• M2PLUS
  • 新商品
  • HL7 FHIR新しい医療情報標準
  • ISBN : 9784621304914
  • 書籍発行日 : 2020年5月
  • 電子版発売日 : 2020年7月29日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥9,240 (税込)
ポイント : 168 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

電子カルテなどの医用文字情報の国際的な標準規格がHL7規格であり、HL7規格の中で最も新しい、次世代の仕様がFHIRである。日本では、地域医療連携、救急・災害医療提供体制の強化などの観点から、国を挙げて医療情報共有が推し進められており、HL7 FHIRはその中核を担うとして期待されている。本書はHL7 FHIR開発に関わる著者が実務者に向けて書いた入門的な内容となっており、これからの日本の医療情報の基盤となる内容。

■ 目次

第1部 概論

1章 健康情報学の簡単な歴史と概要

2章 アメリカの医療システム

3章 実世界(リアルワールド)における医療情報学

第2部 患者と対面する医療を越えて

4章 権限を手に入れた患者

5章 保健医療情報の交換

6章 FHIRの保険者向けアプリ

第3部 相互運用性の本質

7章 データと相互運用性の標準規格

8章 FHIR以前の相互運用性と臨床意思決定支援の標準

9章 FHIR

10章 SMART on FHIR

第4部 ニューフロンティア

11章 mHealth

12章 公衆衛生とポピュレーションヘルス

13章 分析と可視化

関連商品

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:15.3MB以上(インストール時:37.7MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:15.3MB以上(インストール時:37.7MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません