• M2PLUS
  • ベストセラー
  • レジデントのための これだけ輸液

レジデントのための これだけ輸液

日本医事新報社

  • ISBN : 9784784949052
  • 書籍発行日 : 2020年6月
  • 電子版発売日 : 2020年6月15日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥4,620 (税込)
ポイント : 84 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

みんながつまずくポイントを「わかりやすさ最優先」で解説!

初学者が最初に読むのに適した本になるよう徹底的に考え、執筆しました。 この一冊をきちんと理解すれば、自信を持って輸液を行うことができます。

◎臨床で必ず経験する症例を提示。
◎具体的な治療法を時系列で解説。
◎病態を省略せず、しっかり説明。
◎製剤名・液量・投与速度が一目でわかる。

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Internet Explorer 11.x / Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 目次

第1章 輸液の学び方

輸液を学ぶための3ステップ

第2章 よく使用する輸液製剤

Case1 救急患者のライン確保

Case2 腎不全患者のライン確保

Case3 食事が摂れない場合

Case4 高ナトリウム血症

輸液に必要な器具の名称

投与速度の調節(クレンメ、輸液ポンプ、シリンジポンプ)

針の選択

ライン確保と採血

血液ガス分析と通常採血

第3章 輸液製剤の組成と体内分布

水が存在する部位(細胞・間質・血管)

電解質の単位: mEq/L

脱水

輸液製剤の組成

細胞外液

5%ブドウ糖液 1号液(開始液) 3号液(維持液)

水とNaの移動

生食を血管内投与したときの分布

5%ブドウ糖液を血管内投与したときの分布 1号液を血管内投与したときの分布 3号液を血管内投与したときの分布

第4章 浸透圧と張度を理解する

浸透圧

張度(有効浸透圧)

各輸液製剤の張度

等張液、高張液、低張液

等張電解質輸液、低張電解質輸液、高張電解質輸液

第5章 輸液製剤の適応と使い方

Case1 救急患者のライン確保

Case2 腎不全患者のライン確保

Case3 食事が摂れない場合(水分必要量の詳細)

Case4 高ナトリウム血症

第6章 尿細管の機能

近位尿細管

ヘンレループの細い下行脚

ヘンレループの細い上行脚

ヘンレループの太い上行脚

遠位尿細管

集合管

集合管に作用するホルモン、抑制薬、疾患

近位尿細管に作用するホルモン、抑制薬、疾患

ヘンレループに作用する抑制薬、疾患

遠位尿細管に作用する抑制薬、疾患

第7章 酸塩基平衡(血液ガス分析)

Step1 アシデミアかアルカレミアか?

Step2 呼吸性か代謝性か?

Step3 代償は適切か?

Step4 AGと補正HCO3-を計算する

Step5 鑑別を考える

第8章 電解質異常

高Na血症

低Na血症

高K血症

低K血症

高Ca血症

低Ca血症

高Mg血症

低Mg血症

第9章 病態別の輸液

ショック

うっ血性心不全

腎不全

糖尿病

糖尿病性ケトアシドーシス、高血糖高浸透圧症候群

感染症(抗生剤)

炎症性疾患(ステロイド)

食事が摂れない患者(栄養輸液)

ストレス下(ADH分泌亢進)

終末期(皮下輸液)

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:16.1MB以上(インストール時:36.6MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:16.1MB以上(インストール時:36.6MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません