• M2PLUS
  • 新商品
  • 心エコー 2017年1月号(18巻1号)新しくなったASE拡張能ガイドライン

心エコー 2017年1月号(18巻1号)新しくなったASE拡張能ガイドライン

  • ISBN : 9784011101801
  • ページ数 : 116頁
  • 書籍発行日 : 2017年1月
  • 電子版発売日 : 2020年10月14日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥2,970 (税込)
ポイント : 54 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

特集は「新しくなったASE拡張能ガイドライン」.ASE左室拡張能ガイドライン改訂のポイント/左室充満圧とは/左室拡張能のグレード分類/さまざまな左室拡張能指標の臨床的意義と限界/心エコーを用いた左室充満圧の推定/肥大型心筋症と拘束型心筋症における左室充満圧の推定/僧帽弁逆流における左室充満圧の推定/心房細動における左室充満圧の推定/左室充満圧推定の難しい僧帽弁輪石灰化と大動脈弁逆流 などを取り上げる.

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 目次

【特集】

総評:新しくなったASE左室拡張能ガイドライン改訂のポイントとは/山本一博

ここで確認,左室充満圧とは/岩野弘幸

もう一度復習,左室拡張能のグレード分類/黒沢幸嗣

さまざまな左室拡張能指標の臨床的意義と限界─どの指標をルチンで使うべきか

/佐藤希美・瀬尾由広

心エコーを用いた左室充満圧の推定─左室駆出率が正常な時と低下した時/楠瀬賢也

肥大型心筋症と拘束型心筋症における左室充満圧の推定/中尾倫子

僧帽弁逆流における左室充満圧の推定/兵頭永一

心房細動における左室充満圧の推定/田村晴俊・渡邉 哲

左室充満圧推定の難しい僧帽弁輪石灰化と大動脈弁逆流/佐々木俊輔・湯田 聡

負荷法を用いた拡張能評価/黄 世捷・鈴木健吾

当院での左室拡張能評価の実際/川﨑俊博

[今年はこうして心エコー技術を学ぶ]

はじめに/大門雅夫

こういうエコー技術を学んでほしい/田邊一明

私はエコー技術をこう学んでいる/藤田雅史

この講習会のここを見てほしい─北海道心血管エコー研究会/山田 聡

心エコーを学ぶための講習会・研究会案内2017

【連載】

<症例問題> WEB連動企画

難治性心不全を呈した若年男性/川田貴之

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

この商品を買った人はこんな商品も買っています

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:24.1MB以上(インストール時:51.4MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:24.1MB以上(インストール時:51.4MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません