医師のための保険診療入門2020

  • ISBN : 9784840752589
  • ページ数 : 224頁
  • 書籍発行日 : 2020年4月
  • 電子版発売日 : 2020年7月10日
  • 判 : A5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥3,080 (税込)
ポイント : 56 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

保険医の義務・役割等、保険診療のルールをわかりやすく説明した手引き書!

知らなかったでは済まされない、保険医療機関と保険医が遵守しなければならない規則をわかりやすく解説。知っておくべき知識がコンパクトにまとまった入門書で、医師になって間もない若手医師だけでなく、改めて「保険診療」を学び直したいベテラン医師にも使える1冊です。

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

本書を手に取られた皆さんへ

令和2年度の診療報酬改定に合わせて,本書も21回目の改訂を行うこととなりました。過去の執筆者の先生方が受け継がれてきた本書の改訂を担当させていただくこととなり,大変光栄です。今回も,現時点で最も正しい説明と解釈をお伝えできる内容となっていますので,最後まで通読していただけると幸いです。

本書はタイトル通り医師の先生方を対象読者にしていますが,今回の改訂では,医学生の皆さんの学部教育のテキストとしてもご活用いただけるよう,わかりやすい記載を心がけました。このような対応を行ったのは,医学部における医学生の卒業時の到達目標を示した「医学教育モデル・コア・カリキュラム」が2016年度に改訂され,2018年度から各大学において改訂後のモデル・コア・カリキュラムに基づく教育が開始されているからです。

今回のモデル・コア・カリキュラムの改訂では,「社会の変遷への対応」として,「社会の中での医療の位置付けや患者の動きに伴う医療費と財源との関係,限られた医療資源の有効活用について理解する必要がある」とされています。「限られた医療資源の有効活用の視点を踏まえ,保健・医療・福祉・介護の制度の内容を学ぶ」ために,具体的な学修目標として「医療保険,介護保険及び公費医療を説明できる」,「医療資源と医療サービスの価格形成を説明できる。診療報酬制度を説明でき,同制度に基づいた診療計画を立てることができる」という内容が追加されました。

初期臨床研修医も,保険診療上は指導医と変わらない1人の保険医です。4月に初めて医師として病棟に足を踏み入れた研修医であっても,保険診療を行ううえでは,その先生にとって初めての処置からすでに公法上の契約のもとで保険請求を行うことになります。モデル・コア・カリキュラムの改訂において診療報酬制度の理解を求めるようになったのは,研修医となったそのときから,適切な保険診療を行うことができる最低限の知識を医学部卒業までに身につけておくことが必要であると,文部科学省も厚生労働省も考えているためです。

医学生の皆さんには,クリニカルクラークシップで回る病棟で行われる「医療」に対する対価がどのように支払われ,また,その支払いを受けるために,先輩の医師たちが診療録等にどのような記録を残すことが求められているのかについて,SOAP形式での診療録記載を学ぶことと併行して学んでいただきたいと思います。

モデル・コア・カリキュラムの改訂後,すでに厚生労働省の地方厚生局の指導医療官に,医学部での講義を依頼している大学があると聞いています。臨床実習や臨床研修医を迎える医療機関側の視点で考えると,2022年前後から療養担当規則を一読したことのあるようなスチューデント・ドクターや,初期臨床研修医が院内に現れます。今後の指導体制・内容の充実のため,指導医層や医事課職員に対する正しい知識の普及をしていただくことが必要な時期に来ているのではないでしょうか。

また,基幹型臨床研修病院は特定共同指導の指導対象となり得ます。研修医による請求であっても,算定要件を満たしていなければ不当な請求となり,返還が求められます。

本書を4月の入職時のオリエンテーションなどで活用していただき,保険医としての良きスタートの一助としていただけると幸いです。


2020年4月

執筆者一同

■ 目次

第1章 2020年度診療報酬改定の解説

1.1 診療報酬改定の流れ

1.2 診療報酬改定の基本方針と基本認識

1.3 改定率

1.4 医科診療報酬改定の概要

第2章 医療保険と保険診療のしくみ

2.1 保険診療

2.2 医療保険

2.3 関係法令

第3章 保険診療のルール

3.1 基本診療料等

3.2 診療録(カルテ)

3.3 処方箋

3.4 保険外併用療養費制度

3.5 保険診療の制限

第4章 診療報酬の要点

4.1 医学管理等

4.2 在宅医療

4.3 検査

4.4 画像診断

4.5 投薬・注射

4.6 リハビリテーション

4.7 精神科専門療法

4.8 処置

4.9 手術

4.10 麻酔

4.11 放射線治療

第5章 診療報酬請求

5.1 レセプト

5.2 DPC/PDPS

5.3 審査・査定

5.4 指導・監査

5.5 不正請求と不当請求

第6章 介護保険との給付調整

6.1 介護保険制度

6.2 医療と介護の給付調整


巻末資料

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:6.4MB以上(インストール時:16.9MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:6.4MB以上(インストール時:16.9MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません