• M2PLUS
  • ベストセラー
  • NICUマニュアル 第5版

NICUマニュアル 第5版

新生児医療連絡会 (編集)

金原出版

  • ISBN : 9784307170680
  • ページ数 : 912頁
  • 書籍発行日 : 2014年7月
  • 電子版発売日 : 2020年6月5日
  • 判 : A5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥7,700 (税込)
ポイント : 140 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

本書は1989年の初版発行以来、新生児医療の発展とともに歩んできた。第5版となる今版では、一刻を争うNICUの現場で「まずなにをすべきか なにを考えるべきか」を具体的な方法で明示すべく、すべての項目を刷新し、全編書き下ろしとした。見やすいフォーマットとわかりやすい内容で、素早く知りたい情報を参照できる。周産期・新生児医療の明日をつなぐ知の結晶がここにある。

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Internet Explorer 11.x / Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

第5版の序

NICU マニュアルは平成元年に第1 版が刊行されて以来,NICU で診療する医師や看護師など多くの方々に利用され,今では新生児診療の必須アイテムとなっている。本書第1 版は,新生児医療連絡会を立ち上げた先達の諸先生方〔井村總一・多田裕・仁志田博司・(故)内藤達男〕が企画・編集し,第一線でご活躍されていた新生児医療連絡会のメンバーの方々によって執筆された。

この当時,我々編集世話人はこのマニュアルをベッドサイドに置きながら,NICU で寝食を忘れて日夜働いていたことを今更ながらに思い出す。その風景は今も変わることがないように思われるが,新生児医療は時を経て大きく変化していることは紛れもない事実である。具体例を挙げると,リスクの高い新生児の救命のみならず,生存し得た児のアウトカムも重要な指標として位置づけられるようになってきた。また,経験値に重きが置かれた新生児医療から,エビデンスに基づく医療(evidence based medicine;EBM)へと大きくシフトしつつある。EBM は新生児医療の標準化に欠かせないが,すべての医療行為に確立されたエビデンスがあるわけではなく,依然としてcontroversial な面も多い。今後,この部分のエビデンスの確立については,新生児医療の現場で診療に従事されている方々に期待するところである。

第5 版を手にしてまず驚くのは,従来のNICU マニュアルと違い書籍のサイズが大きくなったことかも知れない。しかし単に外観が変わっただけではない。第1版以来版を重ねるたびに,項目の追加や内容の修正を行い,最新の新生児医療の内容が盛り込まれてきたが,今回の第5 版は,これまでとは大きく異なる特徴を持って上梓されている。最も大きな特徴は,すべての項目の原稿が新たに執筆され,現在確立しているエビデンスを取り入れた点である。また,多くの項目において,第一線で診療にあたる諸先生方に新たに執筆をお願いした。さらに,編集にあたっては,従来の編集世話人以外に,各章それぞれを担当する代表編集者を置き,できるだけ内容に偏向がないよう配慮した。

本書はNICU で診療に従事しているスタッフのみならず,産科医や助産師の方々,多くの小児科医にも必ず役に立つと思われる。小児科医を志す医師には,専門医取得のために新生児医療の研修が必須となっていることが本書を推薦する理由の一つである。また,最近の周産期医療の進歩により多くのハイリスク新生児が生存退院できるようになって小児科を受診する機会も増えてきている。そのため本書は,新生児医療を専門としていない小児科医にとっても,これらの児の新生児期の疾患概要やNICU 入院中の診療内容を理解するための一助となるはずである。

おわりに,お忙しい中,快くお引き受けいただいた執筆者各位,ならびに各章の代表編集者各位に厚く御礼を申し上げる。本書がわが国の母子の幸福に少しでも貢献できれば編集者としてこの上ない喜びである。


平成26 年7 月

編集世話人
板橋家頭夫,楠田 聡,田村正徳

■ 目次

I章 新生児医療の原則

A 新生児医療総論

B リスク評価

II章 正期産新生児

A 分娩室でのケアと新生児蘇生

B ルチン診察

C 標準的ケア

III章 ハイリスク児

Overview NICU

A NICU入院児のルチン

B 主要症候に対する診断学的アプロ-チ

C リスクの予測される児への対応

D ハイリスク児の基本的管理

E ハイリスク児の病態・疾患別管理

IV章 ベッドサイドの検査とモニタリング

A ベッドサイド検査

B モニタ用機器の使用法

V章 手技

A 基本的手技

B X線検査

C 呼吸管理

D 超音波断層

E CT

F MRI

G 脳波/聴性脳幹反応

H 心電図検査

I 腹膜透析(PD)

J 持続血液ろ過(CHF)、持続血液ろ過透析(CHDF)

K ECMO

L 交換輸血

M 低体温療法

VI章 新生児医療をめぐる諸問題

A 倫理的問題

B 診療ガイドライン

C 新生児医療に関する行政通知

VII章 新生児医療に必要なデ-タ

A 正常値 

B 薬剤(使用量、副作用ほか)

C 母体・母乳の影響 

D 新生児関連医療統計デ-タ

E 換算表 

F 予後

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS)、M2Plus Reader(AndroidOS)が必要です。

※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:23.1MB以上(インストール時:61.6MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:23.1MB以上(インストール時:61.6MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません