• ISBN : 9784840751278
  • 書籍発行日 : 2018年9月
  • 電子版発売日 : 2020年6月10日
  • 判 : A5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥3,080 (税込)
ポイント : 56 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

●症状別に見た同効薬の提案とfollowポイントがわかる!

近年、薬剤師業務の多様化が進んでいる中で、これぞ薬剤師の業務と期待されている“同効薬の選択と提案”について書かれたのが本書です。同効薬開発の背景、医薬品の作用部位である代表的な受容体、医薬品の薬理学的特徴をおさらいしたうえで、実際に同効薬を選択・提案する場面や、その際陥りやすいピットフォールについて、やさしく解説を加えています。本書を手に、薬剤師の腕の見せ所である「同効薬の提案」に挑戦していきましょう!

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

まえがき

さまざまな仕事がある中で薬剤師という職業に就いている皆さんは,学生時代どういう思いで学業に励んでいたのか覚えているでしょうか? チーム医療に貢献したい,新薬の開発を行って病気で苦しんでいる患者を助けたい,地域の薬剤師として活躍したい,いろいろな思いで学業に励まれていたことと思います。では,薬剤師になってからの思いはどのように変わったでしょうか? 目標が見つかって学生時代に考えていたことから180 度変わった仕事をしている,現場での忙しさに追われて仕事をするのが大変だ,今の仕事はまさに思い描いていた通りだ,とさまざまな思いがあるでしょう。しかし多くの皆さんは,薬剤師になろうとした時の熱い思いを振り返ることができずに仕事にまい進しているのではないでしょうか?日々の仕事の中で薬剤師に求められる役割について考えてみた時,昔に比べ,さまざまな業務を実施するよう期待されています。例えば,保険薬局の薬剤師の場合,地域包括ケアシステムの推進により「かかりつけ医」とともに「かかりつけ薬局」そして「かかりつけ薬剤師」とシームレスな関係を築いて医療を提供していくことが求められています。また病院に勤める薬剤師の場合,薬学の専門性を発揮して薬物治療を行う医師をサポートしチーム医療の質を高めるとともに,地域包括ケアシステムの推進により病院によって求められる機能が異なることで薬物治療の内容も変化し,複雑化した薬剤業務に対応していくことが必要です。このように医療計画に基づいた地域連携による医療提供体制の整備が進み,生活・療養の場の多様化が進んでいく中で,私たち薬剤師の業務も多様化へ向かっています。

本書『同効薬おさらい帳』は,薬剤師業務の多様化が進んでいる中で,他の医療従事者や患者家族を含めた支援者から「薬剤師ならではの業務」と期待されている薬物治療について執筆しています。一部を紹介しますと,受容体を介した薬の効き方について,症状別に対応した同効薬の提案とfollow ポイントなど,皆さんが新しい気付きを得られるようにおさらいしています。もちろん本書ですべて解決できる内容ではありません。しかし,本書の特徴として病院や薬局で経験を積んだ薬剤師,そして薬剤師教育を担っている教員,そして一番患者から薬の効果の確認や相談など日々の診療活動を行っている医師,とさまざまな視点で薬物治療における「薬剤師ならではの業務」である同効薬の違いについて執筆しています。

日常業務に邁進している皆さんにとって,薬剤師と関わる人たちから求められている役割について再認識していただくとともに,肩の力を抜いて同効薬について読んでいただける書籍が本書だと確信しています。

それでは,薬剤師の腕の見せ所である同効薬について勉強を始めていきましょう。


2018年9月

執筆者一同

■ 目次

其の壱 同効薬を知る

其の弐 同効薬を活用するための作用メカニズム

其の参 同効薬を理解するための薬物動態

其の四 難易度別に考える! 同効薬を提案する場面

其の伍 同効薬選択時のピットフォール

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:6.1MB以上(インストール時:16.8MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:6.1MB以上(インストール時:16.8MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません