電解質輸液塾 改訂2版

  • ISBN : 9784498123519
  • ページ数 : 180頁
  • 書籍発行日 : 2020年9月
  • 電子版発売日 : 2020年9月14日
  • 判 : A5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥3,520 (税込)
ポイント : 64 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

水電解質が苦手になる大きな要因の一つに,例外やまれな事項があまりに多い,というものがある.本書ではそれを踏まえ,「まずは原理原則を徹底的にたたき込む」ことを優先し,覚える内容を大胆にクリアカット.簡単明瞭で分かりやすいと,発売すぐさま好評をいただいた.改訂2版では,初版の良さはそのままに,最新の知見も加えてブラッシュアップ.今すぐに臨床に活かせる,ミニマムかつ最適な水電解質攻略本となった.

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

まえがき

水電解質がわからないと言っている人は,専門書に扱われる内容に,原理原則に反する例外的な事項や,まれな事項があまりに多く,頭が混乱してしまっていることが多いように思います.初学者や,水電解質が苦手と思っている人は,ある程度例外には目をつぶって,まずは,原理原則を徹底的にたたき込むことが,最優先だと思います.だから,この本でも,原理原則に矛盾する例外やまれなことには,あえて目をつぶりクリアカットな記述を心がけています.そういう意味では,学術書としては正しくない記述もあるかもしれませんが,プラクティカルであることに重点をおいています.

また,水・電解質の教科書というと,いきなり生理学の記述がたくさん続き,そのあと,ようやく,臨床に使える電解質異常症の解説が始まります.今すぐ,臨床に役立つ知識を求める人は,ずいぶん遠回りしなければいけません.学問的には,生理→病態生理→治療と進んだ方が良いのですが,本書では,なるべく,電解質異常症の症例について考えながら,必要に応じて,生理学に立ち返るという構成にしてあります.

輸液や電解質の治療において重要なことは,ベクトルの方向は間違わない,でも,ベクトルの大きさにはこだわりすぎないと言うことです.人間の体にはホメオスタシス機構があります.したがって,治療の方向性(例えば,ここはNa を補充すべきか,制限すべきか)を間違わなければ,大きな失敗はありません.具体的に,何g 入れるかは,その次のステップです.様々な推算式がありますが,所詮推算式ですから,それにこだわり過ぎるのは意味がありません.むしろ,方向性さえ間違えなければ,日々の状況判断をして(データや身体所見を見て),少し足りないとか,少し多いといった評価をおこなって,修正していければよい思います.本書では,治療の方向性を間違わないという部分にしっかりと力を入れていきたいと思います.

私も,20年以上にわたって,この分野に興味を持って勉強をしてきました.しかし,この分野は学べば学ぶほど,そう簡単にクリアカットに考えられるような学問分野ではないことがわかってきました.しかし,原則となる1 本の幹をしっかり持っていなければ,いくら枝葉を覚えても仕方がありません.木の幹をしっかり本書で身につけて下さい.

本書では,5 つのテーマを扱いました.どこから読んでいただいても良いようにしてあります.また,最後のQuick Reference は,病棟ですぐに役立つものにしてあります.読者は,医学生,研修医あたりを想定していますが,臨床経験が長い方が,電解質,輸液をもう一度勉強しなおしたいという場合にも満足してもらえると思います.この本で水電解質に興味を持たれた方は,是非,柴垣有吾先生の『より理解を深める!体液電解質異常と輸液』を読んでみて下さい.本書では,十分に書けなかったことにも,言及していますので,知識を深めることが出来ると思います.

なお,本書を書くに当たって,和田孝雄先生の『輸液を学ぶ人のために』『臨床家のための水と電解質』,柴垣有吾先生の『より理解を深める! 体液電解質異常と輸液』には,多大な影響をいただきました.この場を借りて感謝申し上げたいと思います.また,2012 年に,慶應義塾大学医学部93 回生に年間を通しておこなった「電解質輸液塾」が,この本のベースになっています.たくさんのフィードバックをくれた学生達に感謝したいと思います.


2013年3月

門川俊明

■ 目次

テーマ01 Na と水の異常 第1限 低Na 血症の考え方

1-1 低Na 血症の考え方

1-2 細胞外液量の推定

第2限 低Na 血症の治療

2-1 低Na 血症の症状

2-2 低Na 血症の治療

2-3 体液量減少型の低Na 血症へのアプローチ

第3限 SIADH

3-1 SIADH とは

3-2 ADH の作用メカニズム

3-3 血漿浸透圧の調整機構

3-4 SIADH の原因

3-5 SIADH の診断

3-6 SIADH の治療

3-7 バソプレシン受容体拮抗薬

第4限 高浸透圧性低Na 血症と偽性低Na 血症

4-1 高浸透圧性低Na 血症

4-2 偽性低Na 血症

第5限 低Na 血症の診断アプローチ

5-1 低Na 血症の診断アプローチ

5-2 水とNa の関係

第6限 高Na 血症

6-1 高Na 血症を防ぐメカニズム

6-2 高Na 血症の症状

6-3 高Na 血症の診断アプローチ

6-4 高Na 血症の治療

第7限 尿崩症

7-1 尿崩症とは

7-2 尿崩症の治療

7-3 多尿の診断アプローチ

テーマ02 K の異常 第1限 K 代謝異常症の病態生理

1-1 K の体内動態

1-2 K は細胞内の主要なイオン

1-3 K の調整機構

1-4 細胞内外のK 移動を調節する因子

1-5 腎臓でのK 分泌

第2限 高K 血症

2-1 高K 血症の症状

2-2 K 濃度異常と心電図変化

2-3 高K 血症の診断アプローチ

2-4 高K 血症の緊急治療

2-5 高K 血症の慢性期の治療

第3限 低K 血症 1

3-1 低K 血症の症状

3-2 低K 血症の診断アプローチ

第4限 低K 血症 2

4-1 低K 血症の治療

4-2 Bartter 症候群/Gitelman 症候群

第5限 尿細管でのK 排泄制御の生理学(上級編)

5-1 尿細管でのK 排泄制御

5-2 尿 細管でのK 排泄制御から低K 血症と 高K 血症の病態を考える

テーマ03 Ca・P・Mg の異常 第1限 Ca,P 代謝の基本

1-1 Ca 代謝

1-2 P 代謝

1-3 Ca・P を調節する因子

第2限 高Ca 血症

2-1 高Ca 血症とは

2-2 高Ca 血症の診断

2-3 高Ca 血症の治療

第3限 低Ca 血症

3-1 低Ca 血症とは

3-2 低Ca 血症の原因疾患

3-3 低Ca 血症の診断アプローチ

3-4 低Ca 血症の治療

第4限 高P 血症

4-1 高P 血症とは

4-2 高P 血症の診断

4-3 高P 血症の治療

第5限 低P 血症

5-1 低P 血症とは

5-2 低P 血症の診断

5-3 低P 血症の治療

第6限 Mg 代謝異常症

6-1 Mg 代謝の基本

6-2 高Mg 血症

6-3 低Mg 血症

テーマ04 酸塩基平衡異常 第1限 酸塩基平衡の基本

1-1 酸の産生と排泄

1-2 pH は肺と腎臓が決める

1-3 代償作用

1-4 ア シデミア,アルカレミアとアシドーシス, アルカローシスの違い

1-5 血液ガスのステップ分析

第2限 代謝性アシドーシス 1

2-1 アニオンギャップ

2-2 AG 増加型代謝性アシドーシス

2-3 糖尿病性ケトアシドーシス

第3限 代謝性アシドーシス 2

3-1 乳酸アシドーシス

第4限 代謝性アシドーシス 3

4-1 AG が減少するのは

第5限 代謝性アシドーシス 4

5-1 AG 正常の代謝性アシドーシス

5-2 尿アニオンギャップ

第6限 代謝性アシドーシス 5

6-1 尿細管性アシドーシス

6-2 慢性腎不全のときのアシドーシス

第7限 代謝性アルカローシス

7-1 代謝性アルカローシスの病態

7-2 代謝性アルカローシスの診断

7-3 代謝性アルカローシスの治療

第8限 混合性酸塩基平衡異常 1

第9限 混合性酸塩基平衡異常 2

9-1 アスピリン中毒

9-2 ΔAG とΔHCO3- 

テーマ05 輸液の考え方 第1限 輸液療法の基本

1-1 輸液は難しい?

1-2 2 + 3 の輸液製剤を覚える

第2限 基本輸液製剤を理解する

2-1 輸液の基本製剤は生食と5%ブドウ糖液

2-2 輸液はどこに行くか?

第3限 その他の輸液製剤を理解する

3-1 イントロ

3-2 血漿増量剤

3-3 細胞外液補充液

3-4 1 号液~ 4 号液

3-5 3 号液がなぜ維持液とよばれるのか

3-6 1 号液と4 号液の使い方

3-7 輸液製剤何を覚えるか

第4限 輸液の量とスピードの考え方

4-1 補充輸液

4-2 脱水時の輸液量の目安

4-3 維持輸液

4-4 水と電解質のバランスシート

4-5 フィードバック

クイック・レファレンス

低Na 血症の診断アプローチ

低Na 血症の治療

高Na 血症の診断アプローチ

多尿の診断アプローチ

高K 血症の診断アプローチ

高K 血症の緊急治療

低K 血症の診断アプローチ

高Ca 血症の診断アプローチ

低Ca 血症の診断アプローチ

高P 血症の診断アプローチ

低P 血症の診断アプローチ

血液ガスのステップ分析

覚えるべき輸液製剤の組成

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:36.3MB以上(インストール時:77.1MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:36.3MB以上(インストール時:77.1MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません