症状緩和のための できる!使える! 皮下投与

  • ISBN : 9784525421915
  • ページ数 : 172頁
  • 書籍発行日 : 2020年7月
  • 電子版発売日 : 2020年9月21日
  • 判 : A5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥3,300 (税込)
ポイント : 60 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

ありそうでなかった薬剤の皮下投与の教科書!
薬剤の皮下投与がこの一冊でまるごとわかる!


終末期患者の補液・投薬手段として重用されている薬剤の皮下投与方法は比較的低侵襲であるが,ほとんどの薬剤において添付文書範囲外の投与方法となり,有害事象や配合変化などへの対応・配慮も必要となる.本書では,終末期患者の症状緩和において皮下投与をより安全に,より有効に活用するための知見を整理して紹介する.

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文


薬剤や輸液の皮下投与は緩和ケア病棟や在宅の現場では古くから広く行われてきた方法である.緩和ケアの先駆者たちが,静脈ルートが確保できない中で,できる限り患者の負担や侵襲を軽減するために紡ぎあげてきた知恵の結集ともいうべきものである.

一方で,その根拠は乏しく,成書等での記載もごく僅かであり,秘伝のワザとして引き継がれてきた面がある.本書は著者らの経験と現時点で得られる限りの根拠に基づき,秘伝のワザを広く利用していただけるように企画した.

筆者らの施設においては,緩和ケア病棟が開棟された20年ほど前より,できるものは皮下投与を検討する文化があった.そのため,皮下投与が広く普及している英国の成書を参考に,試行錯誤しながら皮膚障害や効果を見極めて,様々な薬剤を皮下投与してきた.その中で感じてきたのは,思っているよりも皮下投与できる薬剤は多く,思っているよりも効果があるということであった.

十分な配慮を行えば,皮下投与は患者負担が少なく,緩和ケアの領域で非常に有用な投与方法である.本書を多くのがん患者の症状緩和に役立てていただけることを期待したい.


2020年6月

編者を代表して 久永 貴之

■ 目次

1章 薬剤の皮下投与の目的と意義、投与方法の種類

 A.皮下投与の種類

 B.皮下投与の利点と欠点

 C.皮下投与の実際

  ①持続皮下注射

  ②皮下輸液

  ③薬剤投与のための皮下点滴

 D.皮下投与できる輸液剤・注射剤

2章 使用できる薬剤

1.皮下投与できる薬剤とは ―基礎的な視点から―

 A.皮膚組織の構造と機能

 B.製剤の物理学的な性質から推測する薬剤の皮膚刺激性

2.使用できる薬剤・気をつけるべき薬剤

 A.維持輸液

 B.鎮痛薬

 C.向精神薬

 D.抗菌薬

 E.その他

3章 利用可能なポンプ

 A.電動式精密型ポンプ

 B.ディスポーザブルポンプ

4章 薬剤の組み合わせ、配合変化

 A.配合変化とは

 B.配合変化の要因

 C.配合可否の判断基準

 D.配合変化を予測する方法、回避する方法

 E.臨床での活用F.活用の具体例

 ・緩和ケア領域で使用されると予想される薬剤の配合変化の表

5章 投与の注意点と対応方法

 A.持続皮下注射

 B.皮下輸液/薬剤の皮下点滴

6章 症例に基づいた皮下投与の実際

1.緩和ケア病棟 ―緩和ケア医の視点から―

 A.悪性消化管閉塞

 B.出血

 C.悪心・嘔吐(+せん妄)

 D.不眠

 E.せん妄

 F.治療抵抗性の苦痛に対する鎮静

2.一般病棟 ―看護師の視点から―

 A.投与経路変更に関する事前の情報提供

 B.使い慣れていない医療用麻薬を使用するときの注意点

3.在宅 ―在宅委の視点から―

 A.在宅における薬剤皮下投与の準備と注意点

 B.在宅でのポンプの準備とコストの算定

 C.PCAの指導と注意点

 D.注射剤の混合

 E.今後の展望

持続皮下注射指示一覧

オピオイド換算表

索 引

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:9.0MB以上(インストール時:21.5MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:9.0MB以上(インストール時:21.5MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません