プライマリ・ケア医のための 内科治療薬使い分けマニュアル

  • ISBN : 9784840750684
  • ページ数 : 544頁
  • 書籍発行日 : 2018年6月
  • 電子版発売日 : 2020年9月18日
  • 判 : A5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥5,500 (税込)
ポイント : 100 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

●臨床経験豊かなエキスパートが、日常診療でよく診る疾患に対して、知っておきたい知識、治療、汎用薬をシンプルにまとめました!
●第一選択薬は? 類似薬との使い分けは? 患者の病態にあわせた調整は? …薬を使いこなすヒントがあります!
●幅広い領域で、かつコモンディジーズ(common disease)を網羅し、あらゆるシチュエーションで役立ちます。
●箇条書きで簡潔にまとめているので、スタンダードな治療方法・汎用薬の特徴などを短い時間で検索可能。

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

近年,高齢患者の増加とともに外来診療の機能分化・連携強化が推進されており,診療所や中小病院の果たす役割はますます大きくなっている。その結果,外来では多種多様の疾患を限られた時間で診なければならなくなったが,数多くある治療薬の選択や治療開始後のフォローは簡単でなく,医療ミスにつながるおそれが出てきた。このような現状を踏まえて,医療現場からは,より簡便にまとめた薬物治療ガイドブックの必要性が叫ばれるようになった。そうしたニーズを踏まえて,外来でプライマリ・ケアに携わる医師に,内科系疾患の薬物療法に関する情報を適切に提供することを目的として本書を企画した。


本書は総論と各論から成り,総論では,薬物療法に際してプライマリ・ケア医を含めたすべての医師がおさえておきたいポイントをまとめた(第1 章:最適な処方までのステップ,第2 章:処方後のフォローアップ,第3 章:診療力アップのためのワザと知識)。


さらに各論では,外来で診ることの多い疾患や症状に対する薬物治療戦略や各薬物の特徴,類似薬の使い分けのポイントをまとめた(第4章:外来でよく遭遇する症状と薬の使い分け,第5章:Common diseaseの治療戦略と薬の使い分け)。執筆者はいずれも臨床経験の豊かな専門家であり,個々の患者に対する治療薬の選び方や使い方について臨床現場の状況に沿った内容としてまとめていただいた。このように本書は,外来診療における薬物療法を専門家が簡便にまとめたものであり,地域医療における薬物療法の質の向上に貢献するものと期待している。


最後に,本書を企画するに際して地域医療で活躍されている上野桂一先生(上野医院,石川県金沢市),佐々木正人先生(佐々木内科クリニック,北海道赤平市)および匹田さやか先生(相模原市立千木良診療所,神奈川県相模原市)から外来診療における薬物療法の現状および問題点に関するご意見をいただき,それらを本書に盛り込ませていただきました。ここに深く感謝いたします。


2018年4月
藤村 昭夫

■ 目次

総 論

第1章 最適な処方までのステップ

1-01 地域医療における外来診療の心得

1-02 高齢患者に対する処方の考え方

1-03 腎機能に応じた処方の考え方

1-04 薬物相互作用の回避

1-05 妊婦における催奇形性、授乳婦における乳汁移行性の考え方

第2章 処方後のフォローアップ

2-01 治療効果のモニタリング

2-02 有害反応のモニタリング

2-03 治療内容の見直し

2-04 高齢者の服薬管理のコツ

2-05 ポリファーマシー見直しのコツ

第3章 診療力アップのためのワザと知識

3-01 地域連携・在宅医療の進め方

3-02 薬局・薬剤師とのつきあい方

3-03 ジェネリック医薬品の賢い選び方・使い方

3-04 漢方薬の賢い選び方・使い方

各 論

第4章 外来でよく遭遇する症状と薬の使い分け

4-01 発熱・感冒

4-02 咳

4-03 便秘

4-04 下痢

4-05 しびれ・めまい

第5章 Common diseaseの治療戦略と薬の使い分け

【循環器疾患】

5-01 高血圧

5-02 不整脈(心房細動)

5-03 心不全

5-04 狭心症・心筋梗塞

【消化器疾患】

5-05 消化性潰瘍

【呼吸器疾患】

5-06 気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患

【内分泌・代謝疾患】

5-07 糖尿病

5-08 脂質異常症

5-09 痛風・高尿酸血症

5-10 甲状腺機能亢進症(バセドウ病)

5-11 甲状腺機能低下症(橋本病)

【感染症】

5-12 細菌感染症

5-13 インフルエンザ

5-14 単純疱疹、帯状疱疹

【骨・関節疾患】

5-15 骨粗鬆症

【血液疾患】

5-16 貧血

【腎・泌尿器疾患】

5-17 慢性腎臓病(CKD)

5-18 過活動膀胱、前立腺肥大症、腹圧性尿失禁

【精神・神経疾患】

5-19 不眠症

5-20 認知症

5-21 頭痛

【皮膚疾患】

5-22 アトピー性皮膚炎

5-23 蕁麻疹


索引

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:10.9MB以上(インストール時:31.7MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:10.9MB以上(インストール時:31.7MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません