[202010] プレミアムセット

  • 電子版発売日 : 2020年9月15日
  • 種別 : アプリケーション版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥85,800 (税込)
ポイント : 780 pt (1%)

商品情報

■ 収録内容

M2PLUSのTOPセラー11製品をまとめた豪華PREMIUMセットです!

「臨床検査ガイド 2020年改訂版」「イヤーノート2021」「サンフォード感染症治療ガイド2020」「今日の治療薬2020」「当直医マニュアル2020」「外来医マニュアル第4版」「小児の薬の選び方・使い方改訂5版」「ICU実践ハンドブック改訂版」「マイナーエマージェンシー原著第3版」「ER実践ハンドブック」「研修医手技マニュアル第2版」がまとまった「超」お得なセットです。

こんなにお得なのです!

収録コンテンツの総額95,920円(税込)のところを、特別価格85,800円(税込)でご提供です。



■ 特長1

臨床検査ガイド 2020年改訂版

最少の検査で最大の成果を得るための、臨床検査のベストセラー、2020版の登場です!
2020版では、日常臨床におけるプラクティスの変化や新規検査の導入・旧検査の改廃に伴い項目を全体的に見直して整理し、最新情報を盛り込んで前版よりさらにわかりやすく、使いやすく改訂されました。各項目の冒頭に「デシジョンレベルの表」「基準値の表」を設け、「検査によって何がわかるか」「どういうときに検査するか」「測定上の注意」「異常値が出る疾患」「予想外の値が得られた場合にはどうするか」「異常値がみられた場合の検査の進め方と対応」「保険適応の条件」など、見やすく整理して解説しています。ぜひ手元に置いて、日々の診療に活用ください。


2015年改訂版以来、5年ぶりの改訂!

日常臨床におけるプラクティスの変化や新規検査の導入・旧検査の改廃に伴い項目を全体的に見直して整理しました

最新情報を盛り込んで前版よりさらにわかりやすく、使いやすく改訂しました

各項目の冒頭に「デシジョンレベルの表」「基準値の表」を設けました

検査によって何がわかるか」「どういうときに検査するか」「測定上の注意」「異常値が出る疾患」「予想外の値が得られた場合にはどうするか」「異常値がみられた場合の検査の進め方と対応」「保険適応の条件」など、見やすく整理して解説しました.


付箋・メモ、さらにカメラ機能で書籍を自分色に!

インクリメンタル検索機能搭載!検索候補から素早く検索結果を表示できます

前後項目を一覧表示!隣接項目を簡単参照が可能!

マーキング機能も搭載!

旧版ユーザの方はブックマークやメモなど簡単移行、これまでの資産も活用できます

イヤーノート2021

発売以来、不動の人気を誇るイヤーノート、2021版の登場です!
2021版では、高血圧治療ガイドラインなど新しい疾患ガイドライン、2019年の医師国家試験、認定内科医試験、総合内科専門医試験や外科専門医予備試験の出題情報を新たに反映しました。
さらに、文中の【AT】マークからワンタッチで「イヤーノートATLAS」の参照が可能!
お持ちの朝倉「内科学」など成書との相互リンク機能や、青セロハン機能で重要語句の表示/非表示の切り替えが可能!オリジナルの便利機能が満載です。


「膵・消化管神経内分泌腫瘍(NEN)診療ガイドライン 2019年 第2版」や「大腸癌治療ガイドライン 医師用 2019年版」に基づき,概念の変更や治療についての記載をアップデート

「慢性肝炎・肝硬変の診療ガイド2019」「膵癌診療ガイドライン2019年版」「自己免疫膵炎臨床診断基準2018」などを参考に,各項目の診断基準や治療方針を大幅にアップデート

『高血圧治療ガイドライン2019』が5年ぶりに発表.降圧目標が引き下げられることとなりました.「血圧異常」の約10ページを全面刷新

113回(2019年2月分)までの医師国家試験出題内容を反映

2017~2019年実施の国試(111~113回)出題内容に青下線を追加

2019年度認定内科医試験・総合内科専門医試験の出題情報を追加反映

外科専門医予備試験の出題内容を反映


※現在、“2台の端末”でのご利用には対応いたしておりません。
(有効・無効を切り替えてのご利用は可能です。)

※(別冊「イヤーノートTOPICS」「Quick Reference for Resident」「内科系専門医試験 Quick Check」は収録していません。)

試験対策に活用できる青セロハン機能を搭載

イヤーノートアトラスも収録し、【AT】マークから簡単参照

朝倉「内科学」、中山「内科学書」へのリンク参照、知識の深堀ができます

書籍の利用も考慮し、書籍「イヤーノート2021」のページ番号で検索できます

収載薬剤名から今日の治療薬をリンク参照、薬物療法についても深めることができます

前後項目表示で隣接項目を簡単参照、さらに知識を深めることができます

付箋・メモ、さらにカメラ機能でデジタル版「my year note」を作成できます

旧版ユーザの方はブックマークやメモなど簡単移行、これまでの資産も活用できます


サンフォード感染症治療ガイド2020

大好評の「感染症診療のバイブル」最新版!
日常診療で遭遇するすべての感染症について、診断、原因菌、治療選択を簡潔かつ体系的に記述した最新版「サンフォード感染症治療ガイド」。
2020年版は新型コロナウイルス(COVID-19)関連の最新情報を収録!随時アップデートができます。

+++コロナウイルス(COVID-19)関連情報につきましては、特別な措置として、ライフサイエンス出版のご協力のもと、更新データとして提供いたします+++


全世界の臨床家に活用されている「感染症診療のバイブル」!日本語版は今年で20周年!

世界の感染症の状況がわかる,まさに感染症診療のグローバルスタンダード

新型コロナウイルス(COVID-19)関連の最新情報を収録!

医学生,研修医,一般臨床医,薬剤師をはじめ,多くの医療関係者に有用

毎年最新のエビデンスに基づいて内容を改訂

細菌から真菌,寄生虫,ウイルスまで,遭遇しうるすべての感染症を網羅

Antimicrobial Stewardshipは刊行以来の原則

大好評の「今日の治療薬」リンク参照、もちろん搭載です!

引用文献からPubMedへリンク参照を実現

前後項目を一覧表示

旧年度版から簡単移行

■ 特長2

今日の治療薬2020

2020年4月改定薬価を収載!
"電子版だから"いつでも、どこでも、素早く、簡単に"薬剤検索が可能!
書籍「今日の治療薬(2020年版)」の便覧に加え、約17,500剤の薬価、7,000剤の認識コードを独自に収録。 採用薬設定により、採用薬での絞込み検索も実現。診療時の処方や回診時、調剤、検査時など幅広い医療現場でますます威力を発揮します。今年度版の新規項目は下記4項目!


新章「免疫疾患治療薬」を設けました。

警告欄では、使用できる医師や医療施設が限定される薬剤に新マークを新設しました。

2020年4月改定薬価(約17,500剤)を収載しました。

一般名欄、適応欄での背景色表示(グレー、ピンク)を実現しました。

※便覧部分のみを収録しています(解説部分は収録しておりません)。

今年で発売から19年

2020年4月改定薬価を早くも収載

iOS・AndroidOSでのご利用が可能

豊富な検索で手間いらず

採用薬設定を実現

薬価はパーセント表示もあります

薬効別リストから簡単参照

旧年度版から簡単移行


当直医マニュアル2020


当直業務のお守り本「当直医マニュアル」の2020年版! 第一線の医療をになう当直医に、“現場で本当に必要な情報”が1冊にまとめられた必携書です。
2020年版では「皮膚・粘膜病変」には皮疹のカラー画像を掲載し、今日の治療薬へのリンク参照、全文検索、ページ内目次、メモ入力、ブックマーク登録など、電子版ならではの機能も満載。日々の当直業務を強力にサポートします!


第11章に「急性副鼻腔炎」、第13章に「POCUS(Point-of-care Ultrasound)」を追加

エビデンスや教科書的な記載を超えた先輩たちの知恵を掲載した「つぶやき欄」を大幅増量

「当直医の心得」は著者を変更して全面的に改訂

臨床研修医の必修事項を完全収載

大好評の「今日の治療薬」リンク参照!

掲閲覧履歴から参照可能

ページ内目次をご用意!

前後項目を一覧表示

旧年度版から簡単移行

外来医マニュアル第4版

外来診療で行うプライマリケアがすぐわかる! 忙しい外来現場で必携の実践マニュアルの最新版!
症候編には前版に掲載されていた頭痛、めまいなどの基本30症候に加え、今回、潮紅、頸部痛、腹部膨満、認知機能障害、無月経などの新たな24症候が加わり、きわめて有用な54症候のラインナップとなっています。
外来診療で遭遇する頻度の高い疾患・病態に対して、その鑑別診断やポイント、チェックリスト、さらに疾患に対する処方や検査などを簡単に検索参照が可能な、一般外来の担当医必携の書です。

基本的な診療フローや初期治療を解説したマニュアル書です!

症候編54項目と倍増し、"鑑別診断マニュアル"としても有用!

検査・健診異常の患者対応が一目でわかる!

大好評の「今日の治療薬」リンク参照、もちろん搭載です!

「当直医マニュアル」、「臨床医マニュアル」へのリンク参照搭載!

旧版から簡単移行


マイナーエマージェンシー原著第3版

米国 “マイナー急患全集”「マイナーエマージェンシー」の原著第3版!
原著第3版では、前版では収載しなかった歯科領域など新たに13事例を追加。前の版で収載されていた項目についても、内容の見直しによる大幅な改稿や加筆がなされています。また、インターネットアクセスにより関連動画を閲覧することも可能になりました。
電子版では、目次・全文からの検索、大好評「今日の治療薬」とのリンク、参考文献からのPubMedリンク、マーキング機能を搭載!すべての臨床医・研修医のための急患診療マニュアルとして是非お手元に!

急患診療マニュアルとして是非お手元に!

イラストや写真も多数掲載し、わかりやすい構成!

インターネットアクセスにより関連動画の閲覧が可能!

今日の治療薬へのリンク参照を実現

■ 特長3

小児の薬の選び方・使い方改訂5版

小児への処方で困っていませんか?そんな問題を解決する「小児の薬の選び方・使い方」の改訂5版です!
小児診療で頻繁に遭遇する26症状・49疾患について,薬を選び使うまでのステップを経験豊かな小児科専門医がその手の内を公開。いつでもどこでも簡単に検索参照できます。
改訂5版は新規項目の追加でさらに内容充実,薬用量の表や処方例も最新動向に沿ってアップデートされ、もちろん今日の治療薬へのリンク参照,メモ入力などのデジタルならではの機能も搭載。小児を診るすべての医師,研修医,薬剤師必携です!


小児処方に欠かせない情報が満載

大好評の「今日の治療薬」リンク参照!

薬効別目次から薬を探せます

iOS・AndroidOSでのご利用が可能

豊富な検索で手間いらず

インクリメンタル検索が可能

メモ入力、ブックマーク登録ができます

旧年度版から簡単移行


ICU実践ハンドブック 改訂版

ICUに必須の知識,重症患者の治療・管理の進め方がわかる定番書が10年振りの改訂!
各エキスパートが"実践"重視で解説。コントロール目標値、薬剤投与量など具体的な数値を明記。ガイドラインやエビデンス、臨床経験をもとに役立つ情報を提示。
電子版では検索機能はもちろん、今日の治療薬へのリンク機能も搭載し、一刻を争うICUで迅速な確認が可能です。日々救急・ICU業務に従事する研修医、集中治療医、また看護師までぜひ御一読いただきたい書です。

ICU業務のマニュアル書をいつでもお手元に!

大好評の「今日の治療薬」リンク参照、もちろん搭載です!

引用文献からPubMedへリンク参照を実現

インクリメンタル検索機能搭載

前後項目を一覧表示

履歴から参照可能


ER実践ハンドブック

大ベストセラー『ICU 実践ハンドブック』の姉妹書場!
ERで必要な知識を網羅した決定版。初療からDispositionまでの対応手順と考え方を明確に示し「いつ何をすべきか」がわかる。役立つ知恵とテクニックも満載。知りたい情報をサッと探せる、頼りになる1冊
電子版では検索機能はもちろん、今日の治療薬へのリンク機能も搭載し、一刻を争うERで迅速な確認が可能です。日々救急部門に従事する研修医、若手医師の方にぜひ御一読いただきたい書です。

現場で「読める」ER業務のハンドブックをいつでもお手元に!

大好評の「今日の治療薬」リンク参照、もちろん搭載です!

引用文献からPubMedへリンク参照を実現

前後項目を一覧表示

閲覧履歴から参照可能


研修医手技マニュアル 第2版

研修医必携のマニュアルの改訂版!
厚労省が定めた研修医の必修手技をすべて収載した「研修医手技マニュアル」の第2版です。姉妹書『当直医マニュアル』『臨床医マニュアル』『外来医マニュアル』で培われてきた現場主義の視点で解説。
電子版では、オールカラー書籍の全文、全図表を収録。初期研修医必携のアイテムです。

手技の流れをわかりやすく記載!

関連情報をColumn, Memoとして記載!

前後項目を一覧表示

旧年度版から簡単移行

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:979.9MB以上(インストール時:2.9GB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:979.5MB以上(インストール時:3.1GB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません