泌尿器科薬剤の考え方,使い方(先行予約)

  • ISBN : 9784498064362
  • ページ数 : 298頁
  • 書籍発行日 : 2020年9月
  • 電子版発売日 : 2020年9月16日
  • 判 : A5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
  • ※ 9月24日 ダウンロード開始予定
販売価格 (ダウンロード販売)
¥5,060 (税込)
ポイント : 92 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

この1冊で排尿障害・腫瘍・感染症のすべてを網羅! 疾患ごとに外来で使う薬剤一覧がひと目でわかるフローチャートと表で適応,用法・用量,投与時・投与中の注意点や評価項目,推奨グレードや薬剤選択の順序がわかりやすい! システム検索しなくてもパッと開いて処方ができる外来診療で手元に置いておきたい1冊.
数あるガイドラインの薬剤の部分をかみ砕いてまとめた泌尿器科医だけでなくプライマリケアやクリニック,研修医にも役立つ必携書!

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

序文

泌尿器科領域の疾患は,小児から高齢者の幅広い年齢層で,良性疾患から悪性疾患まで多彩です.また,治療においても,保存的治療と外科的治療,さらに保存的治療と外科的治療の組み合わせなど治療選択肢は非常に多くなっています.近年,薬物治療の進歩により,泌尿器科領域においても多くの薬剤が次々と開発されており,また単剤による治療のみではなく,様々な薬剤の併用治療,また,薬剤投与時のシークエンス,すなわち薬剤選択の順序など,日進月歩で進歩する新しい情報が提供されています.

泌尿器科領域においても,多くの疾患に関する診療ガイドラインが出版され,最新のエビデンスにもとづいて詳細な解説がなされていますが,すべてのガイドラインの内容を頭に入れることは難しく,実地診療の場に多くのガイドラインを携行することも現実的ではありません.そこで,泌尿器科医のみならず,一般内科医,プライマリケア医,また研修医を対象として,泌尿器科領域の日常よく遭遇する疾患について,1冊を外来の手元においておけば,適切な薬物治療が症例ごとに簡潔に調べられるような参考書として本書を編集いたしました.本書は,日常臨床,特に外来診療で患者さんに投薬を行う時に,薬剤の選択,適応,用法・用量,投与時・投与中の注意点や評価項目が一目でわかるように記載されており,ガイドラインを補完するクオリティを備えています.

本書では,日常診療で頻度の多い排尿障害,泌尿器科腫瘍,尿路・性器感染症を取り上げ,私が排尿障害,西山博之先生(筑波大学腎泌尿器外科学教授)が泌尿器科腫瘍,山本新吾先生(兵庫医科大学泌尿器科学教授)が尿路・性器感染症の編集を行い,第一線の臨床で活躍されている先生にご執筆をお願いいたしました.ぜひ,本書を泌尿器科日常診療の現場に常備して頂き,診療にお役立て頂きましたら,編者,執筆者の望外の喜びです.


2020年8月

編者を代表して
後藤百万

■ 目次

第1章 排尿障害(下部尿路機能障害)

A.前立腺肥大症〈後藤百万〉

 1.総論

 2.α1遮断薬

 COLUMN 術中虹彩緊張低下症候群

 3.PDE5(ホスホジエステラーゼ5)阻害薬

 4.5α還元酵素阻害薬

 5.併用薬物療法

 COLUMN 併用療法後の単剤治療への変更は可能か

 6.その他の薬剤(前立腺肥大症に保険適用のある)

B.過活動膀胱〈橘田岳也 千葉博基 篠原信雄〉

 1.総論

 2.β3作動薬

 COLUMN β3作動薬と排尿機能

 3.抗コリン薬

 4.併用薬物療法

 COLUMN ポリファーマシー

 5.その他の薬剤

C.夜間頻尿〈吉田正貴〉

 1.総論

 2.β3作動薬

 3.抗コリン薬

 4.α1遮断薬

 5.PDE5阻害薬

 6.利尿薬

 7.デスモプレシン

 8.その他の薬剤

D.その他の日常よく遭遇する下部尿路機能障害〈後藤百万〉

 1.間質性膀胱炎・膀胱痛症候群での薬の使い方

 2.糖尿病による神経因性膀胱での薬の使い方

 3.脳血管障害による神経因性膀胱での薬の使い方

 4.排尿筋低活動での薬の使い方

 5.小児夜尿症での薬の使い方

第2章 泌尿器腫瘍

A.前立腺がん

 1.総論〈宮澤慶行 鈴木和浩〉

 2.LHRHアゴニスト,GnRHアンタゴニスト〈宮澤慶行 鈴木和浩〉

 3.抗アンドロゲン薬〈宮澤慶行 鈴木和浩〉

 4.CYP17阻害薬(アビラテロン)〈宮澤慶行 鈴木和浩〉

 5.RI治療薬〔塩化ラジウム(ゾーフィゴ®)〕〈内海孝信 神谷直人 鈴木啓悦〉

 6.Taxane系抗がん剤(ドセタキセルとカバジタキセル)〈内海孝信 神谷直人 鈴木啓悦〉

 7.対症療法・その他前立腺がんに関する薬物療法〈内海孝信 神谷直人 鈴木啓悦〉

B.尿路上皮がん

 1.総論〈北村  寛〉

 2.抗がん剤膀胱内注入療法〈北村  寛〉

 3.BCG膀胱内注入療法〈北村  寛〉

 4.GC(ゲムシタビン/シスプラチン)療法〈湯浅  健〉

 5.MVAC療法とその他全身化学療法〈湯浅  健〉

 6.PD-1阻害薬〈湯浅  健〉

C.腎がん

 1.総論〈篠原信雄 大澤崇宏〉

 2.TKI〈篠原信雄 大澤崇宏〉

 3.mTOR阻害薬〈篠原信雄 大澤崇宏〉

 4.免疫チェックポイント阻害薬〈梅津大輔 江藤正俊〉

 5.免疫チェックポイント阻害薬+チロシンキナーゼ阻害薬〈梅津大輔 江藤正俊〉

 6.サイトカイン療法〈梅津大輔 江藤正俊〉

第3章 尿路感染症・性器感染症

A.膀胱炎〈速見浩士〉

 1.総論

 2.βラクタム系経口抗菌薬(BLI配合ペニシリン系・セフェム系)

 3.キノロン系経口抗菌薬

 4.ESBL産生菌に有効な経口抗菌薬

 5.その他の経口抗菌薬

 COLUMN 再発予防

 COLUMN 複雑性膀胱炎(カテーテル非留置症例)の治療

 COLUMN 無症候性細菌尿

B.腎盂腎炎〈石川清仁〉

 1.総論

 2.βラクタム系経口抗菌薬(セフェム系・BLI配合ペニシリン系)

 3.キノロン系経口抗菌薬

 4.βラクタム系注射抗菌薬(セフェム系・BLI配合セフェム系・BLI配合ペニシリン系)

 5.カルバペネム系注射抗菌薬

 6.キノロン系注射抗菌薬

 7.その他の注射抗菌薬(アミノグリコシドなど)

 COLUMN 尿路閉塞を伴う腎盂腎炎の治療

 COLUMN 重症度分類

C.細菌性前立腺炎〈和田耕一郎〉

 1.総論

 2.βラクタム系経口抗菌薬

 3.キノロン系経口抗菌薬

 4.βラクタム系注射抗菌薬

 5.カルバペネム系注射抗菌薬

 6.キノロン系注射抗菌薬

 7.その他の抗菌薬

 COLUMN 尿閉患者に対する排尿管理は膀胱瘻か?  それとも尿道カテーテルか?

 COLUMN 泌尿器科的な外科的介入は必要か?

 COLUMN 経直腸的前立腺生検における予防抗菌薬,生検後前立腺炎に対する治療は?

D.精巣上体炎〈和田耕一郎〉

 1.総論

 2.βラクタム系経口抗菌薬

 3.キノロン系経口抗菌薬

 4.テトラサイクリン系抗菌薬(経口/注射)

 5.βラクタム系注射薬(カルバペネム系を除く)

 6.カルバペネム系注射抗菌薬

 7.キノロン系注射抗菌薬

 8.その他の抗菌薬

 COLUMN 細菌性前立腺炎を合併している症例に対する対処は?

 COLUMN 治癒判定はどのように行うか?  硬結が消えるまで治療が必要か?

E.慢性前立腺炎〈市原浩司 高橋  聡〉

 1.総論

 COLUMN 慢性前立腺炎の分類

 2.抗菌薬

 3.α1遮断薬

 4.非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)・その他解熱鎮痛剤

 5.セルニチンポーレンエキス

 6.その他の併用可能な薬剤(筋弛緩薬,消炎酵素薬など)

 COLUMN 2グラステストは必須か?

 COLUMN 前立腺マッサージの有用性

 COLUMN 治療における留意点

 COLUMN 治療効果判定について

F.淋菌性尿道炎〈濱砂良一〉

 1.総論

 2.薬剤の種類と実際の用法

 COLUMN アジスロマイシン(ジスロマック®:AZM)

 COLUMN 淋菌の性器外感染と治療

G.非淋菌性尿道炎〈濱砂良一〉

 1.総論

 2.非淋菌性尿道炎としての第1選択薬

 3.マクロライド系抗菌薬

 4.ニューキノロン系抗菌薬

 COLUMN Mollicutes網に属する細菌の病原性

H.梅毒〈濱砂良一〉

 1.総論

 2.薬剤の種類と実際の用法

 COLUMN 梅毒患者数の増加

I.性器ヘルペス〈濱砂良一〉

 1.総論

 2.薬剤の種類と実際の用法

J.尖圭コンジローマ〈濱砂良一〉

 1.総論

 2.薬剤の種類と実際の用法

 3.その他の治療法

K.尿路性器結核〈安田  満〉

 1.総論

 COLUMN 感染尿の取扱い,患者隔離の必要性

 COLUMN 結核発見の遅れ(Total delay)

 COLUMN 外科的切除との併用療法

 COLUMN 服薬コンプライアンスを向上させる工夫

 COLUMN BCG感染時の化学療法

 2.リファンピシン

 3.イソニアジド

 COLUMN 減感作療法

 4.ピラジナミド

 5.ストレプトマイシン

 6.エタンブトール

 7.キノロン系経口抗菌薬

 COLUMN 多剤耐性結核に対する併用療法

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:8.0MB以上(インストール時:22.8MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:8.0MB以上(インストール時:22.8MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません