛け合ったり、原著者への版権交渉をしていただいたりして出版への道をつけていただきました。医学知識と診療現場での実践の感覚を持つ(しかしその分診療に奔走し超多忙な)多くの京都民主医療機関連合会の同僚医師たちが二次訳を引き受けてくれたことがこの翻訳を実現する最後の決定打となりました。併せて、本書の出版に当たり、費用の一部を、京都民主医療機関連合会医師自主活動支援制度から拠出いただいたいことを付記しておきます。


紙面の都合で全訳とはできませんでした。日本での現場での実践に参考となり得ることを目安に、背景事情の大きく違うテーマを扱った章については今回邦訳からは割愛せざるを得ませんでした。このような当方での事情に快く許可を与えていただいた原著者の皆様に感謝の意を表します。


もちろん系統的・網羅的な学びを目指して通読してもらうのもよいのですが、現場で対応に悩んでおられて、総論はいいから、どんな考え方や実践が推奨されているのかをとあえず知りたい、という方は、各論の該当分野をまず読んでいただくのが役立つかもしれません。なお、米国の医療や保険の事情についての予備知識がほとんどないという方は、先に巻末の補論を読まれることをお勧めします。


本書が、日本において、複雑な背景・困難な事情を抱えた人々の診療や支援にあたっている多くの医療従事者・介護福祉職・研究者・教育者・学生の手に取られ、励ますものとなることを念じてやみません。また併せて、米国に追いつきかねない格差拡大の道を歩むこの国の在り方へ、一石を投じることになれば幸いです。


2020年3月吉日

翻訳者代表
小林充(京都民医連あすかい病院内科)

■ 目次

序文

謝辞

翻訳にあたって


第1章 脆弱な集団・健康格差・健康の衡平

第2章 医療ケア格差:概観

第3章 サービスが十分に行き届いていない患者の倫理的ケアにおける原則

第4章 地域・コミュニティを視野に入れた活動とパートナーシップ

第5章 医学的に脆弱で十分なサービスが受けられない集団のケアにおけるグローバルな視点

第6章 健康の社会的決定要因を臨床に生かす方略

第7章 脆弱な患者の臨床的ケアにおける効果的な介入のためのコンテクストを生み出す

第8章 十分なサービスを受けられていない患者のためのメディカルホームをつくる

第9章 行動変容を促す

第10章 服薬アドヒアランスの評価と推進

第11章 コミュニケーションの改善:制約されたヘルスリテラシーに焦点を当てる

第12章 サービスが行き届かない階層におけるグループ受診

第13章 ハイリスク患者に対するケアのための多職種協働モデル

第14章 支援が十分に行き届いていない子供たち:慢性疾患の予防と健康増進

第15章 ケアの環境としての家族

第16章 隠れた貧困:高齢者のケア

第17章 死にゆく患者のケア

第18章 労働、生活環境、そして健康

第19章 ホームレス患者のケア

第20章 レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの患者への医療サービス

第21章 精神疾患を持つ患者への医学的治療

第22章 女性の健康:貧困な女性における生殖と生殖を超えた問題

第23章 親密なパートナーからの暴力

第24章 アルコールやその他の薬物を使用している患者の治療方針

第25章 喫煙者

第26章 歯のケア:忘れられたニード

第27章 障碍と障碍のある患者たち

第28章 社会体に複雑さを抱えた患者に対する病院でのケア

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS)、M2Plus Reader(AndroidOS)が必要です。

※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:22.4MB以上(インストール時:59.1MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:22.4MB以上(インストール時:59.1MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません