• ISBN : 9784892699863
  • ページ数 : 228頁
  • 書籍発行日 : 2019年10月
  • 電子版発売日 : 2020年10月9日
  • 判 : A4判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数 : 3
販売価格 (ダウンロード販売)
¥4,400 (税込)
ポイント : 80 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

『看護師のための院内トリアージテキスト』から一新
現場で活躍する看護師のためのトリアージ実践書


トリアージの場面や対象は緊急度判断を必要とするあらゆる場面であり,突然の症状に対応する看護師すべてにトリアージナースの知識が必要であるといっても過言ではありません。
日本救急看護学会はトリアージの実践ができることを目的として「トリアージナースコース」を定期的に開催しており,本書はそのテキストとしてトリアージの実際がイメージできる内容となっています。

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

いま世界は米国のトランプ大統領が仕掛ける世界の経済戦争のなかにあり,各国の政権はポピュリズムに動いています。自国主義がどこまで進むのか不透明であり,世界各国の動きに目が離せません。いままで積み上げてきた平和をゆるがすようなことだけは避けてほしいものです。

日本も気象変動によるスーパー台風や大地震などの大災害が,明日に発生してもおかしくない状況が続いています。平成最後の年,2018 年に起こった北海道胆振東部地震での「ブラックアウト」や岡山県真備町を襲った豪雨,関西国際空港が閉鎖された台風などの被害は,今後も発生する可能性は高いです。

災害発生時に,現場で大活躍するのは,救急看護師たちです。日常の救急外来や初療室のトリアージでとっさの判断力,そしてテキパキと臨機応変に看護活動できる能力を磨いています。その基本になる知識や技術を学んでいるのが日本救急看護学会のトリアージナースコースであると考えています。

今回の大きな改訂は,新しいテキストを作成したと言えるほどに記述内容が格段に向上し大変充実しております。編集執筆作業に関わった皆様に,ここに御礼申し上げます。そして,多くの方にお読みいただき,実践に活かしていただきたいテキストに仕上がりました。本書の刊行により,さらに臨床現場の実践力が向上することを願ってやみません。


令和元年8月

一般社団法人 日本救急看護学会
代表理事 松月みどり

■ 目次

Ⅰ 救急看護とトリアージ

1 救急看護とは

1.救急看護の定義

2.救急患者の特徴

3.救急看護に求められる知識・技術・能力

2 トリアージとは

1.トリアージの歴史的変遷

2.トリアージの定義

3.緊急度・重症度とは何か?

4.アンダートリアージとオーバートリアージ

5.トリアージガイドライン

3 トリアージナースとは

1.トリアージナースの定義

2.トリアージナースの役割

3.トリアージナースに求められる前提条件

4 トリアージに活かす臨床推論

1.臨床推論とは

2.臨床推論の実際

Ⅱ トリアージの位置づけと運営

1 トリアージの運営体制

1.病院内の体制づくり

2.トリアージの運営

3.トリアージナースの体制

2 トリアージの法的問題と倫理的配慮

1.トリアージの法的問題

2.トリアージにおける倫理的配慮

3.トリアージにおける医療者の擁護

3 感染性疾患のスクリーニング

1.救急外来における感染性疾患への曝露のリスク

2.救急外来においてスクリーニングを要する感染性疾患

3.トリアージの際に行うべき感染管理

4.感染性疾患のスクリーニングの方法

5.感染性疾患のスクリーニングの要件

4 状況マネジメント

1.救急外来の場の調整

2.混雑時の対応

3.患者・家族への説明

4.暴力行為

5.待機中の患者の急変

6.キャンセル時の対応

7.多重課題

8.一般市民への広報

9.医療者間の連携

10.地域連携

5 トリアージの教育と質の評価

1.トリアージの教育

2.トリアージの質を評価する指標とデータ分析

3.トリアージの事後検証

4.トリアージの医学的保証

Ⅲ トリアージのプロセス

1 成 人

1.トリアージガイドライン

2.成人のトリアージのポイント:STEP 1(第一印象~仮説形成まで)

3.成人のトリアージのポイント:STEP 2(自覚症状の問診とバイタルサインの測定,およびその評価)

4.成人のトリアージのポイント:STEP 3(他覚所見の評価~緊急度判定)

5.成人のトリアージのポイント:STEP 4(情報共有~再評価)

2 小 児

1.小児患者の特徴

2.小児のトリアージのポイント:STEP 1(患者来院および第一印象における重症感の評価)

3.小児のトリアージのポイント:STEP 2(自覚症状の問診とバイタルサインの測定,およびその評価)

4.小児のトリアージのポイント:STEP 3(情報の統合と緊急度判定)

Ⅳ 主要症状のトリアージ

1 頭 痛

1.頭痛とは?

2.頭痛のトリアージのポイント:STEP 1(第一印象~仮説形成まで)

3.頭痛のトリアージのポイント:STEP 2・3(自覚症状と他覚所見の評価~緊急度判定まで)

4.ピットフォール

2 意識障害

1.意識障害とは?

2.意識障害のトリアージのポイント:STEP 1(第一印象~仮説形成まで)

3.意識障害のトリアージのポイント:STEP 2・3(自覚症状と他覚所見の評価~緊急度判定まで)

4.ピットフォール

3 めまい

1.めまいとは?

2.めまいのトリアージのポイント:STEP 1(第一印象~仮説形成まで)

3.めまいのトリアージのポイント:STEP 2・3(自覚症状と他覚所見の評価~緊急度判定まで)

4.ピットフォール

4 麻 痺

1.麻痺とは?

2.麻痺のトリアージのポイント:STEP 1(第一印象~仮説形成まで)

3.麻痺のトリアージのポイント:STEP 2・3(自覚症状と他覚所見の評価~緊急度判定まで)

4.ピットフォール

5 痙 攣

1.痙攣とは?

2.痙攣のトリアージのポイント:STEP 1(第一印象~仮説形成まで)

3.痙攣のトリアージのポイント:STEP 2・3(自覚症状と他覚所見の評価~緊急度判定まで)

4.ピットフォール

6 失 神

1.失神とは?

2.失神のトリアージのポイント:STEP 1(第一印象~仮説形成まで)

3.失神のトリアージのポイント:STEP 2・3(自覚症状と他覚所見の評価~緊急度判定まで)

4.ピットフォール

7 胸 痛

1.胸痛とは?

2.胸痛のトリアージのポイント:STEP 1(第一印象~仮説形成まで)

3.胸痛のトリアージのポイント:STEP 2・3(自覚症状と他覚所見の評価~緊急度判定まで)

4.ピットフォール

8 呼吸困難

1.呼吸困難とは?

2.呼吸困難のトリアージのポイント:STEP 1(第一印象~仮説形成まで)

3.呼吸困難のトリアージのポイント:STEP 2・3(自覚症状と他覚所見の評価~緊急度判定まで)

4.ピットフォール

9 動 悸

1.動悸とは?

2.動悸のトリアージのポイント:STEP 1(第一印象~仮説形成まで)

3.動悸のトリアージのポイント:STEP 2・3(自覚症状と他覚所見の評価~緊急度判定まで)

4.ピットフォール

10 腰背部痛

1.腰背部痛とは?

2.腰背部痛のトリアージのポイント:STEP 1(第一印象~仮説形成まで)

3.腰背部痛のトリアージのポイント:STEP 2・3(自覚症状と他覚所見の評価~緊急度判定まで)

4.ピットフォール

11 腹 痛

1.腹痛とは?

2.腹痛のトリアージのポイント:STEP 1(第一印象~仮説形成まで)

3.腹痛のトリアージのポイント:STEP 2・3(自覚症状と他覚所見の評価~緊急度判定まで)

4.ピットフォール

12 嘔気・嘔吐,下痢

1.嘔気・嘔吐,下痢とは?

2.嘔気・嘔吐,下痢のトリアージのポイント:STEP 1(第一印象~仮説形成まで)

3.嘔気・嘔吐,下痢のトリアージのポイント:STEP 2・3(自覚症状と他覚所見の評価~緊急度判定まで)

4.ピットフォール

13 吐血・下血

1.吐血・下血とは?

2.吐血・下血のトリアージのポイント:STEP 1(第一印象~仮説形成まで)

3.吐血・下血のトリアージのポイント:STEP 2・3(自覚症状と他覚所見の評価~緊急度判定まで)

4.ピットフォール

14 体温異常(発熱,低体温)

1.体温異常とは?

2.体温異常のトリアージのポイント:STEP 1(第一印象~仮説形成まで)

3.体温異常のトリアージのポイント:STEP 2・3(自覚症状と他覚所見の評価~緊急度判定まで)

4.ピットフォール

15 外 傷

1.外傷とは?

2.外傷のトリアージのポイント:STEP 1(第一印象~仮説形成まで)

3.外傷のトリアージのポイント:STEP 2・3(自覚症状と他覚所見の評価~緊急度判定まで)

4.ピットフォール

16 中 毒

1.中毒とは?

2.中毒のトリアージのポイント:STEP 1(第一印象~仮説形成まで)

3.中毒のトリアージのポイント:STEP 2・3(自覚症状と他覚所見の評価~緊急度判定まで)

4.ピットフォール

17 熱 傷

1.熱傷とは?

2.熱傷のトリアージのポイント:STEP 1(第一印象~仮説形成まで)

3.熱傷のトリアージのポイント:STEP 2・3(自覚症状と他覚所見の評価~緊急度判定まで)

4.ピットフォール

18 熱中症

1.熱中症とは?

2.熱中症のトリアージのポイント:STEP 1(第一印象~仮説形成まで)

3.熱中症のトリアージのポイント:STEP 2・3(自覚症状と他覚所見の評価~緊急度判定まで)

4.ピットフォール

19 耳 痛

1.耳痛とは?

2.耳痛のトリアージのポイント:STEP 1(第一印象~仮説形成まで)

3.耳痛のトリアージのポイント:STEP 2・3(自覚症状と他覚所見の評価~緊急度判定まで)

4.ピットフォール

20 眼 痛

1.眼痛とは?

2.眼痛のトリアージのポイント:STEP 1(第一印象~仮説形成まで)

3.眼痛のトリアージのポイント:STEP 2・3(自覚症状と他覚所見の評価~緊急度判定まで)

4.ピットフォール

21 発 疹

1.発疹とは?

2.発疹のトリアージのポイント:STEP 1(第一印象~仮説形成まで)

3.発疹のトリアージのポイント:STEP 2・3(自覚症状と他覚所見の評価~緊急度判定まで)

4.ピットフォール

Ⅴ 対象別のトリアージ

1 小 児

1 発 熱

1.小児の発熱とは?

2.発熱のトリアージのポイント:STEP 1(第一印象~仮説形成まで)

3.発熱のトリアージのポイント:STEP 2・3(自覚症状と他覚所見の評価~緊急度判定まで)

4.ピットフォール

2 呼吸困難

1.小児の呼吸困難とは?

2.呼吸困難のトリアージのポイント:STEP 1(第一印象~仮説形成まで)

3.呼吸困難のトリアージのポイント:STEP 2・3(自覚症状と他覚所見の評価~緊急度判定まで)

4.ピットフォール

3 嘔吐,下痢

1.小児の嘔吐,下痢とは?

2.嘔吐,下痢のトリアージのポイント:STEP 1(第一印象~仮説形成まで)

3.嘔吐,下痢のトリアージのポイント:STEP 2・3(自覚症状と他覚所見の評価~緊急度判定まで)

4.ピットフォール

4 意識障害

1.小児の意識障害とは?

2.意識障害のトリアージのポイント:STEP 1(第一印象~仮説形成まで)

3.意識障害のトリアージのポイント:STEP 2・3(自覚症状と他覚所見の評価~緊急度判定まで)

4.ピットフォール

5 外 傷

1.小児の外傷とは?

2.外傷のトリアージのポイント:STEP 1(第一印象~仮説形成まで)

3.外傷のトリアージのポイント:STEP 2・3(自覚症状と他覚所見の評価~緊急度判定まで)

4.ピットフォール

2 高齢者

1.高齢者の多病と多様性を理解する

2.加齢に伴う身体機能の変化を理解する

3.慢性疾患や薬物による影響をアセスメントする

4.高齢者のトリアージは身体所見をよくみて,総合的に判断する

3 妊産婦

1.妊産婦の身体的特徴と産科領域で遭遇する救急疾患を理解する

2.妊産婦に特徴的な問診内容を理解する

3.産科救急の病態(疾患)の可能性をアセスメントする

4.妊産婦のピットフォール

● 索 引

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:8.0MB以上(インストール時:22.4MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:8.0MB以上(インストール時:22.4MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません